劇場版 Free!-the Final Stroke-前編(ネタバレ)壁打ち勝手な感想(主に真琴と遙)

劇場版 Free!-the Final Stroke-前編(ネタバレ)壁打ち勝手な感想(主に真琴と遙)

真琴と遙。まこはる脳の吐き出し感想。(主に真琴) まだ3回なのでいまの時点の勝手解釈。めっちゃ長い。 ぶつぶつとフセッターに書いたやつをまとめてみる。 流れと順番前後してると思うます。悪しからず。勝手です。悪しからず。 ●冒頭はどこの時系列なんだろう。真琴も凛もジャージ姿。 遙へのメッセージみたいなことって無印の凛に負けて一緒に泳ぐことができないってなったときに、真琴が玄関で待ってた遙への携帯メッセージのことが思い出された。 ●真琴の足音を感知してトレーナーさんに擦

【映画】「聲の形」
+10

【映画】「聲の形」

京都アニメーション(京アニ)製作の長編アニメ映画「映画 聲の形」(2016、山田尚子監督)を観た。 うーむ…。 “京アニクオリティ”は偏屈中年オヤジの俺には合わなかったなぁ。 長過ぎるクソつまんね〜アニメだったぜ。 先天性聴覚障害の女の子・西宮硝子と主人公の男の子・石田将也を中心に、その友達らも含めて、相互不理解の“コミュニケーション不全症候群”(by 中島 梓)となってる状況を描いたものだが、「君に生きるのを手伝ってほしい」と硝子に伝えた将也が、紆余曲折の末に、ようやく

「リズと青い鳥」見た

「リズと青い鳥」見た

監督:山田尚子 声:種﨑敦美、東山奈央、本田望結 ほか 京アニ作品の青春物語。 みぞれと希美の音合わせ。 間合いの揺れ動きを経てハーモニーに至る二羽もとい2人の心模様が瑞々しく描き出され、尊い。 劇伴も素敵。 くわっと目を惹く映像美がいっぱい。 校舎の雰囲気、空気感が、ノスタルジーを呼び起こす。 うたた寝からまぶたに感じるキラキラに目を覚まし、外を見ると中庭を挟んだ向かいの校舎から楽器の反射光がこちらに飛んできていた。 このシーンが美しくて、不意に泣いた。

アニメ「平家物語」第一話
+7

アニメ「平家物語」第一話

先ほどアニメ「平家物語」の第一話を視聴した。山田尚子監督の最新作。わっくわくである。 あまり考えも纏っていないが、とりあえず書いてみる。 今回述べたい点は、ざっと4つだ。 1.京アニ的リアリズムモーションからの脱却。第一話冒頭で登場した蝶のモーションでは、従来のアニメ的なコマ送りのモーションが使われていた。 些細なことだが、京都アニメーション特有の膨大な線画を組み合わせて作られたあのぬるぬるなモーションではなく、コマ送り的なモーションを見て「ああ、山田監督はもう京アニ

【小林さんちのメイドラゴンs】作品紹介の為の「才川リコの幸せな生活」

【小林さんちのメイドラゴンs】作品紹介の為の「才川リコの幸せな生活」

●前口上「おいらと小林さん」 今、仕事も手につかないほど惚れ込んでいるアニメがあって、我ながら困っている。 おせっかいを焼きに部屋へ来てくれるうちの婦長さんも、毎度youtubeでおいらが同じアニメを見ているので、もう文句さえ言ってくれなくなってしまった、それほどのハマりっぷりなのだ。 そのアニメとは「小林さんちのメイドラゴン」という作品で、埼玉県越谷市に住む普通のOL(というか北千住にあるソフトハウスでSEをやっていて、その仕事ぶりには定評がある)小林さんが、異世界からや

スキ
10
だから、冒険でしょ?【月曜朝のプレイリスト】

だから、冒険でしょ?【月曜朝のプレイリスト】

冒険してますか。 こんな時だから 走り出してしまいませんか。 今日という日も 明日には過去。 私たちどうせ 同じじゃない。 思うことを思うように。 感じることを感じるままに。 時も場所も超えていけ。 ビリーバンバン 菅原進『冒険でしょでしょ?』 この人生、一度きり。 せっかくだから 好きなように生きる。 夢にしか思えない時ほど 試してみてもいいと思う。 今日もよい一日になりますように。 けるぼん 追記: 毎月ご好評いただいているイベント『土曜夜のプレイ

スキ
26
山田尚子作品について けいおん!~たまラブ
+8

山田尚子作品について けいおん!~たまラブ

山田尚子監督の新作「平家物語」のPVが公開されました。私はこれをブラウザのネットニュースで知ったわけですが思わず二度見三度見しました。というのもそのアニメーション制作会社が長年やってきた京都アニメーションではなくサイエンスSARUだったからです。 山田監督はミクロな関係を丁寧に描くことをずっとしてきたと思うので動乱の時代の群像劇である平家物語はかなりの挑戦だと思っています。 ニュース記事には京アニを離れて..とあり、私は京アニを退社された可能性が高いと考えています。これを機に

スキ
1
8月30日は、【中二病でも恋がしたい】の丹生谷森夏の誕生日
+2

8月30日は、【中二病でも恋がしたい】の丹生谷森夏の誕生日

どうも KATOSANです。(^o^) 8月30日は、【中二病でも恋がしたい】のモリサマちゃん曰く、丹生谷森夏ちゃんの誕生日。(^o^)v 金髪ツンテールの凸守と喧嘩したり、チアガールをしているイメージがありますよね。チアガール丹生谷可愛いですよね。(≧∇≦) 最後まで見てくれてありがとうございます。次回も宜しくお願いします。(^∇^)b

スキ
5
Vol.1 米澤穂信『氷菓』【普段本を読まない人への読書迷宮案内所】

Vol.1 米澤穂信『氷菓』【普段本を読まない人への読書迷宮案内所】

こんにちは!読書してますか?案内人のひさおです. 普段はとりこれシリーズと称して数学などの参考書の紹介をしていますが、今回は趣向を変えて本のご紹介をしようと思います。 今回ご紹介するのは,米澤穂信さんの『氷菓』です。米澤穂信さんの代表作でありデビュー作でもあるこちらの世界を少しのぞいてみることとしましょう. 皆さんの学校にもあったのではないでしょうか?「学校の七不思議」. 変なものもありがちですよね。あの階段に19時に行くと変な光が見えるぞとか、何階の女子トイレから放

スキ
6
【けいおん!】1話

【けいおん!】1話

【けいおん!】1話についてあれこれ書いていきます。 12年前、放課後ティータイムはここから始まった。 登校目覚まし時計の針の音に時代を感じさせる。 地上波でやっていた時は4:3でやっていたことに懐かしさも感じる。 時計をわちゃわちゃ、尻もち付いたり、パンを咥えて登校など細かい所まで魅せるのは健在。 遅刻かと焦りながら登校する、この作品の主人公・平沢唯(通称:ゆい)。 舞台となる桜が丘女子高等学校に到着するまでの、自宅から学校までのシーンからも、唯の優しくもあり天然でドジ

スキ
1