「ハイパーインフレ」が日本を復活させる

「ハイパーインフレ」が日本を復活させる

過去1世紀で 日本円の価値は およそ 1/3000に下がりました(゚o゚;;) 円の流通量が増えれば 1円当たりの市場価値が下がるのは 致し方ないところです 流通量が少なすぎると 2000円札のようにw 通貨としての機能を果たせません ビットコインが 通貨として役立たないのも 最初から 発行量の上限が 決まっているからです 通貨は 普及すればするほど 価値が下がり インフレになります 最強の米ドルも例外ではなく 半世紀前の 1/8程度の購買力で

スキ
2
なぜ「デフレ懸念」から「インフレ懸念」なの?

なぜ「デフレ懸念」から「インフレ懸念」なの?

長らくデフレが悪いと懸念され、日銀もデフレと戦ってきたのに、なぜ急に「インフレも懸念だ」となどメディアなどで言われるようになったのでしょうか? どちらも駄目なのでしょうか? デフレで物価が下がり続けるのは企業が投資したくなくなるのでよくないですが、インフレは一部の新興国で起こったように国に信頼がなくなるようなときだけが問題で、主要国ではそれほど問題にならないでしょう。 近年、日本では、デフレのために企業が設備投資をせずに、現金を積み上げてきました。しかし、昨年来のコロナ禍

スキ
1
AI社会始動か?(インフレからデフレへ?)
+3

AI社会始動か?(インフレからデフレへ?)

現在、米国ではインフレが進んでおりパウエル氏は一過性だと言っていたと思うのですが、なかなか解消されません。パウエル氏の再任は、政府が本気でインフレを解消することを考えているのだと思います。これでインフレが解消されるならいいのですが。日本でも最近、ガソリンやら灯油が高くなっているので、インフレを少し感じこともあると思います。そうなると輸送費が高くなりますので、商品も値上がりする可能性があります。 そもそも、なぜインフレなのかというと、コロナで引き篭もった人がなかなか出てこない

スキ
15
#消費税で社会保障は嘘でした  ネットでトレンドに。勘違いも。そもそも社会保障の財源は税ではない、現在は金本位制でなく「管理通貨制」なので、財政出動で貨幣が生まれる⏩経済危機下では、消費を回復するために消費税を減税することがもっとも重要だ!れいわ新選組の公約と同じだ!
+15

#消費税で社会保障は嘘でした  ネットでトレンドに。勘違いも。そもそも社会保障の財源は税ではない、現在は金本位制でなく「管理通貨制」なので、財政出動で貨幣が生まれる⏩経済危機下では、消費を回復するために消費税を減税することがもっとも重要だ!れいわ新選組の公約と同じだ!

【 #消費税で社会保障は嘘でした  ネットでトレンドに。勘違いも。そもそも社会保障の財源は税ではない、現在は金本位制でなく「管理通貨制」なので、財政出動で貨幣が生まれる⏩経済危機下では、消費を回復するために消費税を減税することがもっとも重要だ!れいわ新選組の公約と同じだ!】  なぜいま #消費税で社会保障は嘘でした がでてきたのか。国民感情として、これには、無論、経済低迷期の、安倍政権の消費税の5➠10%された中で、消費税増税されたのに社会保障負担は増え、内容も悪くなった。

スキ
6
わかりやすくインフレデフレ解説〜そしてもう1つのキーワードとは〜

わかりやすくインフレデフレ解説〜そしてもう1つのキーワードとは〜

今日はマネリテの基礎部分です。 インフレとデフレ、よく聞く言葉ですよね。 中学校くらいに習ってそのままという方も 多いかもしれません。 金融業界で働く方にとっては、当たり前な内容 かもしれませんが、聞き馴染みのない方に向けて 1つずつおさらいをしていきます。 インフレとはインフレーションの略です。 物の値段が上がり⤴️お金の価値が下がること⤵️ このコロナ禍でわかりやすい事例で説明します。 例えば、1箱300円で買えていたマスクが、 コロナ禍になり1箱3,000円にな

スキ
25
”スタグフレーション化”するサービス業

”スタグフレーション化”するサービス業

”スタグフレーション”とは最近「スタグフレーション」というワードを新聞やニュースでよく聞くようになった。 スタグフレーションとは”景気の停滞”を意味する「スタグネーション(Stagnation)」と”物価の上昇”を意味する「インフレーション(Inflation)」を組み合わせた造語であり、「景気が停滞した状態で物価だけ上昇している」ことを指す。1973年のオイルショックでの混乱がスタグフレーションの代表例である。 通常は、企業の業績アップで賃金が上昇し消費が刺激され、物価も

スキ
3
"上" が詰まっている相場。ー 上がりきらない「金利」と「株価」。
+4

"上" が詰まっている相場。ー 上がりきらない「金利」と「株価」。

 どうも米国債の「金利」が上がりきらない。  技術的には「利上げ局面」の「金利市場」 ー 「キャリー収益」と「MTM」(時価評価)のせめぎ合い。↓ (11/5)が大きい。  金利や国債トレーダーは専門用語として「イールドが下ってくる」「ロールダウン効果」という言い方をするが、現在の「利上げ局面」のような "順イールド" (期間の長い金利>短い金利)の状態だと、日が経つ毎に国債や金利スワップの「MTM」(時価評価)の金利が下がってくる。  例えば米国債1年は@0.15%、

スキ
11
物価は上がっているようだが・・(2)

物価は上がっているようだが・・(2)

先日の投稿「物価は上がっているようだが・・」では、仕入れなどの企業間の取引物価(卸売物価)は上がっているものの、消費者物価は上がっていない現状について取り上げました。その後も、この傾向がさらに拡大しているという情報が散見されます。 例えば、11月13日の日経新聞の記事「インフレと向き合う(下)値上げできない日本」では、次のように説明されていました(一部抜粋)。 ~~まるでワニの口のように企業物価と消費者物価の上昇率の差が開き、離れていく。これこそが日本経済が直面する苦悩だ

スキ
17
《気になるワード》

《気になるワード》

『スタグフレーション』《スタグフレーションとは》 賃金が上がらないにもかかわらず、物価が上昇するという厳しい経済状態 今のアメリカの様子がよくわかる、我那覇真子さんの動画を是非見てみて欲しいです。 cryptocoinchefさんの記事も参考になりました。 むやみに恐れず、まずは知ることから始めよう。

スキ
2
去年と同じ給料は減給と同じ!? アメリカの考え方

去年と同じ給料は減給と同じ!? アメリカの考え方

こんにちは、ナリです。 米消費者物価は6.2% 上昇し、31 年ぶり高水準となりました。 アメリカでは、去年に比べ ” 給料アップ “ がなかった人は、収入が減っている考えがあります。 今回は「去年と同じ給料は減給と同じ!? アメリカの考え方」を紹介します。 ぜひ、最後まで読んで頂けると嬉しいです!よろしくお願い申し上げます。 続きこちらへ

スキ
3