話し合いで意見の平行線が続きます。どうしたら話しを聞いてもらえるでしょうか? <理系の為のコミュニケーション力養成>

こんにちは!
コミュニケーションがよくなる仕組みを習慣化し、継続成長を促すことが使命です。ヒロです。

話しが平行線を辿る

ある小売業のキャンペーン方針についてのお話でした。

「相手方が自分たちの意見を聞き入れてくれなくて困っています。どうすれば耳を傾けてくれるのでしょうか?」から始まりました。

よくよく聞いてみますと、

次のキャンペーンについて、若手(相談者さん含む)達は売上目標達成の為

もっとみる
ありがとうございます。初めたばかりなので、涙が出そうです〜(ToT)
7

#182 「説得」がうまくいく、たった一つの方法

仕事でもプレイベートでも「交渉」や「説得」が必要な場面ってあります。当たり前ですが相手があることなのでなかなか思う通り行かないこともしばしばです。
これまでの営業経験と、研修講師として多くのハイパフォーマーの方にヒアリングを重ねて来た経験から「説得」の際、気をつけた方がうまくいくこと、をメモ。

1、そもそも「説得」は筋が悪い?

まず、「説得」の意味です。
辞書によると以下の通り。

よく話して

もっとみる
スキありがとうございます!
17

私の対立_01

「何度言えば分かるんだ!他のやつならもっと仕事ができるぞ」
今日も上司に叱られる。こっちだって一生懸命やってるんだと心の中で悪態を吐きつつ、会社を出る。

肌寒い冬、真っ暗な駅ホームで自分の白い息をボーと眺める。

ブシューと大きな音をたてて、電車がやって来た。ライトがとても眩しく感じる。

「・・・俺、何やってんだろ?」

取り止めもない疑問を抱き、コートのポッケに手を突っ込みながら私は、電車に

もっとみる

【あっち側】自分も偏見の塊であるらしい?

「あっち」という言葉が
使われるとヒヤっとする。
自分と「あっち側」は別だ、
世界は自分たちとあっち側に
分かれている、違うんだと
暗に言っているようだから。

左翼と右翼。
朝日新聞と読売新聞。
アナログ派とデジタル派。

それが最近、対立が
どんどん増えてきた。

ホリエモン派とホリエモン嫌い派。
コロナ大したことない派と
コロナ警戒慎重派。
ツイッター派とnote派。
ファーストフード寛容派

もっとみる
光栄です。ありがとうございます。
17

ゆるい あおり発言と思想史 つまり倫理

対立を煽るような発言(投稿)が問題視されて、それで規制が始まって。

そうなんだね。

対立を煽るような発言に関しては、ポスト真実だとかいう言葉ができて、ということはできる前にはナンだなと思われていた時期があって、それでできたわけで。2010年代半ばかねぇ。

ポスト真実だーねーと言い出した頃は、対立を煽るのがやーねーと明確に指されていたほどでもなかったと思う。相対主義、ものはいいよう、そういうこ

もっとみる

#178 最初が肝心。なんのために「改善」するのか?

業務改善について自分の頭の整理でメモしています。
今日は、ありがちな最初の「対立」を回避するためには、最初が肝心、というメモ。

1、「改善」という言葉を使うから失敗する?

そもそも「改善」という言葉の意味ですが、広辞苑によると、

悪いところを改めてよくすること。

つまり、「悪いところ」があることが前提です。

そして、能動か受身かで印象が異なります。
「改善する」というと前向き
「改善され

もっとみる
スキありがとうございます!
11

【第16弾】フォロワーさんの記事を読んで、紹介します!

2021年もやっていきます!

フォロワーさん紹介企画!!

昨年、100名の方にフォロワーしていただいたことをきっかけに始めた、期間限定の企画。

2020年のうちにすべてのフォロワーさんをご紹介する予定でしたが、ありがたいことに、たくさんの方にフォローしていただき、紹介し終えることができませんでした(^^;)

ですので、今年からは、シリーズ化して、毎週ご紹介していきます!

企画の内容は変わ

もっとみる
島には、ひまわり畑がたくさん🌻
12

センスよく

僕は気が弱かったが、いくらか克服した。

僕は部分的にケチだったが、やめようと思ったケチは克服した。

それで思うことがある。

ルールや常識などに向きになりすぎる人は気が弱い。

気が弱い人で虎の威を借る人だ。

ケチなままの人はケチることがなくなると、次なるケチに進む。

テイカーになる。クレーマーになる。サイコパスになる。

理想を学ぶ。実用を学ぶ。

全体の善。個人の真実。

理想も実用も

もっとみる
Dankon! (ダンコン Thanks-Esperanto)

事業戦略大学 2021年学長年頭所感 「2つのつながりが必要。共通軸をもった強いつながりと異質なもののつながり」

■2つのつながりの大切さ

2020年は、ふたつの「つながり」ということをあらためて考えさせられました。ひとつは、家族、友人、地域、職場、国という強い共通軸をもったつながりです。ネットが隅々までひろがり個人が重視され、その自由度も高まりましたが、一方で、どんな人であっても経済的役割、社会的、精神文化的な役割を持つ集団の一員であり、互いに支え合っていること認識することができました。特に医療、介護、通

もっとみる
嬉しい! そちらの記事も是非ご紹介ください。
13

不幸のコンテクスト

流行りますように、不幸のコンテクスト

見抜くことが流行りますように

感じることが

新しいニュースを、仲間たちを、喜びの文脈で思うことが少ないことを、煽りと批判以外の報道には皆があまり見向きしないこと

新しい技術は、開発競争を巡る優位性の確認、特許の申請と侵害、知的財産の所有と侵害、戦争に転用され得るという大好きな文脈

ひがみや、粗探しの対象を探し、ぴったりのニュースに迎合しながら、世の中

もっとみる
あざっす!
2