株式会社ヤマチク

熊本県南関町に本社工場を構える箸メーカー「ヤマチク」 半世紀以上、熊本県で「竹の箸」…

株式会社ヤマチク

熊本県南関町に本社工場を構える箸メーカー「ヤマチク」 半世紀以上、熊本県で「竹の箸」だけを作り続けています。実は現在の日本では、純国産の竹の箸を作ることができる会社はヤマチクだけ。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けています。

マガジン

  • 「竹の、箸だけ」の作り手

    竹の、箸だけ。を作り続ける、ヤマチク社員のメッセージを発信します。

  • 拝啓をつくるもの

    2023年11月11日、熊本県南関町にオープンするお箸メーカー初のファクトリーショップ『拝啓』について、紹介します。

  • ものづくり対談

    ものづくりについて語る。ヤマチク三代目山崎とゲストの対談を発信していきます。

ストア

  • 商品の画像

    sweet urushi

    【2022新作!sweet urushi】-2021社内デザインコンペ入選商品-sweet=かわいい urushi=うるしかわいい漆塗りのお箸、できました。漆ならではのしっとりと手に馴染む持ち心地と軽さ、耐久性。もっと若い世代にも知ってほしい。日常的にうるしのお箸を取り入れてほしい。そんな願いを込めて作った、優しい、でも甘すぎないパステルカラーのうるしのお箸。毎日の食卓に華やかな彩りを添える一品です。色はレモンイエロー、ミントブルー、ピーチピンク、ピスタチオグリーン、セサミグレー。なんとも美味しそう・・・。すっきりとした細身のフォルム。箸先はさらに細く研いであり、食事を残さず綺麗に食べられます。細い      太い1 2 3 4 5☆ ☆日常使い    贈り物1 2 3 4 5☆ ☆ ☆ 長さ:23.5cm使用不可:食器洗浄機・乾燥機・電子レンジなど表面塗装: 漆(持ち手)/ アクリル(箸先) 材質:純国産天然竹MADE IN JAPAN
    ¥1,320
    竹の、箸だけ。ヤマチク(熊本県南関町)
  • 商品の画像

    スス竹角箸4膳組/無塗装

    より自然な素材感を楽しみたいあなたへ無塗装の竹のお箸のセットが新登場!「竹」本来の滑らかな手触りやほのかな香りを感じていただけます。安心して毎日お使いいただくことのできるお箸です。先端までしっかり四角く細くけずり出した形状のお箸は滑りやすい食べ物もしっかり掴めます。パッケージもプラスチックを使わない紙製。プチギフトにも使える可愛いデザインです。長さ:23cm無塗装※食器洗浄機/乾燥機のご使用はお避けください。※無塗装のお箸はつけ置きせずに手洗いの後、風通しの良い場所で十分に乾燥させてください。※直射日光を避け、湿気の少ない場所で保管ください。天候により品質が左右されやすい商品です。返品交換につきましては商品到着後3日以内にご連絡ください。細い      太い1 2 3 4 5☆ ☆ 日常使い    贈り物1 2 3 4 5☆ ☆ 長さ:23cm表面塗装:無塗装材質:純国産天然竹MADE IN JAPAN
    ¥1,100
    竹の、箸だけ。ヤマチク(熊本県南関町)
  • 商品の画像

    sweet urushi

    【2022新作!sweet urushi】-2021社内デザインコンペ入選商品-sweet=かわいい urushi=うるしかわいい漆塗りのお箸、できました。漆ならではのしっとりと手に馴染む持ち心地と軽さ、耐久性。もっと若い世代にも知ってほしい。日常的にうるしのお箸を取り入れてほしい。そんな願いを込めて作った、優しい、でも甘すぎないパステルカラーのうるしのお箸。毎日の食卓に華やかな彩りを添える一品です。色はレモンイエロー、ミントブルー、ピーチピンク、ピスタチオグリーン、セサミグレー。なんとも美味しそう・・・。すっきりとした細身のフォルム。箸先はさらに細く研いであり、食事を残さず綺麗に食べられます。細い      太い1 2 3 4 5☆ ☆日常使い    贈り物1 2 3 4 5☆ ☆ ☆ 長さ:23.5cm使用不可:食器洗浄機・乾燥機・電子レンジなど表面塗装: 漆(持ち手)/ アクリル(箸先) 材質:純国産天然竹MADE IN JAPAN
    ¥1,320
    竹の、箸だけ。ヤマチク(熊本県南関町)
  • 商品の画像

    スス竹角箸4膳組/無塗装

    より自然な素材感を楽しみたいあなたへ無塗装の竹のお箸のセットが新登場!「竹」本来の滑らかな手触りやほのかな香りを感じていただけます。安心して毎日お使いいただくことのできるお箸です。先端までしっかり四角く細くけずり出した形状のお箸は滑りやすい食べ物もしっかり掴めます。パッケージもプラスチックを使わない紙製。プチギフトにも使える可愛いデザインです。長さ:23cm無塗装※食器洗浄機/乾燥機のご使用はお避けください。※無塗装のお箸はつけ置きせずに手洗いの後、風通しの良い場所で十分に乾燥させてください。※直射日光を避け、湿気の少ない場所で保管ください。天候により品質が左右されやすい商品です。返品交換につきましては商品到着後3日以内にご連絡ください。細い      太い1 2 3 4 5☆ ☆ 日常使い    贈り物1 2 3 4 5☆ ☆ 長さ:23cm表面塗装:無塗装材質:純国産天然竹MADE IN JAPAN
    ¥1,100
    竹の、箸だけ。ヤマチク(熊本県南関町)
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

竹を切る人がいなければ、竹のお箸は作れない。本当の意味での“持続可能なものづくり”を目指すKPIを設定します

こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 今日は、お箸の原材料である「竹」についてお話します。 空高くまっすぐ伸び、太く、しなやか。ヤマチクが原材料とする「竹」は、切子さん(竹を切り出す職人のこと)の手によって一本一本、力強く丁寧に切り出されています。その仕事はまさに重労働。身体一つで山に入り、チェーンソーで切って運び出す。一定の大きさや長さに

    • 2023年振り返り。還暦=生まれ変わりの年。

      こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本切り出し、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 早いもので、12月も後半。みなさんにとって2023年はどんな年でしたか?ヤマチクにとって、2023年はまさに激動の1年でした。「竹の箸だけ」をつくりつづけて60年、還暦を迎えた年でもあり、”生まれ変わり”の年でもありました。 ヤマチクはどのように生まれ変わり、今後どのような未来を描いていくのか?ヤマチク

      • お箸屋さんのセレクトショップ「拝啓」が熊本・南関町に誕生。その見どころとは?

        こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本切り出し、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 2023年11月11日、ヤマチク工場敷地内に、贈り物に特化したセレクトショップ「拝啓」がオープンしました。ヤマチクが日本全国の催事に出店する中で出会った「ものづくりの仲間たち」が手がけたものを集めたお店です。 「竹のお箸で食べるカフェ」も準備しており、お箸の使い心地も試すことができます。 今回は、拝啓の

        • 「幻のそうめん」がスイーツになった理由

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本切り出し、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 2023年秋、ヤマチク工場敷地内に、贈り物に特化したセレクトショップ「拝啓」がオープンします。ヤマチクが日本全国の催事に出店する中で出会った「ものづくりの仲間たち」が手がけたものを集めたお店です。 「竹のお箸で食べるカフェ」も準備しており、お箸の使い心地も試すことができます。 さて今回は、「竹のお箸で食

        • 固定された記事

        竹を切る人がいなければ、竹のお箸は作れない。本当の意味での“持続可能なものづくり”を目指すKPIを設定します

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 「竹の、箸だけ」の作り手
          株式会社ヤマチク
        • 拝啓をつくるもの
          株式会社ヤマチク
        • ものづくり対談
          株式会社ヤマチク
        • ヤマチクの「平和への架け箸」
          株式会社ヤマチク
        • 竹のお箸のある暮らし(ユーザーインタビュー)
          株式会社ヤマチク
        • お箸の選び方まとめ
          株式会社ヤマチク

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「感動の積み重ねが、私をヤマチクに導いた」。新人・山田が目指す、これからの「拝啓」

          はじめまして! ヤマチクの山田真莉奈です。熊本・南関町のお箸メーカーであるヤマチクが、今年の11月11日にオープンするファクトリーショップ「拝啓」。私はそのスタッフとして、新しく7月に採用されました。 トマトとアイスクリームが好物です。トマトは、野菜嫌いだった小さい頃から毎日のように食べて育ってきました。 お仕事がお休みのときには、神社めぐりを楽しんでいます。散歩と写真を撮ることも好きです。下の写真は、玉名の疋野(ひきの)神社の写真です。 熊本県内にはほかに、南関町の大

          「感動の積み重ねが、私をヤマチクに導いた」。新人・山田が目指す、これからの「拝啓」

          「ヤマチクで働いているママが自慢」。お箸屋さんで働く、元保育士・3児の母の原動力

          こんにちは。雪野真理子です。 熊本・南関町のお箸メーカー、ヤマチクの社員です。 普段は、12歳、10歳、1歳の子どもを育てながら、工場でできあがったお箸を梱包し、お客様のもとに送り出しています。 通常業務以外に、「okaeri」のブランドマネージャーを務めたり、小学校でお箸についての出張講座を開いたり、若い人をターゲットにしたお箸「sweet urushi」の開発も行ってきました。 三児の母と仕事の両立。「大変じゃない?」「そんなに忙しくて、大丈夫?」と心配されること

          「ヤマチクで働いているママが自慢」。お箸屋さんで働く、元保育士・3児の母の原動力

          夫が地元・福岡にUターン。地方でもキャリアを諦めず、熊本と日本全国、海外をつなぐ女性社員

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 「地方への、夫の転勤に帯同しなければならず、仕事はどうしよう? 退職するしかないのかな……」「引っ越しをしても続けられるキャリアは?」 家族の転勤やUターンに伴ってキャリア変更を迫られ、不安を抱える女性は少なくありません。ヤマチクの社員として営業・SNS運用を担当している吉田真菜も、その一人です。 当

          夫が地元・福岡にUターン。地方でもキャリアを諦めず、熊本と日本全国、海外をつなぐ女性社員

          ものづくりに向き合い、贈り物を選べる。お箸メーカー初のファクトリーショップ『拝啓』を南関町に

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 2023年は、ヤマチクが創設60周年を迎える年です。この11月11日、日本国内のお箸メーカーで初めてとなる、カフェを併設した直営店『拝啓』をオープンします! わたしたちが目指すのは、お客様との対話を通して、友達、ご家族に贈る一膳を見つけるお手伝いをすること。そして、もちろんご自身にとってもピッタリの一膳

          ものづくりに向き合い、贈り物を選べる。お箸メーカー初のファクトリーショップ『拝啓』を南関町に

          キーワードは「土着化」。ものづくりで、地域ごとの特色を出す―『HIKE』 トークショーから②

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 ヤマチクがある南関町の隣町・玉名市にある『HIKE』(ハイク)というホステルは、地元食材を使用したカフェスペースや、手仕事による生活の道具を集めたショップも併設しています。 5月13日からは、熊本の伝統工芸である小代焼(しょうだいやき)を制作している、『小代焼 ふもと窯』井上尚之さんの個展が始まり、その

          キーワードは「土着化」。ものづくりで、地域ごとの特色を出す―『HIKE』 トークショーから②

          「こだわり」だけでは良いものは生まれない―『HIKE』 トークショーから①

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 ヤマチクがある南関町の隣町・玉名市には、『HIKE』(ハイク)というホステルがあります。ホステルだけでなく、地元食材を使用したカフェスペースや、手仕事による生活の道具を集めたショップも併設し、ワークショップなどイベントもたくさんやっている、すてきなお店です。 5月13日からは、熊本の伝統工芸である小代焼

          「こだわり」だけでは良いものは生まれない―『HIKE』 トークショーから①

          道具は同じでも少しずつ違う韓国。現地でわかった、それぞれのお箸文化

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 ヤマチクのお箸は、アメリカやフランス、オランダ、そして韓国など、日本国内だけでなく世界の人にも使っていただいています。 韓国への輸出が始まったのは、コロナ禍のまっただなかの2020年10月。以来、月に約5000膳のお箸をお送りしているにも関わらず、なかなか現地へ行くことができない状況が続きました。 「

          道具は同じでも少しずつ違う韓国。現地でわかった、それぞれのお箸文化

          喜びを届ける「ノベルティ」。クライアント様と、その先のお客様のために

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 一般的にノベルティは企業が自社の知名度の向上のために頼むもの。ヤマチクではこれまでたくさんのクライアント様のノベルティを手がけてきました。クライアント様は、多岐にわたります。企業様だけでなく、教育機関、医療機関、飲食店など、業種・業態もさまざまです。 作ったお箸は、利用者・顧客へのお渡しはもちろんのこと

          喜びを届ける「ノベルティ」。クライアント様と、その先のお客様のために

          『平和への架け箸』予約販売から1年。今のヤマチクの想いと、今後の支援について

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 2022年2月28日、ヤマチクはお箸の売上をウクライナへ寄付するため『平和への架け箸』の製造・販売をスタートさせました。あれから1年、ロシアのウクライナへの侵攻は止まりません。この先どんな世界になるのか、不安を抱え続けている人もいるのではないでしょうか。 この箸の製造は、今も続いています。作ることを止め

          『平和への架け箸』予約販売から1年。今のヤマチクの想いと、今後の支援について

          ヤマチク自社イベントの歴史と、成功の秘訣を分析!「社員が、友人・家族を呼びたいと思えるイベントにする」

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 2019年、初の自社ブランド『okaeri』誕生をきっかけに、怒涛の変革を迫られてきたヤマチク。良いものを作って終わりではなく、お客様の手元に「届ける」ところまでが"仕事"になりました。 その一つが、「自社イベントの開催」です。2020年より毎年、全国各地のものづくり事業者が集まる工房見学・販売イベント

          ヤマチク自社イベントの歴史と、成功の秘訣を分析!「社員が、友人・家族を呼びたいと思えるイベントにする」

          社員19名で「RENEW」へ視察研修!新しいヤマチクに向け、何を学び、感じた?社員の声を大公開!

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 熊本県南関町を拠点としているヤマチク。ECサイトでもお箸の販売をしていますが、「やっぱり直接お箸を手に取って体感してもらいたい!」そんな想いから、毎月のように全国津々浦々、展示会やポップアップに出店しています。 地域ごとに、いらっしゃるお客さまの声を聞きながら。お一人お一人の手に合うお箸をセレクトしなが

          社員19名で「RENEW」へ視察研修!新しいヤマチクに向け、何を学び、感じた?社員の声を大公開!

          2022年「第3回ヤマチク社内デザインコンテスト」最優秀賞ヒーローインタビュー

          こんにちは。「竹の、箸だけ。」に、こだわり続けてきた、熊本のお箸メーカー「ヤマチク」です。純国産の天然竹を人の手で一本一本刈り取り、削り、「竹の箸」を作り続けてきました。 さて、この夏は第3回「社内デザインコンテスト」が開催されました。振り返れば、第1回の最優秀賞『きずな箸』は、未だに欠品必至のロングセラー商品に。第2回の採用商品『納豆のためのお箸』は新卒二年目の社員が開発し、地元企業とのノベルティも実現しました! こうして数々の主力商品を生み出してきた社内デザインコンテ

          2022年「第3回ヤマチク社内デザインコンテスト」最優秀賞ヒーローインタビュー