nack66@中野ソフトウエアサービス

ISO9001の審査員をしています。本業の一つである、人材マネジメント、経営マネジメン…

nack66@中野ソフトウエアサービス

ISO9001の審査員をしています。本業の一つである、人材マネジメント、経営マネジメントなどにからめて、いろいろな記事やニュースなどを探索しています。いろいろな情報発信を「http://nss.watson.jp/」で行っています。ご興味のある方はこちらもご覧ください。

最近の記事

ISO9001:2015(QMS)の認証取り消し(パナ子会社)

ISO9001:2015(QMS)の認証取り消し(パナ子会社) ■気になった記事 私自身はISO9001:2015(品質マネジメントシステム)の審査員をしている。 そうした目で見ると、ちょっと気になる記事を見た。 ○パナ子会社、4工場で認証取り消し 不正受け、自動車産業向け国際規格 2024年05月20日 パナソニックホールディングス(HD)子会社で電子部品などの製造、販売を手掛けるパナソニックインダストリーは20日、電子材料製品の認証不正に関連し、国内4工場で自動車

    • 世間に転がる意味不明:地域交通の問題点:前提条件を変えるとどうなるのか(公共交通機関の選択肢の多様化)

      世間に転がる意味不明:地域交通の問題点:前提条件を変えるとどうなるのか(公共交通機関の選択肢の多様化) 出来ない理由を探すのではなく、可能性をたぐること。 ■はじめに 2024年問題から派生した人手不足問題からタクシー運転手の不足、これの解決策の日本版のライドシェアというゆがんだ制度設計が進められている。こうした問題の根本は、様々な課題を混ぜてしまうところにある。 地域交通の問題で言えば、過疎地、地方都市、観光地、都市部では課題が異なる。 タクシーの問題で言えば、経営

      • 規格要求事項の私的解釈:「0.3.2 PDCAサイクル」(仮説のないPDCAは成立しない)

        規格要求事項の私的解釈:「0.3.2 PDCAサイクル」(仮説のないPDCAは成立しない) ■誤解を招く要求事項の図 「0.1一般」には下記の記載がある。 組織は,PDCA サイクルによって,組織のプロセスに適切な資源を与え,マネジメントすることを確実にし,かつ,改善の機会を明確にし,取り組むことを確実にすることができる。 すなわちPDCAのアウトプットは「改善の機会」だという。 実際、「0.3.2 PDCA サイクル」では、 P:計画 D:支援、運用 C:パフォー

        • 戦略人事:権限と責任という守備範囲(人員削減と配置転換、資生堂ジャパンを題材として)

          戦略人事:権限と責任という守備範囲(人員削減と配置転換、資生堂ジャパンを題材として) どう考えて良いのか分からないので、もし分かる人がいれば教えてください。 ■加速する人材の流動化 昨年もしくは一昨年から大企業を中心にリストラのニュースに事欠かない。その流れは今年になっても変わることはなく先日もニュースが流れていた。 ○資生堂ジャパン、早期退職募集に1477人が応募 180億円を費用計上 2024/05/10 資生堂ジャパンは、2月29日に発表した1500人の早期退

        ISO9001:2015(QMS)の認証取り消し(パナ子会社)

          世間に転がる意味不明:建て前と本音の交錯(ライドシェアに対するタクシー会社の懸念)

          世間に転がる意味不明:建て前と本音の交錯(ライドシェアに対するタクシー会社の懸念) 一貫性のない議論を見ると頭が痛くなる。 ■制約条件 現在タクシー運転手についてはいくつもの制約条件がある。最も大きいのは「第二種免許}を保有していないと出来ないことだろう。自動車自体についても、タクシーメーターは決められた機器でなければならないし、ドアの開閉やビデオレコーダーの設置など多岐にわたると思われる。 第二種免許を取り、地図などに関する試験などを得てタクシー運転手になるというハ

          世間に転がる意味不明:建て前と本音の交錯(ライドシェアに対するタクシー会社の懸念)

          規格要求事項の私的解釈:「9.1.1 監視,測定,分析及び評価 一般」(タクシーの不足台数という指標)

          ちょっと長いよ・・・ 規格要求事項の私的解釈:「9.1.1 監視,測定,分析及び評価 一般」(タクシーの不足台数という指標) ISO9001:2015で採用するPDCAでは計画段階で期待される結果を数値化されることが期待される。「こうすればきっとこうなるはずだ」という思考の産物である。これが無視されることが悲しい。 ■改善の為の前提条件 数値化されていない管理指標では改善は出来ない。というのは通常言われていることである。 「工場内で安全に仕事が出来ること」を管理指標

          規格要求事項の私的解釈:「9.1.1 監視,測定,分析及び評価 一般」(タクシーの不足台数という指標)

          世間に転がる意味不明:地域交通の問題点:不安定な雇用形態が生み出すもの(新たな貧困層や紛争問題への懸念)

          世間に転がる意味不明:地域交通の問題点:不安定な雇用形態が生み出すもの(新たな貧困層や紛争問題への懸念) ■はじめに 2024年問題から派生した人手不足問題からタクシー運転手の不足、これの解決策の日本版のライドシェアというゆがんだ制度設計が進められている。こうした問題の根本は、様々な課題を混ぜてしまうところにある。 地域交通の問題で言えば、過疎地、地方都市、観光地、都市部では課題が異なる。 タクシーの問題で言えば、経営上の課題が先に来るはずであり、運転手不足はその付帯条

          世間に転がる意味不明:地域交通の問題点:不安定な雇用形態が生み出すもの(新たな貧困層や紛争問題への懸念)

          世間に転がる意味不明:地域交通の問題点:似て非なるライドシェア(隙間バイトの働き方で社会問題は解決しない)

          世間に転がる意味不明:地域交通の問題点:似て非なるライドシェア(隙間バイトの働き方で社会問題は解決しない) ■はじめに 2024年問題から派生した人手不足問題からタクシー運転手の不足、これの解決策の日本版のライドシェアというゆがんだ制度設計が進められている。こうした問題の根本は、様々な課題を混ぜてしまうところにある。 地域交通の問題で言えば、過疎地、地方都市、観光地、都市部では課題が異なる。 タクシーの問題で言えば、経営上の課題が先に来るはずであり、運転手不足はその付帯

          世間に転がる意味不明:地域交通の問題点:似て非なるライドシェア(隙間バイトの働き方で社会問題は解決しない)

          戦略人事:無視できない賃金カーブ(初任給の無思慮な賃金アップが生み出すもの)

          戦略人事:無視できない賃金カーブ(初任給の無思慮な賃金アップが生み出すもの) ■賃金カーブ すでに時代遅れと言われている年功型賃金ではあるが、いまだに多くの企業の賃金は年齢が上がるとともにアップする年功型の賃金カーブを描いている。 マクロなデータであるが、製造業男子の年収(17で割った目安としての月例)を見てみよう。参考までに、5%アップした月例も→で示す。 ・20-24歳 336万円(20万円) → 21万円 ・25-29歳 408万円(24万円) → 25万円 ・

          戦略人事:無視できない賃金カーブ(初任給の無思慮な賃金アップが生み出すもの)

          戦略人事:辞めさせるのは罪悪感はなく、辞めるのはとがめる無神経(組織論の変質)

          戦略人事:辞めさせるのは罪悪感はなく、辞めるのはとがめる無神経(組織論の変質) ■組織の類型 かつて組織の特性を測るのにいくつかの類型でパターン化する試みをしていたときがある。 (意思決定)  皆で話し合いながら決めてゆく、例えば家族的経営と、上意下達的にトップダウンで決める、例えば軍隊的な経営が代表としてあげられる。これは民主主義と権威主義の対比でも理解ができる。 (イノベーション)  挑戦的に新しいことに活路を見いだす組織、例えば革新を中核とする組織、今までの市場

          戦略人事:辞めさせるのは罪悪感はなく、辞めるのはとがめる無神経(組織論の変質)

          目先の問題だけに終始する人々(ライドシェアはオーバーツーリズムを解決できないと感じる件)

          世間に転がる意味不明:地域交通の問題点:目先の問題だけに終始する人々(ライドシェアはオーバーツーリズムを解決できないと感じる件) ■はじめに 2024年問題から派生した人手不足問題からタクシー運転手の不足、これの解決策の日本版のライドシェアというゆがんだ制度設計が進められている。こうした問題の根本は、様々な課題を混ぜてしまうところにある。 地域交通の問題で言えば、過疎地、地方都市、観光地、都市部では課題が異なる。 タクシーの問題で言えば、経営上の課題が先に来るはずであり

          目先の問題だけに終始する人々(ライドシェアはオーバーツーリズムを解決できないと感じる件)

          規格要求事項の私的解釈:「8.3.2 設計・開発の計画」(デジタル化社会の戦略思考「コーペティション」

          ISO9001:2015という規格の理解をもっと皆にして欲しいということで「四方山話」的な投稿の試行錯誤中。 「コーペティション」を軸に投稿。 ------------------------------- 規格要求事項の私的解釈:「8.3.2 設計・開発の計画」(デジタル化社会の戦略思考「コーペティション」) ■規格要求事項の限界 ISO9001:2015という規格は、元々は1994年頃の製造業に対する規格が出発点となっている。その後、製造業だけでなくサービス業にまで

          規格要求事項の私的解釈:「8.3.2 設計・開発の計画」(デジタル化社会の戦略思考「コーペティション」

          世間に転がる意味不明:コンコルド効果を無視する人々(大阪万博と東京オリンピック)

          世間に転がる意味不明:コンコルド効果を無視する人々(大阪万博と東京オリンピック) ■コンコルド効果 コンコルド効果(Concorde Effect)とは、行動ファイナンスにおける認知バイアスの一種で、投資の継続が損失の拡大につながると分かっていても、それまでに費やした労力やお金、時間などを惜しんで投資がやめられない心理現象のことです。サンクコスト(埋没費用)効果とも呼ばれます コンコルド効果は、超音速旅客機コンコルドの事業失敗が名前の由来です。コンコルドは、フランスとイ

          世間に転がる意味不明:コンコルド効果を無視する人々(大阪万博と東京オリンピック)

          世間に転がる意味不明:デジャブーな事件(IHI、お前もか!)-組織を守るためにデジタル化を無視する人々

          世間に転がる意味不明:デジャブーな事件(IHI、お前もか!) -組織を守るためにデジタル化を無視する人々 ■呆れたニュース データ改善の事件で揺れた2023年。ダイハツの事件は、誠実さをないがしろにする企業文化に暗澹たる思いをいだいたが、2024年でも同じゆな事件が報じられた。 ○IHI子会社 エンジン4300台余の測定データ改ざん 国交省調査へ 2024年4月24日 エンジンメーカーのIHI原動機が2003年以降に出荷した船舶などのエンジン4300台余りについて、

          世間に転がる意味不明:デジャブーな事件(IHI、お前もか!)-組織を守るためにデジタル化を無視する人々

          戦略人事:障害者への理解が求められる件(代行ビジネスを非難する前に考えるべき事)

          戦略人事:障害者への理解が求められる件(代行ビジネスを非難する前に考えるべき事) ■障害者雇用に初めて触れた頃 障害者雇用の義務化は今のはじまったことではなく,かなり以前からある。 30年以上前だろうか、ある企業にインタビューに行ったときに、聞いた話である。 ・比較的小規模の企業の集合体として経営している。 ・一つ一つの企業体に一人二人の障害者を雇用していても仕事を作り出せない。 ・障害者だけを集めた会社を作った (一部脚色) 結果として、イベントの企画をする会社を作って

          戦略人事:障害者への理解が求められる件(代行ビジネスを非難する前に考えるべき事)

          世間に転がる意味不明:やらせてみればいいのにを阻害する人たち(出来る理由を探す)

          世間に転がる意味不明:やらせてみればいいのにを阻害する人たち(出来る理由を探す) ■呆れたニュース ○特定技能の対象追加で「外国人ドライバー」門戸拡大も… タクシー業界がもろ手を挙げて“喜べない”切実な背景 2024年04月18日 「他社様でも変わりはないと思いますが、弊社での採用基準がありますので、その基準に沿いながら一人ひとり面接を行い、適正があるかを慎重に判断していきます。日本語能力と運転技術、コミュニケーション能力は、国籍に関わらず命を預かるという仕事の上では特

          世間に転がる意味不明:やらせてみればいいのにを阻害する人たち(出来る理由を探す)