ニューノーマル

まだまだ休業中

6月に入っても、ほぼ、休業状態、でも、このまま、ボーとしてるわけにもいかず、先の、取り込みもしなければ、ならないのだ。
日本全国の入札など、出来るのをチェック。 
リモートワークというのは、他の人が、ほんと、どうゆう動きをしてるのか、わからない、指示が無ければ、動けない人は、手があいたら、何をするのか、自分から、仕事をするのか、はたまた、テレビを見るのか、YouTubeをみるのか、YouTube見

もっとみる

すべては不自由から生まれる。 -広告表現と今 vol.5 -

コピーライターを名乗りはじめて以来10年以上
その職能人口の少なさ珍しさもあってか、
打ち合わせや取材先では、興味関心を抱いていただけることが多い。
対面者のリアクションを見続けた実感として、
一般の”コピーライター”への意識・イメージは3タイプに分けられる。

1.そもそもコピーライターよくわかんない。
「コピーライターに初めて会った」と言われることが多く。何をしているかイメージが湧かない様子で

もっとみる

ポストコロナのニューノーマル時代に住むのに適した街とは(町田編)

緊急事態宣言も解除されて初めての週末、東京はいい天気ですね。気分も一新して爽快な気分で6月を迎えたいところですが、この世界は、もうコロナ以前のもとの姿には戻れないでしょう。

こういった危機的状況や、それに続く景気後退の状態を「ニューノーマル(新常態)」と呼ぶそうで、これまでも、これからも、新常態に順応して生きていくのが生物の定めなんでしょう。

特に、人々の働き方に大きな変革をもたらすと考えられ

もっとみる
おめでとうございます、大吉です!
3

形有るものが失くなるように、形無いものも、やっぱり失くなってしまう。#307

「なんで大事な卒業アルバムを、捨ててきたの!」

と、中学校の卒業式の帰り道、川に卒業アルバムを捨ててきた息子に、母親がひとしきり怒り続けた後、少し泣いていた。そうか、あれは大事な物だったのかって、そのときにやっと気づいた。

テレビで、

「物が、どうしても捨てられないんです!」

なんて話を聞くたびに、なぜなんだろう?と不思議に思っていた。捨てればいいのに、また買えばいいのに、と。

自分がい

もっとみる
さいこうの1日!
5

ニューノーマル論①「ジマンマイニングに潜るべき」(仮)

※以下は、5/30に参加させていただいたオンラインシンポジウム「コロナ禍によって世界は変わる」(イノベーション研究会、創新普及研究会、医療キュレーター実践会 共催)において、登壇されていた関西学院大学経営戦略研究科 玉田 俊平太教授、同 冨田 欣和教授、立命館大学 吉田 満梨教授のセッションをお聞きして浮かんだ内容です。※

「コロナ禍を経て起こった変化」

最近はTVやネット番組などメディアで多

もっとみる

コロナと生きる学校教育のニュー・ノーマル(新常態)

学校教育のニュー・ノーマル(新常態)

もともと自由な行動を制限されがちだった学校で、3密を避けるためのさまざまな不自由が常態化しつつあります。

座る場所を指定され、体の向きを指示され、移動できる範囲を制限され、狭い机に向かって黙々と課題をこなすことを強いられる授業。

もちろん学校教育をになう現場の教員は、悪意でやっているわけではありません。むしろ児童や生徒の不自由が、過大なストレスにつながら

もっとみる
深甚の謝意を表します!
13

成果につなげるリモート学習では他者理解が大切

#DIAMONDハーバードビジネスレビュー

INSEADのアニー・ペシュカムとジャンピエロ・ペトリグリエリによる記事。

リーダーは日々の対応に追われがちで、学習を後回しにする。今直面する危機において、その傾向は顕著である。

新しい技術や手法などに目を奪われる。改めて、学習方法について、今こそ認識していく必要がある。

人間の学習方法は大きく分けて2つある。

第一に、認知学習(cogniti

もっとみる
スキありがとうございます!モチベーションが上がっております!
3

過激な広告より隣人の口コミ -広告表現と今 vol.4-

目立てば勝ちよ。作ればモノが売れる時代のAttention
人がモノやサービスの購入を決定するプロセスを表す用語で、
AIDMA<アイドマ>という言葉があった。
(”あった”というのは、すでに時代に合わない死語同然だから。)
それぞれのアルファベットは、
A 認知・注意(Attention)
I  興味・関心(Interest)
D 欲求(Desire)
M 記憶(Memory)
A 行動(Act

もっとみる