Rユニコーン

2020年3月に都内で会社設立(個人起業)し、現在リスク管理コンサルタントとして活動。商社在籍時代に審査マンのプロとしての地位を築き、多くの貸倒回避や損失軽減を成し遂げる。客先倒産時の対処法、危ない会社の見分け方、決算書以外での会社の実力の見極め方等につき知見とノウハウを有する。

Rユニコーン

2020年3月に都内で会社設立(個人起業)し、現在リスク管理コンサルタントとして活動。商社在籍時代に審査マンのプロとしての地位を築き、多くの貸倒回避や損失軽減を成し遂げる。客先倒産時の対処法、危ない会社の見分け方、決算書以外での会社の実力の見極め方等につき知見とノウハウを有する。

    マガジン

    • 事業説明用のアニメ動画

      弊社の主要な3つの事業について、先般アニメ動画を制作し、色々な方面で情報発信させて頂いております。今回は、ここでもマガジンとして集約して発信させて頂きます。宜しくお願いします。 弊社のホームページURLは以下の通りです。 https://r-unicorn-international.com/ Rユニコーンインターナショナル株式会社 代表取締役 髙見 広行

    最近の記事

    • 固定された記事
    再生

    リスク管理コンサル事業のご紹介(アニメ動画)

    皆さん、こんばんは。お元気ですか? 先般、個人起業して丸2年が経過したことを受けまして、この度、あるビジネスパートナーの方に特別にお願いしまして、現在、弊社が手掛ける主要3事業の事業紹介を行う為の「アニメ動画」を正式に制作しましたので、此処にもアップさせて頂きます。 本動画は、私自身が過去に約30年間在籍した前職の総合商社サラリーマン時代に培った、専門性の高いリスクマネジメントスキル、とりわけ与信管理・債権回収業務にスポットを当てた形のアニメ動画に仕上げられております。 皆さまにとりまして、弊社の「リスク管理コンサル事業」のご理解の一助になれば幸いです。 Rユニコーンインターナショナル株式会社 代表取締役 髙見 広行

      • リナチャン、久々に佐賀競馬場で躍動する2着!

        本日の佐賀競馬場の第7レース「大寒(だいかん)特選C2(サラブレッド系4歳以上定量)」に所有馬である4歳牝馬のリナチャンが最内の1番枠から出走。出走12頭中、6番人気であった。 馬場状態は不良、苦手な長距離戦のダート1,750mを見事克服、終始中位の内側のポジションを確保し、最終コーナーを内から鋭く突くと、キレの良いスピードに乗り、見事同世代の1番人気の実力牡馬に迫る差のない2着(1着に3/4馬身差)に入線した。 タイムは1:57.2で、これまでの最速タイムであった。

        • 3年ぶりの米国NY出張を終えて

          皆さん、少しご無沙汰しております。お元気ですか?今年の日本の冬は間違いなく、寒い冬になっていますね。コロナ感染症、インフルエンザが同時に蔓延しておりますので、体調管理には十分に注意していきましょう。 さて、さる1月15日〜22日の早朝にかけて、約1週間、コロナ来襲前以来の3年ぶりの米国出張に行って参りました。目的地はニューヨークマンハッタンです。 秘蔵の日本酒の海外向けブランディング事業の推進に向けた現地調査を実施することが今回の米国出張の目的であり、久々に自分の目でしっ

          • 再生

            タカミンの日本酒蘊蓄動画シリーズNo.75(テーマ:2022年の総括)

            みなさん、今年2022年も残すところあと3日を切ってしまいました。 タカミンの日本酒蘊蓄動画第七十五弾を、今晩21時よりプレミア公開します。 本当に「1年」というのはあっという間に過ぎ去って行くものであり、こうして毎年毎年、1年ずつ年輪を積み重ねていく自分自身を振り返り、如何に「今」を大切に生きるか、如何に「今」を大事に生きるか、ということを痛切に感じさせられます。時間は世界中の誰にでも平等に与えられているものですが、その時間を如何に有効に使うかは、個々人の心掛け次第だと思っています。 コロナとの共存はおそらく来年2023年も引き続き継続していくものと思います。だからこそ、これからも最大限の工夫を凝らして、このコロナ時代の新しい環境下で、日本酒のブランディング活動を常に前向きな気持ちで行っていきたいと考えております。 皆さま、2022年も本当にお世話になりました。そして来年2023年が、皆さまにとって光り輝く年になることを心より願っております。 どうぞ良いお年をお迎え下さい。 秘蔵の日本酒 高見酒店 店長:唎酒師タカミン(髙見広行)

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 事業説明用のアニメ動画
            Rユニコーン

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            再生

            タカミンの日本酒蘊蓄動画No.74「鳥取訪問記Part2 日本酒編」

            皆さん、こんばんは。 常日頃、秘蔵の日本酒のブランディング活動に励む、私ことタカミンのYouTube蘊蓄動画第七十四弾を配信します。 今回も前回に続いて、タカミンの鳥取訪問記パート2になります。対象は鳥取県の日本酒です。 実際に訪問した3つの酒蔵様が醸す日本酒をボトル共に紹介させて頂き、またその内の1本については、実際に動画の中で飲みながらタカミンの感想を伝えるというものになります。日本全国はまだまだ広い。日本酒の懐の深さを肌で実感した今回の鳥取訪問でした。 秘蔵の日本酒 高見酒店 店長:唎酒師タカミン(髙見広行)

            在日イタリア商工会議所(ICCJ)主催 50周年Gala Dinner&Concert 2022へ初参加!

            2022年12月2日(金)18時30分より、都内にある「八芳園」で開催されました50周年ガラパーティーに初めて参加して参りました。 この度、弊社はICCJに入会し、正式なメンバーとなりました。メンバーになって最初にして最大のイベントがこのガラパーティーになりました。 この入会の主たる目的は、2022ミラノ酒チャレンジで見事プラチナ賞を受賞した秘蔵の日本酒の代表格である「若冲」純米大吟醸(京都府谷口酒造)の広告・宣伝を、同会のイタリアコネクション・人脈を介して、積極的に行っ

            再生

            タカミンの日本酒蘊蓄動画No.73(鳥取訪問記パート1)

            皆さん、11月も残りわずかとなってきましたね。 さて、今月タカミンが生まれて初めて訪問した鳥取県の話題について2回に分けて、蘊蓄動画を配信させて頂きます。 鳥取砂丘、松葉蟹、ハワイ温泉、などなど、日本酒以外のテーマでも、本当に話題に事欠かない場所であることを実感しました。 人口は55万人前後、東京都の杉並区とほぼ同じ人口になります。人口密度が低く、歩いていても人とあまりぶつかることがない、また、車を運転していても渋滞のない、ストレスレスな住環境がそこには広がっています。 実に人間らしい、ゆったりとした時の流れと共に、美味しい色々な上質な食材が揃う素晴らしい県であります。 冬の寒さも厳しい場所であり、魚介類、野菜、果物が取り揃い、鍋料理も美味い場所です。その意味では、次回お伝えする日本酒との相性も抜群の場所であると思いました。 こうしてすっかり鳥取県のファンになってしまったタカミン、また近いうちに温泉旅行も兼ねて、家族と共に訪れてみたい場所です。 秘蔵の日本酒 高見酒店 店長:唎酒師 タカミン

            在日イタリア商工会議所主催の50周年記念ガラパーティーで「若冲」を紹介!

            弊社はこの度、イタリア在住のある日本人の方からのご紹介を得て、港区に事務所を構える「在日イタリア商工会議所(ICCJ)」のメンバーになりました。 そして、そのICCJ設立50周年を記念する、以下の説明が為されていますGOLDENなGala Dinner & Concert(2022年12月2日夜、於八芳園)にも初めて参加することになりました。 「夜を黄金に彩るのは、一流イタリア人シェフによる豪華ディナーと一晩だけのライブコンサート。そしてゲストの皆様を金色に染める煌びやか

            人口減の問題に対して日本政府は真剣に対策を講じているか?

            最近の閣僚の相次ぐ辞任騒動、また安倍元首相の狙撃事件に端を発した一部の宗教団体向けに照準を絞った対応ばかりのニュースがマスコミで取り沙汰されていますが、日本政府は一体、現在日本の人口減という重要な問題に対して、具体的な対応策を何か打ち出そうとしておられるのか、全くその類のアクションやメッセージが発せられていないような気がしております。皆さん、どう思われますか? 最近多発している常軌を逸した北朝鮮によるミサイル発射問題に対する対応もそうですが、国の存続に係る重大な事案に対して

            ロンドン駐在時代のエピソード<「ギリシア」という国に対して抱く幻想と債権回収交渉の現実(その1)>

            皆さん、今日は久々にリスク管理コンサルに関する投稿をさせて頂きます。 今回から続けて3回物シリーズで、欧州の夏のリゾート地のイメージが強い「ギリシア」を取り上げさせて頂きます。 私がかつて英国のロンドンに駐在していた時代に出会した、ある債権回収に関するエピソードを皆さまに披露させて頂きます。宜しくお願いします。 さて今から遡ること、1999年4月から2003年3月までの4年間に亘り、私は人生で初めて貴重な海外駐在生活というものを経験させて頂きました。 妻帯同の上での海

            日本全国47都道府県への訪問達成!

            皆さん、おはようございます。週明けの月曜日になります。早くも11月半ばに差し掛かりました。 さて、この週末に鳥取県を訪問して参りました。これだけですと、何でもない話なのですが、この鳥取県を訪問したことで、何と日本全国47都道府県全てに実際に足を踏み入れたことになりました。やったー、というより、56歳にして漸く、というのが実感ですかね。 今回は、鳥取空港を利用しての移動で、最初に鳥取県の代表的な観光資産である「鳥取砂丘」を訪問、晴天で暖かい陽気の中、実際に馬の背と言われる頂

            再生

            タカミンの日本酒蘊蓄動画No.72(テーマ:イチオシのお酒のご紹介「丹後王国」純米酒(京都府谷口酒造)

            今回の蘊蓄動画はタカミンのイチオシのお酒のご紹介のコーナーです。 寒さが徐々に厳しくなり、冬が間も無く訪れようとしておりますね。そんな中、やはり日本では「鍋」という立派なジャンルの料理があります。 親しい仲間や家族と一緒に鍋を突っつくというのは、日本の食文化の一つの形態かもしれません。話も大いに盛り上がり、お酒も進むというものです。 そんな時にぴったりのお酒を今回皆様にご紹介します。 それは、京都府丹後地方に佇む谷口酒造様が醸す純米酒「丹後王国」です。 蔵元の谷口さん曰く、やはりこのお酒は燗酒で呑むのが最高ですよ!あるいは常温のひやですかね。勿論、冷やして呑んでも美味しいとは思うのですが、味わい深い鍋料理の存在をより引き立てる意味でも、ぬる燗をオススメしたいですね。どちらかと言えば、辛口系の飲み口で、京都府産五百万石を酒米と使用していて、奥深い日本酒らしい味わいが滲み出てきます。 冬の京都で鍋料理を食べながら、この丹後王国を一緒に口にする、こんな最高の組み合わせがあったでしょうか?元々、京都の北部に位置する丹後地方には、歴史上王国が存在していたと言われています。今でも各所に古墳の跡が残っております。天橋立に程近い場所ですが、京都の北部も味わい深い素敵な場所だと思います。 一度、是非谷口酒造様を訪れるついでに、天橋立にもお立ち寄り頂き、北部京都の魅力に存分に浸って頂きたいと思います。 👇 弊社ECサイトでも絶賛発売中です! https://hizouno-nihonshu.com/products/%E4%B8%B9%E5%BE%8C%E7%8E%8B%E5%9B%BD-%E7%B4%94%E7%B1%B3%E9%85%92720ml-%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E9%85%92%E9%80%A0%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE 秘蔵の日本酒 髙見酒店 店長:唎酒師タカミン

            再生

            タカミンの日本酒蘊蓄動画七十一弾(テーマ:人形町の角打ち「庫裏」のご紹介)

            皆さん、こんばんは。 今回の蘊蓄動画は最近良く個人的に訪れる都内の人形町にある角打ちのご紹介のコーナーになります。そのお店の名前は「庫裏(くり)」。日本酒ファンの皆さまであれば既にご存知の方も多いかとは思いますが、新橋駅界隈に2店舗構えるお店なのですが、その支店として人形町店があったのです。タカミンは、毎週木曜日の夜に、ある個人的事情がありまして人形町駅を訪れる機会があり、そんな中ある日孤独のグルメ風にブラブラと一人で歩いていたところ、偶然出会ったというのが真実です。 実に素晴らしい日本酒の品揃え、毎回訪れては新しい日本酒の魅力を実感させてくれるお店になっています。角打ちですので、所謂立ち飲みスタイルになります。従い長居ができてもどうでしょうか?90分がいいところではないでしょうか、大抵1時間弱少し引っ掛けて次のお店に移動されるお客様も多いように感じております。 タカミンも日本酒の勉強を兼ねて、ほぼ毎週訪れているこの庫裏、日本酒好きの方には絶対に堪らない名店です。是非、一度訪れてみて下さい。人形町という町がまた実に味わいのある町で、本当に日本酒にフィットする場所でもあります。 これからも今暫くタカミンはお世話になるかと思いますが、どうぞ宜しくお願いします。 秘蔵の日本酒 高見酒店 店長:唎酒師タカミン

            秘蔵の日本酒「飛竜乗運」、魅惑的な富士山ボトルのご紹介

            こんばんは。 本日Instagramでアップしました日本酒の銘柄紹介の記事をここでもシェアさせて頂きます。 大切な方への贈り物、特に日本に関心のある外国人の方へのプレゼントに最適です。日本を代表する景観として有名な「富士山」を浮かび上がらせる特殊なボトルに、地元静岡県の歴史ある酒蔵様が醸す純米大吟醸を注ぎ、更に金箔を散りばめるという極めて贅沢な日本酒に仕上がっています。 以下の弊社ECサイトでは、上記を含む秘蔵の日本酒を多数販売しておりますので、一度ゆっくりとご覧になって

            再生

            埼玉県深谷市の丸山酒造様訪問記第三弾「渋沢栄一の生まれ故郷」

            2022年6月10日に訪問取材した際に収録した動画映像を題材にしてお届けするこのシリーズでは第三弾の動画になります。 今晩(2022年10月25日)22時より「YouTubeプレミア公開」で配信する予定です。どうぞお楽しみにしていて下さい。 秘蔵の日本酒の一つとして高見酒店店長のタカミンがイチオシのお酒を醸す埼玉県深谷市に佇む丸山酒造様。蔵元杜氏である丸山和崇様とはご縁を得てコロナ前より面識を持ち一緒になって、日本酒のステイタスの更なる向上を目指して活動して参りました。 そんな丸山酒造様の地元の大きなポイントは、あの歴史上の偉人であり、近い将来1万円札の肖像としても取り上げられる渋沢栄一翁の生まれ故郷の場所が目と鼻の先にあるということです。 渋沢栄一翁は昨年の大河ドラマでも取り上げられたのですが、運悪くオリンピック開催時期と重なるなど、放送回数も減少させられるなど、今一つ盛り上がりに欠けた印象がありました。 今回の動画では、丸山酒造様を通して見る深谷の町、渋沢栄一翁の足跡を少しだけ尋ねる形で、映像が編集されています。 深谷ねぎでも有名、そして最近話題になりましたアウトレットが新規オープンした場所でも有名になっています。東京都心部からは普通列車でも2時間弱で訪れることのできる場所でもあります。新幹線で熊谷駅を利用すれば更に時間は短縮されます。 合計3回に亘って配信させて頂きました丸山酒造様のブランディング動画は如何でしたでしょうか? 埼玉県の深谷市にあります丸山酒造様のことをどうか皆さん、よーく覚えていてくださいね。近い将来、世界市場で有名になるお酒の一つかもしれませんよ。 秘蔵の日本酒「高見酒店」 店長:唎酒師タカミン

            担保は与信を生まない!

            皆さん、週明けの月曜日を迎えておりますが、如何お過ごしですか? さて、本日は「与信管理」のごく基本的な話にはなりますが、非常に重要な考え方をご紹介させて頂きます。 それは、表題にあります「担保は与信を生まない!」という考え方です。 これは一体何のこと?と思われる方が大半ではないかと推察します。そうですよね。ピンと来ませんよね。 もし、すぐに理解できる方がおられれば、それは与信管理業務に触ったことのある方に違いありません。 与信(よしん)とは、人(個人・会社)に信用を