新潮文庫nex

2014年に誕生した、新潮文庫内の次世代ラインナップです。キャラクターの魅力と、小説ならではの面白さを最大限に追求した文芸作品を毎月刊行しています。

新潮文庫nex

2014年に誕生した、新潮文庫内の次世代ラインナップです。キャラクターの魅力と、小説ならではの面白さを最大限に追求した文芸作品を毎月刊行しています。

    最近の記事

    絶対に先に読んではいけない「第8巻のプロローグ(仮)」が特典です。

    河野裕『さよならの言い方なんて知らない。7』購入特典 2022年10月28日に刊行となる、河野裕『さよならの言い方なんて知らない。7』には、2つの特典が用意されています。 1つは、クリア栞。 もう1つが、次巻「8」のプロローグ(仮)を先行掲載した特別ペーパーです。 (配布店舗は、本記事の末尾に掲載されています。ご確認ください。) まず、特別ペーパーですが、7巻刊行時に「8巻」のプロローグ(仮)を配布する、という異例(?)の試みとなっています。 8巻自体の執筆は、著者

      • 本日発売!! 超人気イラストレーターMika Pikazo原作・原案・キャラデザ!『RE:BEL ROBOTICA -レベルロボチカ-』2冊同時刊行!

        初回限定特典:Mika Pikazoクリアしおり付き!Twitterフォロワー数90万人、「輝夜月」「電音部」「Fate/Grand Order」キャラクターデザインを手がける大人気イラストレーターMika Pikazoが描き出す学園×青春SFアクション『RE:BEL ROBOTICA -レベルロボチカ-』が小説になりました。  今作はIP開発プロジェクトであるAAO Projectから生まれた作品で、世界観・キャラクター設定などの監修・制作協力のもと、 「ストライク・ザ・

        • 甘くも切ない、タイムリープ青春ミステリの決定版 『この恋が壊れるまで夏が終わらない』

          新潮文庫nex5月新刊、杉井光『この恋が壊れるまで夏が終わらない』(装画:syo5)が、2022年4月26日に発売となりました。 本作は『神様のメモ帳』(電撃文庫)などの代表作を持つ杉井光さんによる、タイムリープ青春ミステリです。 ぴったり12時間、時を遡ることができる主人公・柚木啓太(ゆずきけいた)は、高校に入学して初めて恋をする。 相手は図書委員の純香(すみか)先輩。啓太は純香と仲良くなるために図書委員となり、放課後は司書室に入り浸り、青春を謳歌していた。 だが青春

          • 医療だから解決できる「ファンタジックな謎」

            紺野天龍『幽世の薬剤師』(装画:こより)が、2022年3月28日に刊行となりました。 本作は現役薬剤師でもある著者の紺野さんが、漢方医療の知識とミステリ、そしてファンタジーを融合させて生み出した物語です。 薬剤師として働く主人公・空洞淵霧瑚は、ある日突然「幽世」という別世界に迷い込んでしまいます。 そこは妖怪や幽霊といった「怪異」が存在する点で、現実とは明確に異なる世界でした。 さらに、その幽世では人間が「吸血鬼化する」という病が流行していることがわかってきます。

            装画の謎と、栞、掌編。

            河野裕『さよならの言い方なんて知らない。6』購入特典 河野裕『さよならの言い方なんて知らない。6』が、2022年2月28日に刊行となります。 本作は、書店での購入特典として、限定デザインの「栞」、そして河野裕さん書き下ろしの「掌編」が、店頭にて配布されます。 (それぞれの配布店は、このテキストの最後に掲載しています! また、発売日は地域によって前後しますので、詳細は各店舗にご確認ください。) さて、本作「架見崎」シリーズの装画には、1つの謎がありました。 「このカバーイ

            文アルノベライズ第三弾発売中! 仁木英之『君に勧む杯 文豪とアルケミスト ノベライズ case井伏鱒二』

            先週末の28日に新潮文庫nexより仁木英之『君に勧む杯 文豪とアルケミスト ノベライズ case井伏鱒二』が発売されました。 「文豪とアルケミスト」様とはゲームリリース当初から展示や全集、グッズ製作、そしてノベライズとたくさんのコラボレーションを行なわせていただきました。ゲームは今年で5周年を迎えられたとのこと。その節目の時に、こうしてまた第三作目のノベライズを刊行できたこと、大変うれしく思っております。 「文アル」ノベライズは文アルというゲームに惚れ込んだ作家さんそれぞ

            本屋大賞受賞作家・町田そのこの最新刊『コンビニ兄弟2』、試し読みできます!

            今月の新潮文庫nexの新刊『コンビニ兄弟2 テンダネス門司港こがね村店』は累計15万部突破の大人気シリーズの最新刊。 著者の町田そのこさんは、新潮社主催の「女による女のためのR-18文学賞」を受賞して作家デビュー。今年『52ヘルツのクジラたち』で本屋大賞を受賞し、大人気作家となりましたが、そんな町田さんの唯一のシリーズものがこの「コンビニ兄弟」なんです。 (ちなみにデビュー作『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』も新潮文庫刊です!) 北九州・門司港にある小さなコンビニ「テン

            超豪華アンソロジー『あなたとなら食べてもいい』発売中!

            食欲の秋、到来! 新潮文庫nexの今月の新刊『あなたとなら食べてもいい 食のある7つの風景』は、人気実力派作家7名による「食にまつわる風景」を描いた短編アンソロジーです。 収録作品をご紹介します! 千早茜「くろい豆」食べものがきっかけで付き合うことになった男と女。秋になると送られてくる黒い枝豆をみるたびに女が思い出すのは、二人のなれそめで……。 遠藤彩見「消えもの」テレビドラマのロケ現場で、「消えもの」といわれる食べもの、エクレアが消えた。俳優たちを巻き込んだ、その驚

            掌編小説『ニューノーマル・オータム』

            2021年7月発売の椎名寅生著『ニューノーマル・サマー』の後日譚、『ニューノーマル・オータム』を特別公開いたします。しおみんとサリエロ、劇団不死隊のメンバーたちのコロナ禍での青春の続き、ある秋の日の出来事をお楽しみください。 ※以下の掌編小説は好評発売中の『ニューノーマル・サマー』をお読みいただいてからの方がより楽しめる内容となっておりますが、先に掌編小説をお読みいただいても、深刻なネタバレなどはありませんのでご安心ください。 「だから、秋になるとベレー帽かぶる女と、自分

            [ここでしか明かさない秘密]シークレットと印刷の話

            新潮文庫nex7周年フェア「推せる!新潮文庫nex」がはじまって、2週間強。 たくさんの反響やSNSの投稿を見て、喜んでいます。 もはや仕事の糧にしています。宣伝担当です。 というわけで、購入していただいた方、フェアに参加してくださっている書店さん、SNSに「#推せる新潮文庫nex」で投稿してくださっている皆様、本当にどうもありがとうございます。改めて心より感謝申し上げます。 “推し”のしおりを手に入れるために奔走してくださった方や、しおりをきっかけに新しい作品と出会っ

            「推せる!新潮文庫nex」フェア トレーディングしおり、ゲット報告ありがとうございます

            9月から全国書店ではじまりました「推せる!新潮文庫nex」フェア。新潮文庫nexで推しキャラを見つけてもらおうというこのフェアでは、ご購入の方に、トレーディングしおりをプレゼントしております。 Twitter上でも続々とゲットのご報告、ありがとうございます!! 新潮文庫nex関係者一同、大感激しております! そこで、みなさまの声をご紹介させていただきます。(※もし「ご紹介を外してほしい」という方がいらっしゃいましたら申し訳ありません、新潮文庫nexのTwitterアカウン

            「推せる」フェアにするために

            はじめまして、新潮文庫nexの営業担当です。 前回の宣伝担当の記事からバトンを引き継ぎ、今回は、営業部の目線から今年の「推せる!新潮文庫nex」フェアについてお話ができればと思います。 フェアの役割とは 上の記事でも、そもそもフェアって何?ということで、文庫のフェアについて少しふれました。その中から、もう一度強調したいのは、「何もお知らせしなかったら、折角の素晴らしい本が気付いてさえもらえないかもしれない。だから私たちは、そのきっかけ作りのひとつとして、いろいろなフェアを

            [制作裏話]小さな特典でも貰えないより、貰えると嬉しい

            初めまして、新潮文庫nexの宣伝担当です。 新潮文庫nex7周年フェア「推せる!新潮文庫nex」がいよいよスタートしました! このタイミングでnoteも始まったということで、今回のキャンペーンについて少し掘り下げて書いてみたいと思います。長文なのですが、お付き合いいただけたら嬉しいです。 創刊7周年を迎える新潮文庫nexですが、毎年9月に「〇周年フェア」を行ってきました。今年は「推し」をテーマに、よりコンセプトがはっきりとしたフェアとなっています。 そしてコンセプトだけ

            新潮文庫nex7周年フェア「推せる!新潮文庫nex」がスタートしました!

            新潮文庫nexの今月の新刊は、知念実希人さんの「天久鷹央」シリーズ最新刊『久遠の檻 天久鷹央の事件カルテ』、新潮文庫nexが今年イチオシの三川みりさんの新シリーズ第1作『龍ノ国幻想1 神欺く皇子』、そして武田綾乃さんの「君と漕ぐ」シリーズの最新刊『君と漕ぐ4 ながとろ高校カヌー部の栄光』の三作です! この強力な新刊とともにはじまるのが、7周年フェア「推せる!新潮文庫nex」です。 今年のテーマはずばり「推し」。「天久鷹央」シリーズの天才女医・天久鷹央をはじめ、『ケーキ王子

            本日、『龍ノ国幻想』特設サイトがオープンしました!

              本日8月16日、新潮文庫nexの今年のイチオシ『龍ノ国幻想』の特設サイトが立ち上がりました!! こちらです! サイトの内容をご紹介します。 ①『龍ノ国幻想』のここがすごい 本作のキーポイントをまずご説明。 ②あらすじ いったいどんなお話なのか…あらすじをチェックしてみてください。 ③登場人物紹介 主人公の日織皇子をはじめとする魅力的な登場人物を、千景さんのイラストとともにご紹介します。 ④龍ノ国幻想の世界 央大地とは? 龍ノ原とは? その精緻な世界観を知るための

            新潮文庫nex、今年のイチオシ! 壮大なる令和のファンタジー『龍ノ国幻想』とは? 無料お試し版が今日から配信!

            2021年の新潮文庫nexイチオシ作品はこの一冊! 「シュガーアップル・フェアリーテイル」シリーズ、「一華後宮料理帖」シリーズなど人気作を多数手がける三川みりさんによる新シリーズの第1巻、『龍ノ国幻想1 神欺く皇子』が、いよいよ8月30日に刊行されます! イラストレーターの千景さんによるカバーに描かれた美しい人は、主人公の日織皇子。 日織が暮らすのは、巨大な龍の上に存在すると信じられている国・龍ノ原(たつのはら)。国を治める皇尊(すめらみこと)が崩御し、日織は皇位の座を