【大学受験】英単語帳を紹介 レベル別、タイプ別に紹介 単語帳以外の学習法も提案

入門 4000語レベル

羅列型

 キクタン4000

・オーソドックスな単語帳
・CD音声を聞くと眠くなる。
・キクタンシリーズは3冊が1このアプリにまとまったキクタンAll in oneがある。3000円

 ユメタン1

フレーズ型

 シスタンベーシック

標準 6000語レベル

羅列型

 キクタン6000

・キクタンシリーズは3冊が1このアプリにまとまったキクタンAll in o

もっとみる

【大学受験】英文法の参考書・問題集紹介 出題形式別にレベル、特徴、使う際の注意点も解説

入試改革でセンター試験が共通テストになり、文法問題を解くことの重要性は低くなったが、英語の学習において英文法がいらなくなったわけではない。用途、出題形式別で説明したい。

文法の基礎を理解するための参考書

「カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業」(KADOKAWA)

「成川の「なぜ」がわかる英文法の授業」(学研)

この二冊の共通点
・入門書
・厚みが薄い。
・重要単元、事項に絞ってい

もっとみる

【大学受験】英文解釈の参考書紹介 特徴、レベルを解説

英文解釈について説明した記事です。この記事と合わせて読んでみてください。

入門レベル

「肘井学の 読解のための英文法が面白いほどわかる本」(KADOKAWA  2015)

・Ingやthatなどの識別、英文を読む際に英文法をどう使うのかが書かれている。
・長すぎない解説
・図解がある。
・英文法の学習がそれなりに終わったら、取り組むとよい。

「リンケージ英語構文100」(旺文社  2015

もっとみる

【大学受験】政治経済の参考書を紹介 〈問題集〉 使い方、レベル、共通テスト対策と私大対策を分けて解説

前回の講義系参考書に続いて問題集と問題演習用のツールを紹介していきます。前回の記事を読んでいない方はこちらから。

問題集選びの参考にしてほしい。※複数サイトで情報収集してください。

知識確認用

「マーク式基礎問題集政治・経済」 (河合出版 2019年)

優しい問題で基礎事項を単元別に確認できる問題集で、かつ新しいのはこの問題集くらいだろう。

共通テストと私大、二次にすべての対策

「私大

もっとみる

『ことばの危機 大学入試改革・教育政策を問う』③

『ことばの危機 大学入試改革・教育政策を問う』②の続きです。①と②は以下からご覧下さい。

① https://note.com/syamamoto/n/n2afd39b09401
② https://note.com/syamamoto/n/n902217b1d8f8

 では,続きです。②では「コミュニケーション」は成立するかと提起した終わりました。本書には,「コミュニケーションが成り立たない

もっとみる
ありがとうございます!他の記事もぜひ!!
2

『ことばの危機 大学入試改革・教育政策を問う』②

『ことばの危機 大学入試改革・教育政策を問う』①の続きです。①は以下からご覧下さい。

https://note.com/syamamoto/n/n2afd39b09401

 では,感想の続きを述べていきたいと思います。

「『ことばはツールではない』と前面否定するわけではありません」

と述べられ(p.121),これを前提として話が展開されていきます。

 本書によれば,ことばをツールととらえ

もっとみる
ありがとうございます!他の記事もぜひ!!
4

『ことばの危機 大学入試改革・教育政策を問う」①

今回紹介するのは

『ことばの危機 大学入試改革・教育政策を問う』(集英社新書)

です。本書は2019年10月19日(土)に,東京大学本郷キャンパスにて開催された公開シンポジウム「ことばの危機ー入試改革・教育政策を問う!」の内容が(当日には伝えきれなかった内容を大幅に盛り込んだ形で)書籍になったものです。

 以下は,アマゾンの内容紹介からの抜粋です。

大学入試改革や新学習指導要領の公示により

もっとみる
ありがとうございます!他の記事もぜひ!!
3

【大学受験】逆転合格マニュアル!勉強効率を上げ、逆転合格するにはどうしたらよいか?勉強法以前の問題から解説

勉強の仕方がわからない人、受験勉強を始めたばかりの人、勉強しているけど、成果が出ない人、出遅れているけど、逆転合格したいという強い意志がある人はぜひ読んでみよう。

序章 身につくこと

・逆転合格に必要な考え方がわかる。

・最短で合格するための戦略の立て方がわかる。

・勉強や試験の罠、落とし穴がわかる。

・模試分析、過去問研究、勉強の工夫の仕方がわかる。

第1章 勉強以前に大切なこと

もっとみる

『ことばの危機』を読んで

この記事では、東京大学文学部広報委員会編『ことばの危機 大学入試改革・教育政策を問う』(集英社、2020)を読んで考えたことについて記そうと思う。

この本は、東大文学部の先生方が、国語教育における大学入試改革や学習指導要領の改訂がもたらす「ことばの危機」について提言を行ったものである。昨年東大文学部で行われたシンポジウムの内容が元になっている。

国文学のみならず、翻訳学や哲学など、人文学という

もっとみる

CEFRってな、な、なに?!!!!

お久しぶりです。今日は、英語資格についてわかりやすく説明しようと思います。

1.CEFRとは

英語試験には、英検(実用英語検定)、GTEC、IELTSなど様々な種類があります。それぞれの試験でどれくらいのレベルなのか示すものがCEFRと呼ばれています。
ex.英検の2級合格はIELTSの4.0~5.0と同じくらい
もっと詳しく知りたい人は調べてみてください!

2.合否がない?

英検では○級

もっとみる