【画像でみる人民新聞】1月15日,1704 号 4面

配達ねこさん(アルバイト)インタビュー 聞き手;編集部・園 「非正規雇用・派遣切り・放射能汚染がれき消去 派遣仕事のワーキングプアによる体調不良」
 派遣社員など非正規雇用のまま転職を繰り返し、貧困化、さらには健康を損なうロスジェネ世代の実態。さらに女性ゆえ介護の負担まで加わるという。

ペシャワール会大阪 加藤勝美「ペシャワール会 中村哲さんを悼む 難民救済にささげた人生」
 昨年12月、銃撃に

もっとみる

2020年代を駆け抜ける準備はできているか

2020年が始まって、個人的には何の感慨もないけれど、そうか2010年代が過去のものになっていくんだな、ということは何となく理解できる。

10年前、2010年に自分が何をしていたか思い出すのは比較的容易い。2011年を迎える頃に弾き語りライブデビューし、企画ライブに何度か出演しているうちに東日本大震災が起こり、その秋に自主企画ライブを1つぶち上げて、ヒキガタリスト・山本は無期限の活動休止に入りま

もっとみる
嬉しいです!僕もダイスキです!笑
25

「革」なめし職人の息子たちは、「川」で戦友を知る ~虐げられるを隠すか否か~

今日は、革業界のドンこと「オーガキさん」と電話で話していた。オーガキさんは日本最大級の革の産地、姫路の皮なめし職人の三代目。パリコレの日本代表の革制作を一手に引き受けている御人だ。

あ、「皮なめし」っていうのは、獣の皮を腐らないように製品として加工する技術ね。日本では主に、食肉として養殖される牛や豚の皮が活用されている。

オーガキさんが「この間、イッセイがさ~」と言ったら、高橋一生でもいしだ壱

もっとみる
🎤明日も来てくれるかな? いいとも!
1

アラフォー世代の同窓会は、女の勝負どころ?

https://allabout.co.jp/gm/gc/472271/

というコラムがあるが、同窓会に出ようと思えるモチベーションが湧くだけでエスタブリッシュなのではないだろうか?(笑)

そもそも同窓会を開ける時点で恵まれてると思う。

ありがとうござきます‼️。あなたにも良いことが起こりますように❗️
1

エージェントとしての今年の総括

今年は昨年と全く同じ内定件数を出し、成約した方の平均年収も120万もあげながら辞退者が続出してしまい、予算を割り、前年を少し割り、所属企業での1位の座も奪われてしまう散々な結果になってしまいました。

これは私のエージェントとしての力不足を痛感する次第です。

市場の変化もそうですが、「決めきれない」企業の求人を深追いしすぎたことが敗因と分析しています。

「エージェントは書類を通すのが仕事」と何

もっとみる

氷河期世代の噺

ロスジェネ世代って言うんですか、氷河期世代って言うんですか、どうも僕もそうらしいんですけど。まぁ、毎度言うように、僕は就活も就職もしたことないので、実感としてはゼロですが、どうも不遇な世代なようですよ。かわいそうな世代なんですって。

 年齢もアラフォーになってきて、独身の人は、もう一生結婚できないだろうなとか、もうキャリア的にも先が無いなとか、なんかそんなこと思っているらしいんですけど。ま、SP

もっとみる

20歳の成人式だけでなく40歳、60歳になったときの大人成人式をやったら地方創生になるのではないかと思う。根拠は勿論ない。

ロスジェネ世代って集まり悪い。人数多いのに行方不明。うまくいってる人がそうでない人をマウントするからかな

格差社会どころか

無縁社会、縁遮断社会だよね

ありがとうござきます‼️。あなたにも良いことが起こりますように❗️
3

就活学生にしていた『ある活動』

私には『ロクな学校の先生ではなかった』という念があります。ここで太字にした部分がダブル・ミーニングになっていることにお気づきでしょうか?または、冒頭の文章を読み『どっち?』と思った方は優秀だと思います。そしてどっちかと言えば、答えは『両方』です。

① ダメな先生
② ダメな学校

以上の2パターン、その『どちらも』ということで、より厳密にいえば①は一方的に私に問題があるのだし、②にしても私が働く

もっとみる
*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ✩‧₊˚バンバン
5

https://biz-journal.jp/2019/12/post_134892.html

良くないのだろうが、こういった記事を読んでも、怒りも嫌悪感もなく。諦めているのか、冷めているのか、自分でもわからない。

ありがとうございます! 励みになります!
2

Y!ニュース「なぜ主婦層の7割は、就職氷河期世代支援に期待しないのか?」

このニュース記事本文もそうだが、コメント欄が共感しかできなくて辛い。

支援は必要だけど、期待はできない。

そう感じている人がほとんど、という記事。

当事者として述べるならば、現在どこかで働けている人への支援や待遇改善と、残念ながら働くことも叶っていない人への支援は、全く別物として細かな議論をして欲しいということ。

私は後者に当たるわけだが、就職できない、できても非正規、という状況を抱えなが

もっとみる
ありがとうございます! 励みになります!
3