自己紹介

はじめまして

 こんにちは。伊藤知子(あだ名は、Tonyo<トニョ>)のnote記事を訪問下さり、ありがとうございます。

 本noteでは、”豊かな人生を送るための学び”や、”洋書からの学びや気付きをライフデザインにどう活かせるか”について、私自身の経験を交えながら、発信していきたいと考えています。

”私”の考える、豊かな人生とは・・・?

 ”私”の考える豊かな人生とは、”選択肢が複数ある

もっとみる
❤️ありがとうございます!投稿の励みになります。
21

【無料記事】馬渡侑佑・小山龍介|多様性を生み出すプラットフォームとしてのKIW

宮崎県出身で、大分県竹田市に魅せられてJターンした馬渡さん。竹田市での活動は決して順風満帆ではありませんでした。新しい出会いがあり、はじまったプロジェクト、KIW(九州アイランドワーク)についてお話しいただきました。

この記事では、講演の後半、小山龍介との対談をお届けします。

送客のペイフォワードが地域を豊かにする

小山龍介(以下、小山) 「九州で括る」という話は村岡さんから以前、直接お聞き

もっとみる
ありがとうございます!
5

新しい事をはじめるキッカケは自分でしか作れないけど、周りができることはキッカケを得た人を応援する事。

イケてる大人と挑戦する地域から感じれること

彼女がインターンへ向かう数ヶ月前のやりとり。

「インターン先悩んでるんですよ。」
「とりあえず、イケてる人がいるから行ってみたらいいと思うよ。」
「それ、どこですか?」
「石巻知ってる?石巻。豪太さんに聞いてみるよ。受け止めてくれる気がする。わかんないけど(笑)」

そんなやり取りから、ゼミ生が宮城県石巻市へ向かったのは、2019年2月。3.11から

もっとみる
キャッ!ありがとうございます!
16

病室で念仏を唱える

こんばんは、なりかです。

花粉が辛くなってきましたが、春が楽しみという矛盾に陥ってます笑

今回のテーマ"病室で念仏を唱える"は、今季クールの『病室で念仏を唱えないでください』というドラマからお借りしました。

https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/

このドラマの主人公は僧医という僧侶でありながら救急救命医という立場のとにかく熱い人です。(お腹が減ると噛む、極限

もっとみる
んんん嬉しいっ!!!!
2

「スナック」は、非常に「ワークショップ」的であり、実践から学ぶ場になる(スナックを語ってみる)

日本の文化の一つ(?)と私は思っているものに、「スナック」があります。そこでは、お酒と軽食程度がサービスされ、お店の人と会話するもよし、お客さん同士で会話するもよし、大抵の場合カラオケも設置されているので、カラオケを歌うもよし・・・という世界が展開されています。

私は、この「スナック」という場が好きです。好きな理由を分析すると、実は「スナック」と「ワークショップ」で同じ要素が整う「場」になってい

もっとみる
次の一歩を具体的に!
6

出来る事を増やしたその先。

note更新を全くさぼっていました。

本当にやりたいことが見つかったところで、報告のようなことをし忘れていた段階でした。

以前、1/18(土)に国見ホイスコーレの報告会をしました。この時、プログラムについて“感想”のシェアをしたが、『うまく伝えられなかった』。

なので、今『伝える』スキルをつけようとしている。

今までは、

“できない”を肯定したくないという不幸せの中にいて、

能力を磨か

もっとみる
優しいつながりが出来ました。ありがとう!
9

ケーキと場作りは自分への分散投資

社内の場作りで試してみたマーケティング勉強会。ケーキも出るよ、とおまけとして案内してみました。

来週にマーケティングの先生が来て勉強会があるので、それに興味を持った方々を集めてプレ勉強会を行いました。

5〜6人くらいかなと思ったら、10人集まってくれてみなさんの関心が伺えると共に、開催した立場としては嬉しい。

おまけとして案内していたケーキも、割と好評でした。初めて参加した方は「え?なんでケ

もっとみる

2020年、感性を磨く。

こんばんは、なりかです!

2020年元旦にアナ雪2を観て、感性を磨こうと思いました。(唐突)

ざっくりとした経緯はこんな感じです笑

エルサのあるシーンで足からゾクゾクって身震いがし世界観に入り込んでた瞬間があったのですが、我に返ったときに「あ、世界観に入り込むのって面白いかも」と思いました。昔から演じることは好きで文化祭めちゃ本気でやってました。もちろん楽しみながら笑
大学になって一度もして

もっとみる
んんん嬉しいっ!!!!
1

【シリーズ1 #10(最終話)】ファシリテーター的思考の利は日常にあり

Anzaki です。

今回、本シリーズは一旦最後になります。

ここまであれやこれやとお話してきたファシリテーターですが、
僕は体験学習に限った話ではないと思っています。

もっと言えば、よく言われる会議やイベントでのファシリテーター、
それだけでもないと思います。

じゃぁなんなのかというと、
“全てのコミュニケーションの中にその利がある”のだと思っています。

少し話を整理します。

ファシ

もっとみる
続ける糧になります!ありがとうございます!
1

溢れる想い。

心の中で確実にわかったこと。

わたしが紅茶教室をやる理由。

紅茶をただ教えたいではない。

うーん、それは、語弊はあるかな。

紅茶のことを教えるのは、大好き。

でも、もっと好きなのは紅茶時間を誰かと一緒に楽しむことなのです。

そう、わたしが、伝えたいことはこれ。

紅茶を通じて、

笑顔が溢れる場を作りたい。

誰もが自由に夢を見れる場所。

誰もが自分のことをそのまんま語れる場所。

もっとみる
今日の紅茶は?
3