やました

デザイン組織のない古い日本企業にデザイナーとして中途採用されたアラサーです。UI/UXやブランディングデザインをしています。 ポートフォリオ・ご連絡:https://www.saito-t-design.com/

やました

デザイン組織のない古い日本企業にデザイナーとして中途採用されたアラサーです。UI/UXやブランディングデザインをしています。 ポートフォリオ・ご連絡:https://www.saito-t-design.com/

最近の記事

固定された記事

イジメられっ子SEがデザイナーという天職にたどり着いたはなし

普段noteでは読んだ本のメモを書いているのですが、新年度ということで少し自分の就活〜社会人生活までを振り返ってみようと思い立ちnoteを書き始めました。ふと思い立ち書き始めたら1万字超えの長文になってしまいました・・・ 誰のなんの為になる記事となるのかは全くわかりませんが、自分のひとつの記録とそこから得た教訓をつらつら書き留めておこうと思います。 インターンシップでデザイナーという職業に絶望もともと大学、大学院でプロダクトデザインを研究していた私は、大学院1年の夏に大手

スキ
30
    • デザイナーとしてWeb3.0と向き合うには【海外記事メモ】

      今日はこの記事を取り上げたいと思います。なお、画像などもこちらから引用させていただきます。 Web3.0という言葉がバズワードになって久しいですが、未だになんだか実態がつかめなかったりします。全然自分も把握しきれていません。 それくらい今までになかった概念であり可能性も未知数で、それらを端的に説明できるような土壌が整っていないのが現状のように感じます。 とは言え世界は明らかにWeb3.0の方向に向かっていくことでしょう。現状の世界観(Web2.0や1.0)が一気に3.0

      スキ
      1
      • グッとくる広告デザインを言語化してみた

        こちらも以前の記事同様で現在参加しているゼミの課題なのですが、気になる広告についてそこにある意図や考え方を言語化する宿題が出されていたのでnoteにまとめてみようと思いました。 私自身デザイナーではあるものの広告などのグラフィックデザインは専門外なため(という言い訳ですが、)あまり普段から街なかの広告を注目して見ていなく、今回は自分が好きな大塚製薬の広告をザッピングしてみてフィーリングで目に止まったものをつらつら分析してみようと思います。※なお、引用しているグラフィックの出

        スキ
        14
        • ノーコードで成功したサービス事例【海外記事メモ】

          こちらの海外記事をもとにまとめてみたいと思います。 ノーコードとは、その名の通りプログラミングなどを使わず、グラフィカルなインターフェイスをもとにWebやサービスを開発できるプラットフォームで現在様々なサービスが運用されています。 この記事では実際にノーコード(ローコード)で開発されたサービスの事例を紹介していきたいと思います。 優れたノーコードサービスとは?前回の記事でも説明しましたが、引用元の記事では優れたサービスとして以下のような定義を行っています。 ・ユーザー

          スキ
          1
          • デザイナーとしてWeb3.0と向き合うには【海外記事メモ】

            スキ
            1
            • グッとくる広告デザインを言語化してみた

              スキ
              14
              • ノーコードで成功したサービス事例【海外記事メモ】

                スキ
                1

              マガジン

              マガジンをすべて見る
              • デザイナーの海外記事勉強note

                • 30本

                主に海外のデザイン記事を読んでまとめています。海外のデザイン情報をサクッと仕入れたいときにぜひ。ほぼ日といいつつ2~3日に1度くらいと思ってもらえると助かりヤス、。

              • エッセイ的なSomething

                • 31本

                自分の考えを色々書き連ねています

              • デザイナーの読書メモ

                • 24本

                自分が読んだ本を忘れぬように文章にまとめています。ノンジャンルに色々読もうと思いますが、デザインやブランディング、経営などの本が多いかも知れません。

              • デザイナーの海外記事勉強note

                • 30本

                主に海外のデザイン記事を読んでまとめています。海外のデザイン情報をサクッと仕入れたいときにぜひ。ほぼ日といいつつ2~3日に1度くらいと思ってもらえると助かりヤス、。

              • エッセイ的なSomething

                • 31本

                自分の考えを色々書き連ねています

              • デザイナーの読書メモ

                • 24本

                自分が読んだ本を忘れぬように文章にまとめています。ノンジャンルに色々読もうと思いますが、デザインやブランディング、経営などの本が多いかも知れません。

              記事

              記事をすべて見る
                • プログラミングなしで作ったサービスって実際どうなの?【海外記事メモ】

                  今日はこの海外記事を取り上げたいと思います。掲載しているがぞうもこちらのウェブから引用しています。 ノーコードやローコード(プログラミングが不要、もしくは最小限)でWebやアプリを作れるサービスは数年前からかなり注目されていました。難しいコーディングのスキルなしにWebやアプリが作れたらすごいですよね。 実際自分もHTMLやCSSなど全くわからないのですが、Wixというサービスを使って自分のポートフォリオサイトを作ることができました。 実際に世の中で運用されているサービ

                  • "あらゆる業界に通ずるSF的妄想" 成田悠輔 「22世紀の民主主義」

                    読書メモ#24です。今日はここ1年弱ほどネットを中心としたメディアに引っ張りだこな成田悠輔さんの「22世紀の民主主義」について書こうと思います。 この本、政治について書かれた本ですが時代の10歩くらい先を行ったかなり先進的なアイディアを述べています。 そこに成田悠輔さんの非常に情緒的でユーモアあふれる文章の書きっぷりもあり、まるでSF小説を読んでいるかのような楽しさも同時に楽しめる一冊です。 日経テレ東大学の高橋弘樹さんが「成田さんは詩人だ」とメディアで評していたのも納得

                    スキ
                    1
                    • Crypto版ウマ娘?稼げるゲーム「MetaDerby Mobile」【海外記事】

                      今日はこの記事を読んでメモしていきます。画像などもこちらのサイトから引用させていただいています。 少しこれまでやってからはデザイン系の話からは逸れるのですが、今後は広く色んな海外記事を扱いたいと思います。自分の勉強のため、定期的に暗号資産やWeb3関連の記事も読んでいきたいと思っており、とはいえまだ自分も全然知識がないため今日はちょっととっつきやすそうだったこちらの記事にしました。 あまり自分の知識のなさを隠さずに思ったことを書いていこうと思いますので、よければ一緒に勉強

                      • "本屋"の差異化を考える

                        今回は前回の記事に関連して、少し本屋の差異化、今後の本屋はどう生き残っていけば良いのかを考えていきたいと思います。 ※一応前回の記事の続きではありますが、話題は違うため読まなくても全然大丈夫です なお、こちらも愛知県岡崎市で地域の中小企業専門のコンサルをされている超売れっ子コンサルタントの秋元祥治さんが開催されているゼミでの学習の一環になります。秋元さんの講義は内容もさることながら秋元さん自身の鍛え抜かれた話術も相まってめちゃくちゃおもしろいので情報キャッチして機会あれば

                        スキ
                        2
                        • 30代男が女性誌コーナーに通った話

                          皆さんはどんな雑誌を読まれているでしょうか。 「雑誌なんてそもそも読まない」という人がそもそも多そうですが、本屋に行くと未だに雑誌コーナーは店頭の一番目立つところに鎮座し、今なお本屋の営業を引っ張っている稼ぎ頭であることが伺えます。 そんな雑誌コーナーに行くと様々な雑誌が存在しています。趣味系からビジネス、ファッションなど多種多様な雑誌がありますが、目を引くのが「女性雑誌」のバラエティの豊かさです。 と、言っても特に男性は「言われれば何となく分かるけど特段気にしたことは

                          スキ
                          4
                          • 絶望の30代からのお友達づくり

                            お友達はいますか? セコムはいってますか? 友達の定義は様々ですが個人的には、「仕事外で自分から連絡して遊びに行きたいと思える人」くらいかなぁと思ったりします。 で、ここではさすがに「友達なんていない」と答える人はごく少数かと思うのですが、では30代になってから新たにできた友達はどれくらいいらっしゃるでしょうか? 30代でなくても、だいたい社会人3年目以降くらいからで、それまでまったく交流のなかった人で新しく友達と呼べる関係性になった人って何人くらいいますか? このn

                            スキ
                            21
                            • UXへ理解のない会社でどう働くか【海外記事メモ】

                              本日はこの記事を紹介したいと思います。 ・私たちはユーザーの要望をすでに知っている ・UXデザインは収益を生まない ・UXデザインはどのように我々に貢献してくれるのか? こんな言葉が社内で聞かれることはありませんでしょうか? おそらく比較的組織の大きな事業会社に所属しているインハウスデザイナーの方にとっては何となく思い当たる部分があるかと思います。 今日はそんな組織の中でデザイナーがどう働くべきかについてこの記事から学んでいきたいと思います。 UXはビジネスにとって

                              スキ
                              2
                              • 最新テクノロジートレンド5選【海外記事】

                                今日はこの記事を読んでまとめてみます。 数年前に仮想通貨やらブロックチェーンやら耳慣れないテクノロジーがポコポコ出てきたと思ったら、ここ1年でメタバースやらNFTやら聞き慣れない言葉が出てきたかと思ったら一気に浸透していきました。背景にはうっすらとCOVID-19の影響もあるのかもしれません。 時代の荒波に乗るどころかついていくのにも必死な今日このごろですが、とりあえずこういうまとめ記事を読んで手軽にそんな焦燥感を紛らわしたいという気持ちでこの記事を読んでみます。 同じ

                                スキ
                                1
                                • "無敵の人には保護犬を" ひろゆき 「がんばらない勇気」

                                  読書メモ#23です。今回は未だにブームの衰えを感じないひろゆき氏の「がんばらない勇気」を読んで自分が考えたことを書こうと思います。 結構彼の配信やら出演しているAbemaなどをダラダラBGM代わりに流しているためかなり彼の考えをインストールしている自負のある自分ですが(キモい)、この本はその普段の発言の補足説明的な感じで楽しくサクサク読めました。 4日ほど前にこの本をBOOKOFFで買って読んでいたのですが、その翌日に安倍元総理の一件がありました。 その後メディアでも彼

                                  スキ
                                  2
                                  • デザイナーの「最後に何か質問はありますか?」対策【海外記事メモ】

                                    英語勉強を兼ねて海外のデザイン系記事を読んでまとめています。今日はこの記事についてnoteにします。 面接の最後の「何か質問ありますか?」という逆質問についての議論は面接対策においてはかなり定番のトピックです。 それだけ面接を受ける側にとっては頭を悩ませる問題かと思います。 面接の場では面接官が質問をしてくれるため基本的には受け身の姿勢でのコミュニケーションとなりますが、一方で逆質問の場合はこちらが話題を作る側になります。 会話をリードするなんて日本に300億人いると言

                                    スキ
                                    3
                                    • もうひとまず猫と本を読んで寝る

                                      そんな僕は猫を飼ったことがない。 皆様ご存知のとおりですが、2022年7月8日、安倍晋三元首相が銃撃され死亡するという大変な事件が起きました。まずは本当に本当に心よりご冥福をお祈りいたします。 ですがタイトルにもありますが、今回はこの事件に対しての私見は一切語らず、「とりあえず本を読んで寝よう」という呼びかけであり宣言を書き連ねたいと思います。 = 心弱めな自分は昼にニュースを聞いてからというもの、在宅勤務なのをいいことにずっと横でYouTubeでニュースLIVEをつ

                                      スキ
                                      2
                                      • 歳をとってもデザイナーとして活躍したい【海外記事】

                                        数日ごとに海外のデザイン記事を読んで自分なりにnoteにまとめています。今日はこの記事を読んでみました。 自分は歳を取るごとに焦りを感じてしまう乙女心を持ち合わせた33歳男性なのですが、みなさんはどうでしょうか。 今できていることが来年にはできなくなるかもしれない、発想力が衰えるかもしれない、感性が時代に合わなくなってくるかもしれない、自分が苦手なことをやらなければならない立場になるかもしれない、、など 考えれば無限に不安が出てくるわけですが、お構いなしに人はどうしても

                                        スキ
                                        6