ジオフロントと呼ばれた地下空間の構想が壮大過ぎるfrom東京のナゾ研究所

バブル期の構想をみていると、いかに国全体の空気がイケイケムードだったのかを知ることが出来て面白いです。

今回は、その当時に計画された地下空間の構想についてお送りします。

「タクシーを移動手段からエンタメに変えていく」
日本タクシーエンターテンメント協会
発起人 ヨナシロ

東京でタクシー運転手をしていると、各地の様々なスポット、名称、歴史が気になってきます。
歴史で習った誰もが聞いたことあるあ

もっとみる
どうせ君も一回だけでしょ?・・・っふん"(-""-)"
4

20200111

自転車で近場のギャラリーを巡って展示を見た。なかなか楽しかった。今日知ったこと。1989年12月29日 - 日経平均株価、算出開始以来の最高値(ザラ場 38957.44円、終値38915.87円)生まれた4日後。つまり、人生において日本経済はずっと下降したままだということ。

3. 平成大不況と経済再生のプログラム

はじめに
 周知のように、バブル経済が崩壊したのは、もう10年も前のことです。それ以後、日本経済は、暗く長い出口の見えない不況のトンネルに入り込んでしまいました。いまに至るも、いっこうに脱出口が見つからないような歳月を重ねています。
  これまで幾度となく各種の景気対策が実施されてきました。だが、大型予算を組み、200兆円ほどの対策費を投入したのに、景気は回復していません。いった い、どうしてなの

もっとみる

2. グローバル資本主義の果てになにが見えるか ~不安定化する経済と問われる日本の対米姿勢~

20世紀末の問いかけ

 国境を越えて自由に移動する巨大マネーが各国経済をかく乱し、ときには経済危機を誘発し、国家破産にまで追い込んでしまう時代がやってきた。 現代の金融ビジネスは、コンピュータのネットワークにのって、多国籍的に展開され、地球上(グローバル)の利益を追い求める。株でも、土地でも、通貨で も、地球上のあらゆる商品がビジネスのターゲットにされ、売った買ったの取引材料にされる。
 近年で

もっとみる

1.  初夢・どうなる21世紀の経済社会

久しぶりに初夢を見たようだ。忘れないうちに書き留めておくことにしよう。
 21世紀の最初の年が始まった。さて、これからの100年間はどうなるのだろうかーそのような問いかけに応えるには、とても困難なほど急激な変化のなかで、世紀末をかけぬけ、新世紀を迎えてしまったようだ。
 とはいえ、未来を展望するには、「温故知新」とのことわざにあるように、まず20世紀の100年間を振り返ってみよう。
 すると、二つ

もっとみる

官製バブルが拡大する格差とリスク 〜出口なき異次元金融緩和の結果と弊害〜

はじめに

 「2年で2%の物価上昇を実現し、デフレ不況から脱却する」といった安倍政権と日銀の政策は画餅であった。この政権が5年間でやったことは、日銀とGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)を支配下に置き 、出口なき異次元金融緩和政策を断行し、国債バブル、株式バブル、都心の不動産バブルなど、官製バブルを発生させ 、大企業や内外の大口投資家の利益を優先させたことである。
 その結果、「持てる者」

もっとみる

芸能やメディア等に接する際注意しておきたいスピリチュアルなポイント

お金に困らず、楽しく幸せに暮らしたいと願う人が多いのは言うまでもありません。

しかし人は時と場合により、仕事で絶対にミスを犯さないよう自分に鞭打って頑張ったり悲しい映画に涙を流し何とも言えない悦に浸ったりもします。

つまり人は裕福さや暖かさを望む一方で、辛いことや悲しいことも同時にやってしまっているんです。

そんなの普通の事じゃないかって思うかもしれませんが、スピリチュアルにおける引き寄せで

もっとみる
ありがとうございました!
4

就職氷河期世代への支援(その1)

『就職氷河期世代に統一試験実施 国家公務員中途採用で』


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000097-kyodonews-soci

これ、なんか怖い。

統一試験を突破するための講座を資格の学校とか、どこかがやりそう。

採用されても雑に扱われそうで、まともな支援にならないような気がする。

そもそも、例えばIT分野であれば、

もっとみる
ありがとうござきます‼️。あなたにも良いことが起こりますように❗️
2

『日経大予測2000年版』徹底検証!【産業・科学技術編】(後)

『日経大予測2000年版』の産業・科学技術編後半です。対象の本はこちらです。

では検証していきましょう。

51 放送

BSデジタル放送に5社が参入。BS放送とCS放送の融合で、チャンネル数が一気に増え激しい競争の時代に。

BS放送がデジタル化し、全部で8社がひしめく業界になりました。また2000年末よりBS放送とCS放送のアンテナ受信機が共通化されました。これにより消費者側はBS、CSを意

もっとみる

バブル時代の異常さはまさに砂上の楼閣

先日、このようなツイートをしました。

これだけの異常な状態にも関わらず、株価は上がり続けていました。

何かいつもとは異なる説明でなんとか正当化されているという状況になったら、危険信号と思ってもよいかもしれませんね。

それにしても、首都圏の地価が米国全土の地価に相当するって今では考えられませんね。

こんなバブルの異常さに、その時代に生きていても敏感に来づけるよう、日々客観的な視点を忘れないよ

もっとみる
やったー!ありがとうございます。
1