唐鎌大輔(みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト)

04年慶大経卒。JETRO、日本経済研究センター、欧州委員会(EU本部)などを経て08年10月より現職。著書に『欧州リスク: 日本化・円化・日銀化』、『ECB 欧州中央銀行: 組織、戦略から銀行監督まで』。所属学会:日本EU学会。※コメントは個人的見解であり所属組織とは無関係です
    • 日経COMEMO
      日経COMEMO
      • 7451本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

続・ブレグジットQ&A~結局どうなったのか?~

ブレグジット関連のレビュー、Q&A 下記のnoteで英国のEU離脱(ブレグジット)についてQ&A方式で論点整理を行ったところ、多くのご好評を頂きました: あれから2週間が経過…

人民元が上昇している理由~ファンダメンタルズの理解~

騰勢を強める人民元の今  米国の政治情勢を巡るヘッドラインが騒がしくなっています。金融市場でもこれに右往左往する時間帯が増えてきているように感じます。為替市場で…

ブレグジットQ&A~今、何が起きて、起こりそうなのか?~

改めて整理する英国のEU離脱(ブレグジット)の現状と展望  金融市場の注目は米国大統領選挙は元より、トランプ大統領の新型コロナウイルス感染も相まって米国政治情勢へ…

バイデン大統領で為替市場はどうなるのか? ~バイデントレードの対象は・・・~

トランプ感染に市場の焦点も定まらず 米大統領選挙まで1か月を切りました。金融市場の関心はもっぱら新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の容態に集中している印…

日銀短観(9月調査)に思うこと~業況よりも気になる業績そして投資計画~

業況よりも業績が心配 東京証券取引所のシステム障害並びに終日取引停止に隠れてしまいましたが、10月1日には日銀短観(9月調査)が発表されました。目線が逸れてしまった…

「越冬リスク」を前に売られた「金」~絶対的な安全資産と言えず~

不安材料が満載 9月下旬に入り、金融市場では数々の不安材料が多発し、リスクオフムードが支配的となりました。英国でロックダウンが再開されるとの一報を皮切りに欧州にお…