りょうさん

大手精密電機メーカーで34年間機能材料の技術開発を行い2勝5敗ですが新規技術を開発し、…

りょうさん

大手精密電機メーカーで34年間機能材料の技術開発を行い2勝5敗ですが新規技術を開発し、基幹事業主力製品への搭載に漕ぎ着け部長として60歳定年となりました。多くの方のお世話になると共に、日本の歴史、多くの書物、芸能芸術に支えられました。日本を心から愛しています。

マガジン

  • 世界情勢、歴史、政治、経済、金融

    ときどきの世界の、政治、経済、金融などの情勢についての良し無しごとを語らせていただければと思います。日本の国益を主軸に置いたエッセイになればと思っています。

  • 人文、歴史系

    人文系の記事を収録します。政治、金融、経済関係以外の文学、歴史、人間に関する記事と思ってください。政治、金融、国際政治及びそれに関わる社会事象は「世界情勢、歴史、政治、経済、金融」マガジンの方をご覧ください。中間的なものは双方に掲載します。

  • 書評

    読書の喜びは、他のなにものにも代えがたい魅力が有ります。そういった喜びを皆さんと共有すべく、知的刺激を受けた書、好奇心満載の書、ためになる書その他この他、わたしの狭い読書領域の中からではありますが、おすすめの本をご紹介します。

  • 有料記事

    利便性向上のため有料記事を掲載します。ご愛顧のほどお願い申し上げます。

  • 家庭の運営という概念

    家庭、家族について、運営、経営という視点で良し無しごとを綴ってみます。それを一番大事なことと思って過ごし還暦を迎えた一人の男性、夫、父親からのエッセイです。他の場所に連載していましたが、今後はこれまでのものを含めこちらに続きを掲載します。

最近の記事

  • 固定された記事

「このnoteの取説」

読んでいただける方の便宜のため、このnote全体の構成について説明させていただきます。基本は、マガジンごとに分類をしています。 時事評論、技術や一般的なコラム、小説などは、下記に個別にマガジン化しています。1)世界情勢、政治、経済、金融に関すること 時事評論の類全般を掲載しています。特にこちらには金融情勢について継続的に掲載していて、「俯瞰と目次」をマガジンに固定して表示しています。特に個人投資家有志の皆さんへ、マクロ分析を中心に有意な情報を提供しようと心がけています。

    • 「日経平均バブル期以来の史上最高値を更新、2/22終値3万9098円」/短期的にはまだ勢いがあるかもしれない、、、、、、3月米国マネー需給のタイト化に注意だが、どうでしょうか?

      日経平均バブル期以来の史上最高値を更新 先日、2年前以来の日本株の予想が大体においてそうなってきたことを記事にしました。 本ブログで綴ってきたその情勢分析については、以下に一覧化していますので、詳細はそちらをご覧ください。 今日2/22の終値は、 39、098円と、バブル期の高値を更新する史上最高値を付けたことになります。 これだけ上がってくるとかなり不安も関係者に出て来ているようです。それももっともなことと思っています。短期的な調整が入る可能性は高いと思います。 し

      • 「JPモルガン系など脱炭素『一京円団体』脱退 対応後退も」(日経)/当然だ、脱炭素などグローバリストの陰謀に近いことが徐々にわかってくるだろう

        「JPモルガン系など脱炭素『一京円団体』脱退 対応後退も」(日経) 上記日経記事には、 「米資産運用会社JPモルガン・アセット・マネジメントと米ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが企業に脱炭素の加速を求める国際的な投資家団体からの脱退を決めたことが15日、わかった。業界大手の相次ぐ離脱は、市場を介した気候変動対策の難しさを映している。」 と、いかにも脱炭素というコンセプトの正しさを前提に議論していこうとしている。 こういうことをいうと、真鍋氏のノーベル賞など

        • 書評「かたくなにみやびたるひと 乃木希典」乃木神社総代会(展転社)/乃木さんの軍人として貫く一念と広くたゆたき心が、尊きまでに胸を打つ

          かたくなにみやびたるひと みやびたる、という言葉が現今一般に受ける印象は、やまと心の中でも、たよやめ、にぎみたま、といった優しさを表すものにどちらかといえば近いです。 しかし、この書の中では本来の「みやびたる」を敢えて説明しており、やまと心の、ますらお、あらみたまのほうの荒ぶる戦人(いくさびと)のみたまをも合わせたものを言うとしています。 その意味で、敵に対して、戦人としての勇気のすべてをかけて打ち勝つ、そういう忠君軍人として貫く一念が「みやびたる」の中の核心としてあるの

        • 固定された記事

        「このnoteの取説」

        • 「日経平均バブル期以来の史上最高値を更新、2/22終値3万9098円」/短期的にはまだ勢いがあるかもしれない、、、、、、3月米国マネー需給のタイト化に注意だが、どうでしょうか?

        • 「JPモルガン系など脱炭素『一京円団体』脱退 対応後退も」(日経)/当然だ、脱炭素などグローバリストの陰謀に近いことが徐々にわかってくるだろう

        • 書評「かたくなにみやびたるひと 乃木希典」乃木神社総代会(展転社)/乃木さんの軍人として貫く一念と広くたゆたき心が、尊きまでに胸を打つ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 世界情勢、歴史、政治、経済、金融
          りょうさん
        • 人文、歴史系
          りょうさん
        • 書評
          りょうさん
        • 有料記事
          りょうさん
        • 家庭の運営という概念
          りょうさん
        • 私について
          りょうさん

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「日本株の上昇予想が現実になって」/これからもマクロには良い環境が期待できる。政治リスクと米国リスクに注意。

          2年前から中長期的日本株上昇を述べてきて、それが現実化しました。 2年前から、このnoteでブログを開始して、それ以前にしていたブログも含めて日本株の中長期的な上昇を予想し、期待もしてきました。 詳細は、下記記事一覧を追っていただければわかると思います。 それが、今年に入り日経平均株価がかつてのバブル期のものにほとんど同じにまで来たことに、日本にとって良いことだと私としては感慨ひとしおです。 実際は、この日本の金融経済にとって大切なことはもちろんこれからのことです。これ

          「日本株の上昇予想が現実になって」/これからもマクロには良い環境が期待できる。政治リスクと米国リスクに注意。

          「十年苦しんだ逆流性食道炎&ウィルス性胃腸炎がウソのように無くなりました」その方法を教えます。/無料公開しました。

          夏の続けざまの病いから回復 夏場に手ひどいウイルス性胃腸炎と逆流性食道炎を患い、そのあと抵抗力が落ちたのかコロナにも罹患し、ようやくもとの元気な状態に戻りましたが、この間ある友人Nさんにアドバイスされ、それを始めてみたのでした。 私は、2カ月余り続けてみて、十年苦しんだ逆流性食道炎&ウィルス性胃腸炎がウソのように無くなったのです。参考になる方もいらっしゃると思い、記事とさせていただきました。 (注意/ここに記載する方法は、私とNさんの個人的経験に基づいていて、科学的根拠のあ

          「十年苦しんだ逆流性食道炎&ウィルス性胃腸炎がウソのように無くなりました」その方法を教えます。/無料公開しました。

          「不動産投資検討 プロセスその3」/投資対効果&リスクのあら見積もりから、リスクとリターンに鑑みペンディングにしました。

          これまでの検討 これまでの検討については、以下の記事をご覧ください。 あらまし 近隣の新築マンションへの不動産投資の検討を着手し、投資対効果のあら見積もりを行うとともに、モデルルーム見学と面談を行い、相手先不動産業者からの対応及び感触が出そろいました。 そのプロセス1、2で記しましたが、 ・ローン設定期間が私の年齢から通常の半分程度の短期間になること、 ・その条件で金利が自宅用に比べかなり高くなりそうなこと ・自己資金の少なさ(max40%程度)から賃貸料を大きく上回

          「不動産投資検討 プロセスその3」/投資対効果&リスクのあら見積もりから、リスクとリターンに鑑みペンディングにしました。

          「歴史街道2024年3月号 『二〇三高地・120年目の真実』」(PHP)/ようやく旅順戦について、歴史が平衡の振り子を戻しはじめた

          明治37(1904)年8月~1月 旅順戦から今年で120年 今年令和6(2024)年は日露戦争の旅順戦から120年ということになります。 このため、歴史街道(PHP)の3月号で『二〇三高地・120年目の真実』と題した特集が組まれました。 ようやく旅順戦について、歴史が平衡の振り子を戻しはじめた 歴史街道3月号には、 1)総論 新解釈から見た日露開戦と旅順攻防戦                        小林道彦 2)「戦略」で読み解く――なぜ、二〇三高地が焦点となっ

          「歴史街道2024年3月号 『二〇三高地・120年目の真実』」(PHP)/ようやく旅順戦について、歴史が平衡の振り子を戻しはじめた

          「ギリシャ人の物語Ⅲ 新しき力」塩野七生著(新潮社)/ギリシャのポリスは崩壊し、その後をマケドニアの父子が襲い、子のアレクサンドロスはペルシャ・インダスをも征服し大王となるが、、、(その2)

          アレクサンドロスの軍才を語る塩野七生 ハンニバル、スキピオ・アフリカヌス、そしてカエサルもその軍才を絶賛したという、アレクサンドロス。 軍事の天才アレクサンドロスによって騎兵用兵の元祖が開かれると同時に、戦争戦術がレ歴史的に飛躍したと言えるのだろう。 「ギリシャ人の物語」の第三巻は、アレクサンドロスのために書いたとも言えるものになっている。 その1においても、記しましたが、塩野七生の健筆は、会戦、海戦を語るとき、実に活き活きと人物、人間あるいは人間集団を活写します。 本当に

          「ギリシャ人の物語Ⅲ 新しき力」塩野七生著(新潮社)/ギリシャのポリスは崩壊し、その後をマケドニアの父子が襲い、子のアレクサンドロスはペルシャ・インダスをも征服し大王となるが、、、(その2)

          「ギリシャ人の物語Ⅲ 新しき力」塩野七生著(新潮社)/ギリシャのポリスは崩壊し、その後をマケドニアの父子が襲い、子のアレクサンドロスはペルシャ・インダスをも征服し大王となるが、、、(その1)

          読み応え満点の第三巻 この第三巻は読みごたえがありました。 第一にギリシャのポリス社会の崩壊を描き、 第二にそのギリシャポリスを反面教師にした広義のギリシャであるマケドニアに出現した父子の物語であり、とくに父フィリッポス2世の後を継いだアレクサンドロスの戦記の面白さは卓越しています。 塩野七生さんは、「ローマ人の物語」でもその戦記の記述のうまさは抜群でした。アレクサンドロスの会戦の醍醐味は、まさに歴史の醍醐味、軍事の面白みを堪能できます。 ギリシャのポリス崩壊について

          「ギリシャ人の物語Ⅲ 新しき力」塩野七生著(新潮社)/ギリシャのポリスは崩壊し、その後をマケドニアの父子が襲い、子のアレクサンドロスはペルシャ・インダスをも征服し大王となるが、、、(その1)

          「住友化学最終赤字2450億円、十倉雅和氏が決裁したラービグが大半=『コア営業損益段階ではラービグによる赤字分が7割以上』(日経)」/日経記者も責任を問う口調、やはり即刻公職を辞すべき!

          住友化学の赤字が止まらない 先週発表した、経団連会長十倉雅和氏が会長を務める住友化学が創業以来の赤字を計上する予定であることを発表した。 そして、十倉雅和氏が決裁したサウジアラビアのペトロ・ラービグによる赤字がその大半だという。 このことに対して、日経の記者の滝田洋一までも、十倉雅和氏の責任を問う口調でコメントを入れている。 曰く、 「①2024年3月期の最終損益の大幅下方修正。23年11月時点の950億円の赤字予想から、2450億円の赤字予想に。尋常な規模ではありません

          「住友化学最終赤字2450億円、十倉雅和氏が決裁したラービグが大半=『コア営業損益段階ではラービグによる赤字分が7割以上』(日経)」/日経記者も責任を問う口調、やはり即刻公職を辞すべき!

          「1/30,31のFOMCは大方の予想通り、12月のFOMC後の推移のように市場は反応しそうな気がするが」/リスクは昨春の米銀破綻の後始末、3月マネー需給がタイトになるときまた起きるか米銀問題?

          先週のFOMC 1/30,31のFOMC(米国FRBの金融政策決定会合)は、いろいろな形で報道されましたが、基本的には大方の予想通り利上げも利下げも無く3月の利上げの可能性は限りなく低くなりました。 雇用情勢や物価などの指標もこれに合わせるような数値が基本的にはシナリオ通りに運んでいるように見えます。 これを受けてか、事前の思惑通りにか、長期金利は低下し、米国株式は上昇しています。 しかし、FRBは今後起きるどのような事態にも対応すべく経済及び市場を注視している、というこ

          「1/30,31のFOMCは大方の予想通り、12月のFOMC後の推移のように市場は反応しそうな気がするが」/リスクは昨春の米銀破綻の後始末、3月マネー需給がタイトになるときまた起きるか米銀問題?

          「不動産投資検討 プロセスその2」/投資対効果&リスクのあら見積もりと実際、モデルルーム見学と面談

          モデルルーム見学と面談 昨日、投資を検討中の新築マンションのモデルルーム見学と面談をしてきました。 やはりこの地域でもなかなかの物件だけあって、かなり盛況で、入れ代わり立ち代わり担当者があちこちでお客さんと話し込んでいたり、説明していたりといった状況で、私たちと同様、投資目的の人たち、自宅として購入しようとする人たちがたくさん来ていました。 私は妻と二人で、妻にも事前に投資目的とそのあらましを伝えておいたうえで、見学と面談をしました。 見学は、10年前に今居住のマンション

          「不動産投資検討 プロセスその2」/投資対効果&リスクのあら見積もりと実際、モデルルーム見学と面談

          「1/30,31のFOMCに注目、3月利下げは難しいのではないか、5月以降が順当。日銀も3月以降でマイナス金利解除か」/米国経済のソフトランディングの確率高まり株式市場は崩れにくいか、そうなれば日本市場にも期待できるか

          1/30,31FOMC 近々1/30,31に米国金融政策決定会合(FOMC)が開催されます。 ここで、利上げ若しくは利下げの金融政策変更があるとは思えませんが、問題はいつ、現在の引き締め金利を解除し利下げに踏み切るか、ということです。 近々の情勢は、上記記事などに典型的にみられるようなものです。利下げは思ったより遅めに開始しそう。 米消費支出は、予想を上回る状況が続いており、極めて堅調です。一方でインフレは若干予想を下回る推移を示して、米経済はいよいよソフトランディング

          「1/30,31のFOMCに注目、3月利下げは難しいのではないか、5月以降が順当。日銀も3月以降でマイナス金利解除か」/米国経済のソフトランディングの確率高まり株式市場は崩れにくいか、そうなれば日本市場にも期待できるか

          「石川能登震災対応/自衛隊迅速投入、北陸割能登割プラン、派閥とカネの分離と矢継ぎ早の岸田総理を支持する」/無責任野党を蹴散らせて、命がけで国益主軸の政策を進めれば活路が開ける!

          石川能震災対応:岸田総理、立憲民主杉尾議員の質問に一喝! 今年に入り岸田総理に気迫満ちたものを感じる。 元旦夕、能登を襲った大震災に、自衛隊はお屠蘇気分どころでない迅速な対応を示した。能登の地理は震災において困難を極め、孤立した被災者が多くなくなったことは非常に残念だったが、わが身を顧みない自衛隊員の献身的な救助活動により、多くの被災者が救われたことに対して、国民は皆自衛隊員に対する感謝の念を深くしている。 そうした中、国会で無責任野党が、明後日の方向どころか真逆の方向を

          「石川能登震災対応/自衛隊迅速投入、北陸割能登割プラン、派閥とカネの分離と矢継ぎ早の岸田総理を支持する」/無責任野党を蹴散らせて、命がけで国益主軸の政策を進めれば活路が開ける!

          「続報 日本のGDP4位転落、ドイツは悲惨です、崩壊に近いかもしれません。以下ご欄ください」

          日本のGDP、ドイツに抜かれ4位に、続報 日本のGDPがドイツに抜かれ、4位に転落という朝日新聞のニュースを本コラムで批判しました。 そして、日本経済の将来性はしっかり舵取りすれば確たるものがあることも下記記事で記しました。 そうしていると、上記記事でも書いた悲観的なドイツについて、ニュースが続々出て来ているようです。 ドイツのネガティブな状況 たとえば、ドイツ経済は、物価高とリセッションでスタグフレーションに陥っており、日米などに比べ景気が非常に悪い状況である、し

          「続報 日本のGDP4位転落、ドイツは悲惨です、崩壊に近いかもしれません。以下ご欄ください」