コロナで広がった世界

本日をもってシンガポールではロックダウンが終了する。明日から通常復帰に向けたフェーズ1に突入するが、自宅勤務を推奨されており、飲食店も開かず、あまり大きな違いがない。

このロックダウンの2ヶ月、コロナは私の世界観を大きく変えた。その中でもこの自宅で過ごした日々、確実に世界が広がったように感じる。

今まではフィジカルに会っているだけで満足だったので、自分の行動範囲で出会う人としか、基本的に出会い

もっとみる
スキありがとうございます^^またぜひ読んでください。

シェアハウスでの学びvol.4

このシリーズは、シェアハウスでの学びをアウトプットする企画です。自分なりにコミュニティ論を習得し、CO-BUKUROに活かそうと考えています。

vol.3はこちら↓

こんにちは。辻中です!最近立て続けに投稿しています。すみません笑 感じていることをタイムリーにどんどんあげてみようと思っております。

さて、今回は「ゼロベースで挑戦する大切さ」についてお話ししたいと思います。

シェアハウスの住

もっとみる
嬉しいです^ ^

46.コミュニティーの力

3本目~!

『コミュニティーには力がある』
今日は、コミュニティーには人の人生を変える力がある、ということをお伝えしたいと思います。

あるコミュニティーに入ったことにより人生が変わりつつある実感を持っている1人として、
「仕事」「家庭」ともう1つのサードプレイスとしてのコミュニティーを持つことをお勧めしたいです。組織や団体になっていなくてもよくて、ママ友LINEの繋がりも1つのコミュニティーだ

もっとみる
嬉しいです!
1

コミュニティにどんどんコンテンツが溜まって行っています♪

今日は全市場分析配信した後

noteサークルメンバーのトレードの
添削を動画で2本配信してました♪

参加して頂いたからには
しっかり勝って頂きたい‼️

その為に僕が出来る事はやれる限りやります💪

毎日1、2時間、チャート分析配信してますし

必要が有れば音声通話で、レクチャーしたりします‼️

日頃配信してる動画は
どんどんコミュニティの中に蓄積されていますので

過去動画を

もっとみる

【イベントレポート②】COMMIX ONLINE #3 ニューノーマルなコミュニティが持つ可能性

こんにちは❗️
「子どもの学校外の学びをコミュニティを通して選べるようにすること」について考え中の、保育・教育系の休学生、木下和志です😆
コミュニティについて勉強中の僕ですが、どんどん発信していくので、どうぞよろしくお願いします。

さて、今回の記事も、COMMIX ONLINE # 3 ニューノーマルなコミュニティが持つ可能性というイベント(以下COMMIX # 3)のnoteレポート枠に応募

もっとみる
和志は今、泣いて喜んでいます🤣
5

次の時代をともに戦える仲間と出会えた「コミュニティ」という場所

昨年10月あたりから、西村創一朗さんが運営されているU-29というコミュニティで色々活動をさせてもらっています。
文字通りU-29世代の人たちが集まるコミュニティです。

社会に出るとどうしても縦のつながりが多くなりますが、ここは横のつながりが感じられる場所です。
「世の中に同世代ってこんなにいたんだ」と思うこともしばしば。

このU-29に入った理由も、活動をする理由も正直ありません。
ただなん

もっとみる
スキありがとうございます!めっちゃうれしいです!
3

幾多の事業を展開する、人結びのプロ。株式会社三根自動車代表取締役、大石秀一さん

人と人の触れ合いを大切にされながら、本人が展開される事業だけでなく、地方創生、政治団体、倫理法人会など様々な場所で活躍されている株式会社三根自動車代表取締役の大石秀一さんにお話をうかがいました。

プロフィール
出身地:佐賀県三養基郡
活動地域:佐賀県内を中心に九州、沖縄など全国
経歴:九州産業大学を卒業。富士火災海上保険株式会社に3年勤務した後、家業であった三根自動車整備工場に勤める。
現在の職

もっとみる
ありがとうございます☺
5

# 自分だけの世界

広い意味で、研究の世界は”自分の世界”だと思っている。

各々愛してやまない研究対象があって、日々そのことで頭がいっぱい。だけど、”俺が好きだからいい”とあってはならないと思っている。つまり、社会課題解決に貢献することが研究者の至上命題であり、社会に受け入れられない研究と認定されてしまうと、その研究の先行きはなかなか厳しいものになる。何をするにもお金は必要だ。

だから研究は常に外に開かれているべ

もっとみる
僕もスキです(*^^*)!!
3

安全な家のない人に、安心の先にある未来を描きたい

自分が大事にしてきたことを整理して、変化にのぞむシリーズ。

わたしはソーシャルワーカーとして、人生に悩み、悲しみ、苦しみ、ときに怒る人たちと出会ってきました。
安心した家のない人のための一時宿泊所。尊敬する医師・弁護士が中心になり、わたしも運営をお手伝いしました。

この宿泊所は、安全な家がない人が、安心な住まいと生活を立て直す場所。
いっときの時間と空間を保障し、次の暮らしへの準備を整えます。

もっとみる
書いたかいがありました!
8

ジュニア laboに向けて

皆さん、こんにちは。にじぽんです。今日は昨日行なった私が企画したジュニアlaboを紹介していきたいと思います。

1.ジュニアlaboとは

ジュニア laboは仮名です。私が作っているコミュニティーです。今のところ色々やってみようと話し合っているところです。

2.私がジュニア laboをたちあげるまで

私は自己紹介でもかいた通り、flier book labo に興味がありました。そこで私は

もっとみる