mitubachikikaku

2019年より教育のためのTOC(TOCfE)を使って、高校の教科授業をしています。 『新学習指導要領』の観点別教科は難解ですが「思考-判断-表現力」や「主体的に学習に取り組む態度」は、このツールによって評価し易くなるように思います。現場で使ってみたい先生方の参考になれば幸いです

mitubachikikaku

2019年より教育のためのTOC(TOCfE)を使って、高校の教科授業をしています。 『新学習指導要領』の観点別教科は難解ですが「思考-判断-表現力」や「主体的に学習に取り組む態度」は、このツールによって評価し易くなるように思います。現場で使ってみたい先生方の参考になれば幸いです

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    なんとなく・・・感じた

    「mitubachikikaku」は、50代半ばのザ☆昭和のYASUKOが ここまでの人生でやって来たこと ・真面目 ・完璧主義 ・あんちネガティブ ・ストイック ・努力と根性。。。。などの 『生きやすさを阻むもの』を乗り越えるときに感じたことを 書いていきます( ´艸`) 「気楽に過ごそう!」をスローガンに、 ボヤキや 愚痴や 自虐も 包み隠さず、本音を発信します なぜならば。。。YASUKOは凹んでいるときに、無理にポジティブを装うと 心が疲弊するから( ´艸`) す

    スキ
    15
      • 中学校へ行かないと、どうなるのか?

        先に、私見を現わしておきます わたし自身は、『勉強はしたほうが良い』と言う価値観を持っています 学歴というか。。。義務教育以降の生涯学習(リカレント学習)は、受けたほうが好いという価値観を持っています その前提で。。。す💦 【不登校傾向にある子どもの実態調査   2018/12/12 メディア向け説明会】 というものを見つけたので読んでみました 探したきっかけは、我が子の行き渋りです 中学校へ入学した途端・・・・「頭が痛い」だの「だるい」などと言いだします 今朝も。。

        スキ
        2
        • 教育のためのTOCを教科に使って思った事④

          アプリをいくつか作ってみました それを、親世代(50代)の経営者の方々に試してもらいました ゲームとしても楽しいし、考えるとしても楽しいようですが 。。。。。💦 直ぐに、採算がとれるビジネスにはならないだろう との事です 残念!!! では、学校の現場では広めることはできるのでしょうか?? このアプリ制作って、0円なのです ダウンロードもアップデートも0円です 今、学校はWi-Fiが飛びタブレットやPCを一人一台持っています と、いうことは 生徒自身にツールを取り入

          スキ
          2
          • 教育のためのTOCを教科に使って思った事③

            勤務校にも、よるとは思いますが 今は、大学進学をする学校の高校生を担当しています わたし自身も、子どもを持っています 子どもの学歴や偏差値、学力には大いに関心があります 「学歴なんて関係ないよ」とママ友に言ったら 「それは、それなりの大学を出ている人だから言えるのよ」と言われました う~ん。。。わたしは、どうなんだろう????? 確かに、「大学卒業してないとヤバいよね」って思ったから 受験勉強をしたんだよね 結果として、高卒だったら学校の先生にはなれないわけだし。。。

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 教育のためのTOC
            mitubachikikaku

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            教育のためのTOCを教科に使って思った事②

            「これは、良い学びになるな~」と共感して やってみた結果を。。。お世話になった方々ににフィードバックする 共同体への貢献だと思うのは、わたしだけ? それって、そんなにオカシナことなのかな~? どうして、うまく伝わらないのだろう? 成功した話でないと、受け入れてはもらえないのかな? どうしてだろう? 疑問をもって、どうして?と理由を知りたいと思うことは 質問した相手を否定したことになっちゃうのだろうか? そうなのかな~ とクリティカルシンキングしてみました( ´艸`)

            スキ
            3

            教育のためのTOCを教科に使って思った事①

            あくまでも、個人の感想です ツールを使って2年目の、生徒からの通信簿で 「付せんを使う意味が無い」 とか 「日本語がヘン」 とか 「プリント学習の方がマシ」とか・・・・ でも、それってどうなんでしょう? わたしが、教育のためのTOCを成績をつける教科に活用した理由は NPOのかたや諸先輩方が、面倒をみてくれたからです 「付せんて、どうしても使うんですか?」と準備室SNSを介して伺えば 「動かせるから、、使った方がいいよ」と直ぐに教えてくれました 「日本語がへんなのは、

            スキ
            4

            教育のためのTOCの教科書に思った事②

            どうして、難しいんだろう???? 教科書の日本語が、難しいのだろうか? ツールそのものが、難しいんだろうか? 掲載順番が、混乱を招くのだろうか? う~~ん。きっと、そこは大した問題ではないな 例題が教材として成り立っていないというか 教科を教える時に、変換が出来ないというか でも、もしかしたら 著者のキャッシーさんが書いた原稿通りでないと いけないっていう縛りがあるのかな~? だとしたら、どうにもできないよね~ そしたら、副読本を作ればいいのかな? 例えば、理科だっ

            スキ
            3

            教育のためのTOCの教科書に思った事①

            自分のための覚書です 深い意味はありません 不快になったかた。。。。すみません 続編は、読まないでください まず、難しい。。。です 先日ある方が 「学校の先生はTOCを理解していない(する気が無いor出来ない)から 使いかたを代わりに生徒に教えてあげている。 評価や授業は教師がやるので、使いかただけ教えたらその先は 同席しない」と言うような意味のことを 仰っていました 妙に納得しました なぜならば、難しいからです TOCにも素人さんの夫に「どうして、もっと易しくしないん

            スキ
            4

            当事者曰く、新指導要領は発達障害者には都合がいい

            先日、あるきっかけで 【教育のためのTOC】のかたに 実際に授業で取り組むときの 替えてはいけない注意点や、 逆に、工夫してもよい箇所などを見直す可能性は、ありますか? と、質問しました それは、ある方は「替えたものを教育のためのTOCと言わないでください」とおっしゃり ある方は、「使いやすい様に替えて行った方が良い」とおっしゃる また「ブランチと必ず名前を言ってください」とおっしゃる方もいれば 「混乱するから、名前は言わなくてイイ」とおっしゃる わかっている人同士の集ま

            スキ
            1

            一学期期末考査に間に合いました~

            中間考査以降に、モヤモヤが強くなりました それは、TOCfEのブランチというツールを使う意味が、ぼやけていたからです 「TOCじゃない」とか「TOCって言わないで」とか「先輩を馬鹿にしてる」など、ご意見を頂きました わたしが思っていることと大きくずれてしまったので、今年度は 生徒へは、『ブランチ』とか『TOC』とか『fE』とか一言も言っていません でも、何かが去年までとは違うのです バチッと決まらないというか。。。。フワっとしてるんですよね それはそれで、気持ちが悪いの

            スキ
            3

            「思考・判断・表現」や「主体的に学習に取り組む態度」の個人差はハッキリわかるが、数値化が難しい

            『確認テスト』と『到達テスト』で【主体的に学習に取り組む態度】は はかりました プレテストとポストテストでの獲得ポイントの差は、出ます しかし、そこに【思考・判断・表現】の評価を考慮すると。。。難しいのです ノー勉で、小中に習った範囲で『確認テスト』をしました 翌々会で、同じ問題で『到達テスト』をしました お勉強(暗記)が苦にならない生徒たちなので、満点を取る子の方が多いです しかし、実際に授業で図解をさせるワークでは ノートすら机上に置きません まぁ。テストが10

            スキ
            5

            我が子と自分の違いを融合させてみる

            の解決策を自分流で考えてみました ここから、要なものを抜き出して 関連チームで分けてみました まず、『学校の成績』を上げる事が目標であれば 【たまに勉強をする】でも、上がる子はいると思います しかし、今回の目標はそこでは無いので、この行動は却下! 次に、『毎日勉強をする』と同時に『毎日飽きるまで遊ぶ』ことは 可能なのでしょうか? 【飽きるまで】という息子の主観を正確に測定できるのかな~ 「もう飽きるほど遊んだでしょ!早く勉強を始めなさい!!」とか 不毛な戦いが勃発し

            スキ
            3

            つまるところ。。。やるか?やらないか?

            ある日、TOCとTOCfEの先輩方が 「自分の子どもにツールを教える VS 教えない」の合意トークをなさいました それを、新小5の息子と視聴させていただきました あと数分で終わるかな~というタイミングで 「ぼく。描いてみる」と始めたのがコレです 読んでみます 『僕が、ハッピーになるためには テストで平均以上を獲得しなければならない 獲得するためには、僕は毎日勉強しなければならない』 一方で 『僕が、ハッピーになるためには 毎日、ボクが飽きるまで遊ばなければならない 遊

            スキ
            9

            高校生が考える「のび太を社長にする」大作戦!!!

            先に、お詫びをしておきます TOC及びTOCfE関係のかた。。。お気に障ったらごめんなさい 学年末で、時数の凸凹はありました 多かったクラスのみですが、『野望的目標をゲットするための作戦』を 高校生と考えてみました 50分取れたクラスは、【野望的目標】も各班で考えてもらいました 時間制限が短いので、制約は結構付けました まずは、役割分担を行いました これを自主性に任せてしまう、とても50分ではゴールは切れません💦 次に、【のび太像】を班で一致してもらいました そして、【

            スキ
            5

            計画は立てるが、実行しない!なぜ?

            実際に、父子が作成した計画書です わたし的には「ボヤ~ッとしてて、意味わかんない」と言ったのですが。。。。 二人とも「実行できる!」と言うのです そうなのかな~~~~ これも、実際の授業ではよく起こる現象です 相手に自分のイメージをバチッと伝えられない(´;ω;`) と。。。いう事で検証してみました 成立しちゃった(;^_^A この仮説。。。間違ってる 何が、わたしの中でボヤッとしてるんだろう? 『時間』って何? 秒とか分とかのあの時間なのかな? 本人に訊いて

            スキ
            3

            小4曰く【僕が勉強をする理由】

            あけましておめでとうございます 社会事情もあいまって、暇な元旦を過ごしております 暇だからなのか? 息子がおもむろに。。。 「昨日のお姉ちゃんがやってたの、ボクがやろうか?」と言ってきました のんびりしたかったので、断ると・・・ 「やってみたい」と。。。 で、あればわたしは、仕事始めということで取り組ませてみました   本人が選んだ題材が、こちらです   TOCfEを少し知っている息子は、自分でエクセルを使って描き始めました TOC風に読みあげてみます も

            スキ
            3