唐鎌大輔(みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト)

慶大経卒。JETRO、日本経済研究センター、欧州委員会などを経て現職。著書に『欧州リス…

唐鎌大輔(みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト)

慶大経卒。JETRO、日本経済研究センター、欧州委員会などを経て現職。著書に『欧州リスク: 日本化・円化・日銀化』、『ECB 欧州中央銀行: 組織、戦略から銀行監督まで』、『「強い円」はどこへ行ったのか』。所属学会:日本EU学会。※コメントは個人的見解であり所属組織とは無関係です

メンバーシップに加入する

為替市場を中心とした経済・金融分析を提供します。私が書籍を筆頭に様々なメディア(雑誌、テレビ、youtubeなど)で発信している殆どの主張はメンバーシップ記事で理解できるようにするつもりです。「サクッと簡単解説」のようなコンテンツを卒業された方(されたい方)や、それらと並行してより深く学びたい方にとって十分満足のできる内容を提供できればと思っています。 収益目的ではありませんので、プランは「分析記事、月5本で500円」の1本だけです(他コラムや剽窃防止等の観点から止む無く有料化することにしております。詳しくはnoteの公開記事をご覧ください)。筆者の記事は分量もありますので5本でも読みごたえは感じて頂けると思います。もちろん、筆者を知らないという方も多くいらっしゃると思いますから、初月は無料にいたします。 普段はプロを相手にお仕事をさせて頂く機会が殆どですが、国策として「資産運用立国」が謳われる中、自分の知見を何らかの形で還元できるのであれば嬉しいという思いもあります。読者の方々からのフィードバックなども参考にしながら、一緒に勉強させて頂ければと思います。

  • スタンダードプラン

    ¥500 / 月
    初月無料

マガジン

  • 日経COMEMO

    • 13,378本

    日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

最近の記事

トランプ発言について~円高とその解釈~

口実に使われた要人発言 17日欧州時間入り以降、ドル/円相場は急落を続け、18日東京時間には一時155円台前半まで急落しています。この材料は諸説あるようです。16日に配信されたブルームバーグのインタビューでトランプ氏が円安や人民元安の是正を訴えたことに加え、17日には河野太郎デジタル相がブルームバーグテレビジョンにおけるインタビューで円安抑制のために日銀に利上げを求めるような発言をしたことも円高材料になったという声が出ています: 実際、河野氏のインタビューは英語で実施され、

    • 株価「正真正銘のバブル超え」の読み方

      通貨安とセットで評価したい株高 7月に入り、日経平均株価指数が連日史上最高値を更新しています。バブル超えを達成し、史上初の4万円台到達などに沸いた2月末から3月初旬とは異なり、今回はプライム市場を中心とした上場企業の全体的な値動きを反映するTOPIX(東証株価指数)も1989年12月以来、約34年半ぶりに史上最高値を塗り替えており、「正真正銘のバブル超え」というフレーズがそこかしこに見られています: 日本株の上昇に関し、2月末のnoteの寄稿では「全てはインフレの賜物」と題

      ¥500
      • 問題は投機が去った後~円急騰について~

        投機の巻き戻しは予定調和 木曜から金曜にかけて円相場の急騰が報じられています。為替介入の有無について私はコメントする立場にはありませんので真偽は分かりませんが、日銀当座預金の資金需給動向から察するに3兆円規模で実施されたという見立てが多くなっています: まず契機は11日発表の米6月消費者物価指数(CPI)でこれは前年同月比+3.0%と市場予想の中心を若干下回る結果となりました。これに合わせて米金利とドルはまとまった幅で下がり、ドル/円相場も161円台から一時157円台前半ま

        • 米大統領選挙と円相場~現時点の解釈~

          パウエルFRB議長の議会証言は相応に9月利下げを保証するものでしたが、ドル/円相場は161円台で値固めするような動きが続いております。「初回利下げが織り込まれても161円台」は日本人にとって重い事実に感じます: https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN0907M0Z00C24A7000000/ この点、結局、金利ではなく需給環境を分析すべきなのでは?という視点は本noteでも繰り返している通りですが、先般お伝えの通り、この点に関する筆

          ¥500

        トランプ発言について~円高とその解釈~

        マガジン

        • 日経COMEMO
          13,378本

        メンバーシップ

        • 正真正銘のバブル超えをどう読むか?

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 新刊「弱い円の正体 仮面の黒字国・日本 」

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 上半期レビュー&貯蓄から逃避

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 欧州委員会の財政是正措置

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 正真正銘のバブル超えをどう読むか?

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 新刊「弱い円の正体 仮面の黒字国・日本 」

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 上半期レビュー&貯蓄から逃避

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 欧州委員会の財政是正措置

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          株価「正真正銘のバブル超え」の読み方

          通貨安とセットで評価したい株高 7月に入り、日経平均株価指数が連日史上最高値を更新しています。バブル超えを達成し、史上初の4万円台到達などに沸いた2月末から3月初旬とは異なり、今回はプライム市場を中心とした上場企業の全体的な値動きを反映するTOPIX(東証株価指数)も1989年12月以来、約34年半ぶりに史上最高値を塗り替えており、「正真正銘のバブル超え」というフレーズがそこかしこに見られています: 日本株の上昇に関し、2月末のnoteの寄稿では「全てはインフレの賜物」と題

          株価「正真正銘のバブル超え」の読み方

          米大統領選挙と円相場~現時点の解釈~

          パウエルFRB議長の議会証言は相応に9月利下げを保証するものでしたが、ドル/円相場は161円台で値固めするような動きが続いております。「初回利下げが織り込まれても161円台」は日本人にとって重い事実に感じます: https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN0907M0Z00C24A7000000/ この点、結局、金利ではなく需給環境を分析すべきなのでは?という視点は本noteでも繰り返している通りですが、先般お伝えの通り、この点に関する筆

          米大統領選挙と円相場~現時点の解釈~

          遂に動き出した家計~貯蓄から逃避~

          資産運用立国:鮮明になる効果と副作用 6月27日、日銀より2024年3月末時点の資金循環統計が公表されました: 定期的、本noteではチェックを続けてきたデータであり、類似テーマも再三議論して参りました: 最近ではこちらも多くの方にお読み頂きました: 今回も類似論点として「家計の円売り」を議論したいと思います。結論から申し上げれば、まだ断言できる段階には無いものの、日本の家計部門の投資行動に関し「いよいよ動き出した」という印象は抱かれます。 以下、上記日経記事にも引用

          円の現在地~24年上期の振り返り~

          正真正銘の最弱通貨 早いもので本日から2024年も下半期に入ります。というわけで、2024年上半期を終えたところでの円の現在地を整理しておきたいと思います。 結論から言えば、円の現在地は悲惨な状況と言わざるを得ません。今回のnoteでは対ドルの変化率に限らず、実効相場や他通貨の動向も踏まえながら、今の円がどういった場所に立たされているのかを示したいと思います。これは前回のnoteでも強調しましたが、ドル/円相場の話ばかりしても見えてこないものがあります。多くの方に読んで頂き

          EUによる財政是正措置勧告~フランス極右政党 vs. 欧州委員会~

          前回のnoteではフランス政局と金融市場について、QA方式で事実の整理を行いました。今後は財政規律を巡って欧州委員会とフランス極右議会の対立が市場の焦点となる可能性もあります。とりわけ先週、欧州委員会が7つの加盟国に対して財政是正措置勧告を出したことが話題になりました。「これは一体どういうニュースなのか」という照会も頂きましたので、今回簡単に説明します。 ※なお、メンバーシップは通常月5本ですが、今月はオマケで6本ということにて・・・(お約束しているので減ることはないですが

          EUによる財政是正措置勧告~フランス極右政党 vs. 欧州委員会~

          フランス政局と金融市場に関するQ&A~5つの視点で整理~

          既報の通り、現在の金融市場では俄かにフランス政局の行方が材料視され始めています。元々、EUから帰任し、マーケットに入り、直ぐに欧州債務危機が起きて、そこから色々なところに使って頂けるようになった筆者としては「懐かしい」という雰囲気を覚えます。恐らく少なくない市場参加者もそう感じているのではないかと察します: 簡単に今起きていることをQ&Aにしてまとめさせて頂きました。いつもとは毛色が違いますが、注目度は高いと思いますのでご参考頂ければ幸いです。

          フランス政局と金融市場に関するQ&A~5つの視点で整理~

        記事

          短観に透ける現状~円安の明暗~

          日本経済の現状を綺麗に映した短観 7月1日、日銀が発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)は今の日本経済の現状、より具体的に言えば円安の影響を推し量る上で非常に象徴的な結果になりました。以下で私なりに気になったポイントを挙げてみたいと思います。 なお、これまで無料記事もメンバーシップ記事も日経COMEMOに一応挙げていましたが、今後は日経COMEMOに挙がるものは全て無料のものだけという仕切りにいたします。過渡期ゆえ、両方に告知しておりました。これでより分かりやすい整

          新刊「弱い円の正体 仮面の黒字国・日本」

          今回はお知らせです。7月9日、日経BP社より「弱い円の正体 仮面の黒字国・日本」を刊行させて頂く運びとなりました。大変ご好評を頂いた前著「『強い円』はどこへ行ったのか」から約2年経ちましたが、その続編という位置づけになります。 今回もテーマは「腐らない議論」です。前著の「はじめに」でもこの点を強調させて頂き、共感の声を沢山頂戴いたしました。「米国の雇用統計が〇万人だった」とか「FRBの利下げが何回ありそうだ」とか「日銀の利上げがいつありそうだ」とかなど、直ぐ変わるようなテー

          新刊「弱い円の正体 仮面の黒字国・日本」

          遂に動き出した家計~貯蓄から逃避~

          資産運用立国:鮮明になる効果と副作用 6月27日、日銀より2024年3月末時点の資金循環統計が公表されました: 定期的、本noteではチェックを続けてきたデータであり、類似テーマも再三議論して参りました: 最近ではこちらも多くの方にお読み頂きました: 今回も類似論点として「家計の円売り」を議論したいと思います。結論から申し上げれば、まだ断言できる段階には無いものの、日本の家計部門の投資行動に関し「いよいよ動き出した」という印象は抱かれます。 以下、上記日経記事にも引用

          ¥500

          遂に動き出した家計~貯蓄から逃避~

          ¥500

          円の現在地~24年上期の振り返り~

          正真正銘の最弱通貨 早いもので本日から2024年も下半期に入ります。というわけで、2024年上半期を終えたところでの円の現在地を整理しておきたいと思います。 結論から言えば、円の現在地は悲惨な状況と言わざるを得ません。今回のnoteでは対ドルの変化率に限らず、実効相場や他通貨の動向も踏まえながら、今の円がどういった場所に立たされているのかを示したいと思います。これは前回のnoteでも強調しましたが、ドル/円相場の話ばかりしても見えてこないものがあります。多くの方に読んで頂き

          ¥500

          隠れてない「隠れ円安」

          「隠れ円安」の意味 ドル/円相場が再び160円を突破し、注目度が高まっております。この点、「隠れ円安」というフレーズを紙面上で目にしました。厳密には6月19日付の日本経済新聞における「『隠れ円安』進行、英ポンド200円突破 及ばぬ介入神通力」と題した記事がそれです: 調べて見ると、この「隠れ円安」という言葉は2023年11月および今年2月にも登場しており、周囲でも耳にすることが何回かありました。認知度は相応に高いようです。しかし、「隠れ円安」と表現すると仰々しく聞こえますが

          日本、米財務省「監視リスト」復帰の読み方~杓子定規の結果~

          為替政策報告書と監視リスト復帰 先週来、ドル/円相場は騰勢を強め159円台で推移している。FRB高官発言を受けて利下げ観測が後退していることが主たる材料であるものの、6月20日に米財務省より公表された為替政策報告書で日本が1年ぶりに「監視リスト」に復帰したことを円安材料と指摘する声も見受けられます: 米財務省は監視リスト対象になった国を含め、為替政策報告書では以下のような国々に関し、独自の基準をベースにして分析を進めております: しかし、実態を見れば見るほど、そのような解

          日本、米財務省「監視リスト」復帰の読み方~杓子定規の結果~

          EUによる財政是正措置勧告~フランス極右政党 vs. 欧州委員会~

          前回のnoteではフランス政局と金融市場について、QA方式で事実の整理を行いました。今後は財政規律を巡って欧州委員会とフランス極右議会の対立が市場の焦点となる可能性もあります。とりわけ先週、欧州委員会が7つの加盟国に対して財政是正措置勧告を出したことが話題になりました。「これは一体どういうニュースなのか」という照会も頂きましたので、今回簡単に説明します。 ※なお、メンバーシップは通常月5本ですが、今月はオマケで6本ということにて・・・(お約束しているので減ることはないですが

          ¥500

          EUによる財政是正措置勧告~フランス極右政党 vs. 欧州委員会~

          ¥500

          フランス政局と金融市場に関するQ&A~5つの視点で整理~

          既報の通り、現在の金融市場では俄かにフランス政局の行方が材料視され始めています。元々、EUから帰任し、マーケットに入り、直ぐに欧州債務危機が起きて、そこから色々なところに使って頂けるようになった筆者としては「懐かしい」という雰囲気を覚えます。恐らく少なくない市場参加者もそう感じているのではないかと察します: 簡単に今起きていることをQ&Aにしてまとめさせて頂きました。いつもとは毛色が違いますが、注目度は高いと思いますのでご参考頂ければ幸いです。

          ¥500

          フランス政局と金融市場に関するQ&A~5つの視点で整理~

          ¥500

          貿易収支の近況~鉱物性燃料がなくても・・・~

          今回は珍しく指標解説のような記事も入れてみたいと思います(そういうのもたまには、という声もいただきましたので)。早押しクイズ的で賞味期限の短い記事はあまり好みではないですが、メンバーシップ外の記事として、また、備忘録として残しておきたいと思います。 今朝、財務省から本邦5月貿易収支が発表されました。収支は▲1兆2212億円と2か月連続の赤字で、水準としても4か月ぶりに1兆円台に乗りました: 輸出に関しては自動車や半導体製造装置、半導体等電子部品が軒並み前年比で2ケタの伸び

          貿易収支の近況~鉱物性燃料がなくても・・・~

          機関投資家級の存在としての家計~「皆やってるから」の破壊力~

          遂に2023年通年分を超えた「家計の円売り」 依然、円安相場が収束する兆しが見えてきません。こうした中、日経新聞からはオルカンを槍玉に上げるような記事も出てきました: 実際、どれほどの規模に達しており、それが示唆する未来としてはどのような展開が考えられるのか。今回の本欄で考えてみたいと思います。財務省統計から明らかになっている数字は「凄まじい」の一言に尽きます。

          ¥500

          機関投資家級の存在としての家計~「皆やってるから」の破壊力~

          ¥500

          FOMCを終えて~中立金利上昇と円安~

          利下げは最速で9月開始、遅くとも12月に着手 既報の通り、6月11日から12日かけて開催されたFOMCは現状維持を決定しました。簡単に備忘録として私の基本認識をまとめておきます。今回は目先のお話ゆえ、誰でもお読み頂ける記事です: メンバーによる政策金利見通しは年内利下げ回数(予想中央値)に関し、従前の3回から1回へ下方修正されています。6月7日の米5月雇用統計が強含んだことからこうした織り込みは既に進んでいました: しかし、FOMC直前に発表された米5月消費者物価指数(C

          対内直接投資に死角は無いのか~GDP vs. GNI~

          対内直接投資促進の「負の側面」 ドル/円相場は高値圏で一進一退を繰り返しながらも、依然、円安局面を脱死とは言えない地合いが続いております。米5月CPIはとりあえず加速せずに済んだものの、FRBの利下げ期待が増し、円高は進んでいるものの、「まだ150円台か」という思いを抱く向きも多いのではないかと察します: かかる状況下、本noteでは円安を新常態と捉えた上で円安抑止の処方箋に関して思索を巡らせてきました。その際、やはり王道としては対内直接投資の促進が期待されると強調してきま

          ¥500

          対内直接投資に死角は無いのか~GDP vs. GNI~

          ¥500