やました

デザイン組織のない古い日本企業にデザイナーとして中途採用されたアラサーです。毎月第二火…

やました

デザイン組織のない古い日本企業にデザイナーとして中途採用されたアラサーです。毎月第二火曜日に大阪京橋のQUINTBRIDGEにて無料のデザイン勉強会「モグモグデザイン」開催しています。各記事は内容に合わせてマガジンにまとめています。

マガジン

  • デザイナーの海外記事キュレーションnote

    その時々の自分の興味や気分に合わせて、主に海外のデザインやWeb3などのテック系記事を英語学習も兼ねながら読んでまとめています。週に数本、一緒に勉強しましょう。

  • 自由に色々書いたもの

    自分の考えっぽいことからなんの役にも立たない駄文など色々書き連ねています

  • デザイン勉強会:モグモグデザイン

    毎月大阪京橋のQUINTBRIDGEで主催している、デザイナーではない方へ向けた、無料のデザイン勉強会の内容をまとめたものです。最新の開催情報についてはX(https://twitter.com/yamashita_3)をご参照ください。

  • コミュ障のマッチングアプリ探訪

    1ヶ月マッチングアプリをやりこんだアラサーの記録です。

  • デザイナーの読書メモ

    自分が読んだ本を忘れぬように文章にまとめています。ノンジャンルに色々読もうと思いますが、デザインやブランディング、経営などの本が多いかも知れません。

最近の記事

  • 固定された記事

自由なデザイナー:のらデザイナーというスタンス

会社員としてUI/UXやグラフィックなどのインハウスデザイナーをする傍ら、個人でも主に事業立ち上げ期の方からお話をいただいてデザインっぽいことをしている者です。 少し自分のデザイナーとしての名刺代わりになるような記事を書き残しておこうと思い書き始めました。 というのも以前「自己紹介用に、」と思って書き始めたnoteがあったのですが、書いているうちにどんどんアツくなってしまって結局1万字超えのクソなが巻物になってしまった上、そんな長文を読んでも「こいつは結局何者なんだ?」と

    • 【海外記事】UIデザインのタイポグラフィーについて学ぼう

      本日はこちらの記事を読んでみます。なお、画像も以下から引用しています。 本日もよろしくお願いいたします。 UIデザインのタイポグラフィーガイドWebでもアプリでもUIをデザインするとき、デザイナーはすべてのディティールへ注意を配ることを心がけています。彼らはボタンや入力フィールド、タブ、ナビゲーションバーなどのコンポーネントを魅力的にデザインするよう努力します。 これらを達成させるためには考え抜かれた色やタイポグラフィ、余白やグラフィックの選択が必要です。考えることが多

      • 【海外記事】生産性崇拝と創造性の衰退2

        本日もこちらの記事を読んでいきます。なお、画像も以下から引用しています。 前編はこちらになります。 ちょっと英語表現が難しく、翻訳が難航しましたが食らいついて書きました。。 本日もよろしくお願いいたします。 ツールは私達を賢くするわけではない正直に言えば、生産性が創造性を凌駕してしまうという感覚というか不安をある2人のホストによるポッドキャストによる議論がきっかけで感じるようになりました。ここでの議論は私を魅了しました。 はじめに、私は熱心なメモ愛好家が世の中にいる

        • 【海外記事】生産性崇拝と創造性の衰退1

          今日はこちらの記事を読んでみます。 以前も取り上げたRei Inamotoさんの記事です。 やはり今回も骨太で読解難度高めの文章ですが、しがみついて読んでいきます。長い記事なので何回かに分けて投稿します。 本日もよろしくお願いいたします。 生産性 vs 創造性私は最近妻に対してこう問いました。彼女はキャリアのほとんどを人材派遣業に費やしており、デザイナーである私のように創造性や創造的な努力について考えてはいません。パンデミックの始まりのころ、彼女は楽な会社の仕事を辞めて

        • 固定された記事

        自由なデザイナー:のらデザイナーというスタンス

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • デザイナーの海外記事キュレーションnote
          やました
        • 自由に色々書いたもの
          やました
        • デザイン勉強会:モグモグデザイン
          やました
        • コミュ障のマッチングアプリ探訪
          やました
        • デザイナーの読書メモ
          やました
        • NFT関連まとめ
          やました

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【海外記事】記憶に残るロゴの作り方2

          本日もこちらの記事を読んでいきます。なお、画像も以下から引用します。 前半の記事はこちらからご覧ください。 なお、今回もやはり2024年だから、という内容ではなかったのでタイトルから2024年という言葉は意図的に削除しました。ロゴデザインの普遍的で重要なデザインへの取り組み方をおさらいできる記事です。 本日もよろしくお願いいたします。 見やすくする記憶に残るデザインにはシンプルさとわかりやすさが必要です。形をシンプルにするだけ、見る人の脳内で簡単に早くそのロゴを読み取

          【海外記事】記憶に残るロゴの作り方2

          【海外記事】記憶に残るロゴの作り方

          今回は以下の記事を読んでみます。なお、画像も以下から引用しています。 ちょっと長い記事なので何回かにわけて記事化していきます。 ちなみに原文タイトルに「2024年に」とあったのですが、今日読んだ内容の時点では年代に関係ない普遍的なものでした。※なのでタイトルにも2024年版、という言葉は入れませんでした 本日もよろしくお願いいたします。 自分を欺くのはやめましょう記憶に残るロゴを生み出すのはデザイナーではなりません。マーケティングです。いかに企業のエンブレムを目にする

          【海外記事】記憶に残るロゴの作り方

          【海外記事】AIを駆使して人間らしい記事を書くには

          本日はこちらの記事を読んでいきます。 直接デザインと関わるかは微妙ですが、自分も自分が話した内容の文字起こしをAIに読み込ませて、それをもとにnoteを書いていたりするので興味があって読んでみようと思いました。 なお、読んでみて思ったのですが原文は英語なので微妙に日本語のニュアンスと食い違う部分もある上に、記事の英文自体もちょっと文構造や単語が読みづらく、かなり自分の解釈を加えて意訳をしていますので予めご了承ください、。 翻訳が自信なさげなのもあり、記事の内容(私の日本語

          【海外記事】AIを駆使して人間らしい記事を書くには

          【海外記事】採用側はあなたのポートフォリオの何を見ているのか2

          本日もこちらの記事を読んでいきます。 前回は採用側の立場や自分の意向に合わせてポートフォリオをカスタマイズさせましょう、という話でした。今回はその続きを読んでいきます。 本日もよろしくお願いいたします。 各プロジェクトで何を目立たせるのかあなたのポートフォリオの中で、プロジェクトのどんな側面を強調するのかはよく考える必要があります。もしあなたがデザインプロセスやブレスト、ペーパープロトタイピング、ワイヤーフレーム、インフォメーションアーキテクチャ、UIデザイン、ビジュア

          【海外記事】採用側はあなたのポートフォリオの何を見ているのか2

          知識0から、ちょっとUIデザインに詳しくなるnote

          月イチで大阪京橋のQUINTBRIDGEという施設で無料のデザイン勉強会「モグモグデザイン」という取り組みをしているのですが、その勉強会で話した内容をChatGPTを駆使してnoteにも展開しています。全8回の第6回目です。 前回は、「UIデザインってそもそも何なの?」という概論的な説明と、UIデザイン未導入の組織の中でみんなでデザインを始めてみるための施策(プロトタイピングとユーザビリティ評価)を話しました。 ※最新の勉強会の開催情報についてはXをご参照ください 今回

          知識0から、ちょっとUIデザインに詳しくなるnote

          【海外記事】採用側はあなたのポートフォリオの何を見ているのか1

          今日はこの記事を読んでみます。 長い記事なので何回かに分けて記事化させていきます。 本日もよろしくお願いいたします。 デザイン採用担当者はあなたのUI/UXポートフォリオのどこを見ている?他人のポートフォリオを見ていると、芸術的な形式への尊敬を持つようになります。これはあなたの視野の外側へ歩みをすすめ、他人をあなたのストーリーの中へ引き込むための挑戦です。 あなたは過去のプロジェクトを振り返り、それらに内在するものや意味を活き活きと魅力的な方法で他人へ示す必要があります

          【海外記事】採用側はあなたのポートフォリオの何を見ているのか1

          【海外記事】全UIデザイナーが知るべきカラーテクニック

          本日はこちらの記事を読んでみたいと思います。なお、画像も以下から引用しています。 本日もよろしくお願いいたします。 色を加えることは簡単ですが、プロダクトに対してブランドカラーを適用させる際、それがどれほど難しいことであるかがわかるでしょう。 1.概要木であろうが花、蝶、あなたのペットであろうと、あらゆるものはそれ固有の色を持っています。同様にあなたの製品や会社や組織も自身の主義主張を示す色を持っており、それらはブランドカラーとして認知されています。 色はデザイン業界

          【海外記事】全UIデザイナーが知るべきカラーテクニック

          【海外記事】UIデザインの色彩がユーザーに及ぼす影響や傾向を調べてみた2

          本日もこちらの記事を読みます。なお、画像も以下から引用します。 前半の記事はこちらになりますのでお時間ある方は読んでみてください。 本日もよろしくお願いいたします。 色の調和のための60-30-10ルール60-30-10ルールはシンプルで、色を簡単にまとめるための時代を超えて知られているルールです。デザインの対象とするスペースに対して色の適切なバランスやハーモニーを生み出す比率を含んでいます。 しばしば6:3:1の黄金比という名前で呼ばれたりもしています。カラースキーム

          【海外記事】UIデザインの色彩がユーザーに及ぼす影響や傾向を調べてみた2

          【海外記事】UIデザインの色彩がユーザーに及ぼす影響や傾向を調べてみた

          本日はこちらを読んでみたいと思います。また画像に関しても以下から引用しています。 長いので2回程度にわけて記事化する予定です。 本日もよろしくお願いいたします。 UIデザインにおける色彩心理学~ユーザーへのインパクトとコンバージョン率色は人々がデザインをどう受け取るかという観点に対して非常に重要な役割がありますが、多くのデザイナーは自身のプロジェクト内で良いカラーパレットを作ることの重要性を軽視する傾向があります。 結果として、製品に対する悪印象をもたれるカラーパレット

          【海外記事】UIデザインの色彩がユーザーに及ぼす影響や傾向を調べてみた

          【海外記事】昔と今のUIレイアウトを比較してみよう

          本日はこの記事を読んでみます。なお、画像も以下から引用いたします。 新年最初の海外記事メモなので、自身のリハビリもかねてちょっと軽めな記事にしてみました。 読んでみると結構興味深い内容でもあったので、気楽に楽しく読めたらと思います。 本日もよろしくお願いいたします。 レイアウトの進化がUIデザインにおいて重要である理由私は任意の昔のOSのUIを現代的なコンポーネントを用いて作り直す実験をしました。ここにNeXTSTEP OSのファイルビューアがあります。(次の章の図の左

          【海外記事】昔と今のUIレイアウトを比較してみよう

          "お賽銭"をアプリ化したら色んな面白いことができるんじゃない?という妄想

          皆さんは初詣行かれましたでしょうか。年始から日本を震撼させる悲しい災害に見舞われましたが、自分が元旦の早朝(地震発生前)に参拝した印象では初詣の賑わいもようやくコロナ前の活気に戻りつつあるように感じました。 さて、今回は表題にある通りちょっと最近自分が考えていた妄想を文章にしたためてみようと思いました。 一昨年にこんな記事を書いていたのですが、個人的にも神社仏閣の行く末はずっと関心事項の一つで、何かできないかなぁと稚拙ながらぼんやりと考えていたりしました。 ただこれがきっ

          "お賽銭"をアプリ化したら色んな面白いことができるんじゃない?という妄想

          音楽を作りました

          あけましておめでとうござます。本年もよろしくお願いいたします。 大阪の京橋のNTT西日本の敷地内にあるQUINTBRIDGE(NTT西日本)という施設の2Fで開催しているアート展示イベントに音楽作品を展示いただいてます。 と言っても一見するとただの絵画作品で、中央にあるQRコードをスマホで読み取るとSoundCloudに繋がってはじめて音楽が聞ける仕組みになっているのですが、作品にそういった説明を特に載せていないので恐らく作品を目にした99%の人がスルーしているんじゃない

          音楽を作りました