マルクスアウレリウス

【マルクス・アウレリウス「自省録」】

明けがたに起きにくいときには、つぎの思いを念頭に用意しておくがよい。 「人間のつとめを果たすために私は起きるのだ。」 自分がそのために生まれ、 そのためにこの世にきた役目をしに行くのを、 まだぶつぶついっているのか。 それとも自分という人間は夜具の中にもぐりこんで身を温めているために創られたのか。 「だってこのほうが心地よいもの。」 では君は心地よい思いをするために生まれたのか、 それとも行動するために生まれたのか。 小さな草木や小鳥や蟻や蜘蛛や蜜蜂までもが、 おのがつとめに

スキ
2

「不動心」の勧め―哲人皇帝マルクス・アウレリウスの教え

この記事は、3分で読めます(1500字程度)。 1.記事の要約ストア派の哲人マルクス・アウレリウス・アントニヌスの『自省録』は、苦難の時代を生き抜くための智慧に満ちた思索である。 2.論考後期ストア派の哲学者、マルクス・アウレリウス・アントニヌスは、帝政ローマ時代における五賢帝の最後の皇帝にして、『自省録』の著者として有名である。 アウレリウス帝はまた、プラトンの理想国家における哲人王の理想を、現実において体現した、稀有な事例としても知られている。(プラトンは、『国家』

スキ
46

マルクス・アウレリウス - 人の目を気にするな

by Freedom in Thought マルクス・アウレリウスは『自省録』の中で「残りの時間を他人のことで浪費してはならない。それはあなたが何か役に立つことをするのを妨げる。他人が何をしているのか、なぜしているのか、何を言っているのか、何を考えているのか、何を企んでいるのかなどに気を取られて、自分の心に集中できなくなってしまうのだ」と言いました。私の考えでは、マルクスは、人が人生で足を引っ張る主な問題に触れています。それは、他人からの評価に執着することです。そこで、この

スキ
1

おはようございます😊【毎日を人生最後の日と思って過ごせ】哲学者・ローマ皇帝マルクスアウレリウスの言葉です✨人生の終わりを想像すると「目の前の仕事をがんばること」ではなく「周りへの感謝」や「本当に自分がやりたかったこと」が頭に浮かびます。今日も自分のために人生を使えてますか?😇

スキ
46

自分のいる世界は見えない【相手の方がよく見える】

おはようございます、心理カウンセラーのRikuです。 現在大学で心理学を学びながら、オンラインセラピープログラム「Bravery」の代表をしています。そして、将来は心理セラピストを目指しています。 本日は「自分のいる世界は見えない」という話をします。 人は自分が置かれている状況は自分が1番よく分かっていると思い込んでしまう傾向があります。 しかし、その自分の解釈は周りから見ると間違っていることの方が多いです。 なぜかと言うと、基本的に人は自分が今置かれている状況や自

スキ
2

自省

「だから私はいうのだ、君は単純に、自由に、 より善きものをえらび取り、これをしっかり守れ。」 マルクスアウレリウスの自省録の一文 約2000年前も今も 本質は何一つ変わってないとわかる 周りの人の考えとか行動、周りの人にどう思われるか考えるより 自分のやりたい事を考える 今何を考えているかと聞かれたら すぐに答えられるくらい自分と向き合う 公営のための考え以外、他人に時間を使うな そういうことがはっきりと書かれている 盲点 あと、何回も書かれているのが

スキ
5

ローマ哲人皇帝マルクス・アウレリウス🍁「自省録」を日本語と英語でよむ📖。

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
54

#10 マルクス・アウレリウス『冥想録』村山勇三訳(概説)

こんにちは、古い本の電子化をしているnisiといいます。 前回のつづきです。今回で概説は終わりです。一覧はこちらから。 注意として、誤字脱字を含んでいる可能性があります。あやしい箇所や問題があれば、コメントや質問箱で教えてください。 また、今日では不適切と受け取られる表現を含んでいる場合があります。ご了承ください。 アウレリウスの哲学 皇帝の道徳哲学は、己れ自身の幸福を端的に求めよと教へるやうな偏狭な体系ではなく、却つて人間の幸福乃至安静は己れの当然生活しなければならぬ

#9 マルクス・アウレリウス『冥想録』村山勇三訳(概説)

こんにちは、古い本の電子化をしているnisiといいます。 前回のつづきです。一覧はこちらから。 注意として、誤字脱字を含んでいる可能性があります。あやしい箇所や問題があれば、コメントや質問箱で教えてください。 また、今日では不適切と受け取られる表現を含んでいる場合があります。ご了承ください。 アウレリウスの哲学 アウレリウスの哲学の倫理的部面は、彼の一般原理から出てゐる。彼の哲学の帰結は、「自然」即ち人間自身の性質及び宇宙の性質に順つて生活するにある。ビ

#8 マルクス・アウレリウス『冥想録』村山勇三訳(概説)

こんにちは、古い本の電子化をしているnisiといいます。 前回のつづきです。一覧はこちらから。 注意として、誤字脱字を含んでいる可能性があります。あやしい箇所や問題があれば、コメントや質問箱で教えてください。 また、今日では不適切と受け取られる表現を含んでいる場合があります。ご了承ください。 アウレリウスの哲学 宇宙が一つの生きた存在であると云ふ観念に就て、アウレリウスは色々に言つて居るが、しかし決着する所は次にある……人間の心霊はその肉体に極めて密接に統合して一つの生