SNS

誰でも、どこでも発信できる時代になりましたね。

個々のサイトで合う合わないはあるけど、賢く使えばいいツールだと思います。

でも、私はあまり長続きしません(笑)Facebookもすぐやめたし、Twitterも一年でやめてしまった。

Twitter辞めてから、個人的には心の余裕ができていい感じです。SNSではないけど、二年以上続いているのは、小説投稿サイトのカクヨムくらい。

やめたことによって

もっとみる
貴重な時間割いていただき、ありがとうございます!
2

することだらけで溢れそうになってしまったら

「note」47日目

仕事などで新しいことを始めるときみなさんはどのように管理されていますか? またはすることが多くなってしまって、心に余裕がなくなったときにはどうしていますか?

私は自営で物販業をしていますので、自分自身の作業などで時間をいっぱいにしてしまうと、新しいことをできなくなってしまいますし、何かがあったときに動けなくなってしまいます。

そんなときは次の2点を意識して自分の時間をつ

もっとみる
♡Thank you♡わたしもスキです
1

余裕

絶対過去にもこの話題で書いてるけど何回も書いてまうほど重要やから許せ。
今日は朝の四時半に起きてそっから20分ボーッとした。そこで俺何してんねんと我に戻ってトイレに行って風呂に入った。そのあと学校の準備を音楽聴きながらして筋トレも済ます。そしてNewspicksでニュースをピックして今に至る。要するに久しぶりに最近疎かになっていたブログを余裕をもってしっかりかけるってことや。アメリカいたときはオン

もっとみる

自分に優しく、心に栄養をあげよう!

奈良

中学校の修学旅行で初めて行った。

鹿にせんべいをあげ、大仏を見たことしか覚えていない。

面白く、良い場所とは思う事はなかった。

それから何十年の月日が経った。

京都へは友人と何度か旅行に行ったが奈良まで足を運ぶ事はなかった。

今からもう15年以上前、旦那の転勤で奈良に住んだ。

関西自体住むのも初めて、関西人=怖い

旦那の職場の下にある定食屋さんに連れて行ってもらった時、そこの

もっとみる
ありがとうございます💕
12

寿司握りと給付金

僕は給付金をあてにしていた。

10万円という僕にとって大金が入ってくる人生においてプチイベントだ。

しかも!これがいつ入るのか分からないときた。

でも、周りの人にはもう入っているらしい。

「僕にもそろそろ、、、。」

なーんて心を躍らせているとどこかで僕の体の力が抜けたのか僕はほぼ毎日のようにやっていたウーバーイーツをあまりしなくなっていた。

恐らく五輪のバイトも再び始めたのと勉強を理由

もっとみる
嬉しいぜ〜。
14

PCの電源ボタンを押すことが苦痛になっていた

前回の投稿からいつの間にか2週間が経っていました~。

この2週間は、ルーティン化されていたことを少し見直しながら過ごしていました。

発信すること

例えば、このnoteの更新もそう。
一日の流れをほぼルーティン化させていたわたしは、次の日に更新する記事を午前中に書きあげるということを約1ヵ月毎日やっていたんです。

それが当たり前になっていたし、やらないと気持ち悪いというくらいになっていました

もっとみる

達成!

最近、昆虫採集にフォーカスし、ついに100匹採集を達成しました!

昆虫採集に再燃したのは2016年なので、5年ということになります。

どんなジャンルでも100という数字は、1つの指標になると思います。

今回、100匹採集を達成したことにより、心の余裕と自信がつきました。

皆さんも、自分の得意なこと、好きなこと、何でもいいので、100という数字を達成してみてはいかがでしょうか。

新しい世界

もっとみる
ありがとうございます😊感謝します✨
2

将来起業する必要が出来たなら……ビジョン(๑⃙⃘˙꒳˙๑⃙⃘)

🐑さんは何事もなく社会に適合できたら、普通に会社勤めをし(今のところ①おもちゃ・子ども、②ファミリーサービス、③出版が志望業界です🌷)、旦那さんと子どもとぬいぐるみとのんびり生きるのが夢です(,,・ω・,,)♡

だけど、
・社会不適合みたいだった
・ブラック企業だった
・リストラされた
・お金が急に必要になった

などの不測の自体が人生には起こるかもしれません

(-ω-。)

なので🐑さ

もっとみる
読んでくれてありがとう(,,・ω・,,)♡
11

靴ひもの結びなおし

先週、熱っぽい重だるい日があり「ママ、お熱だわ」とソファでゴロンとしながら体温を測ってみたら36.1℃で、つられて測った子どもが36.8℃でした。気持ちの問題でしょうか。

ある金曜の七条河原町の信号待ちで、

靴ひもを結びなおしている人を見かけました。

そのときの私は子どものお迎えの時間が迫ってかなり急いでいました。

 視界の端っこに
 止まって、
 しゃがんで、

靴ひもを結びなおす人がい

もっとみる
やったー!
8