引き継ぐ、続ける、終わらせない。

娘(小4)が「ママ、”おもしろしりとり“しようよ」というので乗っかってみました。

ルールを決める

ただのしりとりではなく、おもしろい言葉にしなければいけないという謎の縛りだったので、単語では難しいため、文章でやっていくことに。

でも、

”おもしろい“って何だ?!

ウケを狙おうとすると面白くできないんですよね。

面白いって何だろ・・・・

結構真剣に考えて、こういう作戦をとることにしまし

もっとみる
スキありがとうございます!
3

ホンモノのSLを運転してきました❗️(真岡鐵道D51運転体験会)

栃木県の下館から茨城県の茂木までを走る真岡鐵道は、蒸気機関車のC12 66が週末を中心に走っています。

C12とは別に真岡駅のキューロク館には、9600形、D51と2台の蒸気機関車が保存されていて、展示線をエアコンプレッサの圧縮空気で動くよう復元されています。

12月のぶったるんだ平日。ワタシも先日行われた運転体験会に参加してきました。

YouTube動画は、こちらです→ https://y

もっとみる
ありがとうございます!
7

蒸気機関車SLの夢

あれは、はるか昔の子供の頃だった。
冬の寒い夜、布団の中で丸くなっていると、遠くの方から夜行列車の走る音が聞こえた。
もの悲しい余韻を残して響く汽笛「ボォォォ~・・・」。
寒気を切り裂くような蒸気音・・・
連結客車の車輪が、線路の継ぎ目を叩くリズムカルな音。
夢のような遠い幻だ。

その幻が、観光列車として各地を走っている。
郷愁の匂いに満ちたあのSLに、新春と共に会いに行こう。

もっとみる

JR武豊線と旧国鉄武豊港駅転車台

旧国鉄武豊港駅転車台は、当駅隣接地で操業していた旧ライジングサン石油の油槽所へ貨車を出入させるための転車台である。
衣浦湾に面する旧武豊港駅構内に残る貨物用の転車台。長さ7.3mの上路式のプレートガーター2基を各中央部で直交させ、中心の半球形支承と桁両端の車輪で受ける。
貨車の方向転換を効率的に行うために考案された全国的にも残存例の少ない直角2線式転車台。
所在地: 〒470-2512 愛知県知多

もっとみる
今後ともよろしくお願いします。
3

【京都鉄道博物館に行った_4終】SL(梅小路蒸気機関車館)

こんにちは、Nomです!

今回の記事は、「京都鉄道博物館」に行ってきました!
【京都鉄道博物館に行った】シリーズにして、全4回の記事にします。
第1弾は「梅小路京都西」を、

第2弾は「博物館の中の展示にまつわる話」を、

前回、第3弾は「期間限定だったプラレールのイベント」について記事にしてきました。

今回の記事は、最後の第4弾になります。

博物館に展示されていたものは、現役時代に実際に見

もっとみる
せーの、イイね👍
4

秩父鉄道SLパレオエクスプレスのラストランにたまたま立ち会えた話

・乗り物推し

我が家の2歳児はずり這いを始めた頃からだろうか、とにかく車輪の付いたおもちゃを好んだ。ブロックの車輪部品だけを延々と転がし続け、それを床に這いつくばって眺めるのが日課。その趣向は1歳を超え2歳を超えても変わらず、今では立派な乗り物好きに進化した。「はたらくくるま」「プラレールの歌」がテーマソングで、トイザらスに行くともっぱらトミカとプラレールから離れない。家の中にはトミカとプラレー

もっとみる
フォローもお願いします🙏
4

ちょっと、てっぱくに。

この日、新幹線を大宮で降りて鉄道博物館に向かった。

少し写真が暗くなっているのが申し訳ないところ。一応私が使っているカメラは、CanonのEOS Kiss X8iである。ちなみにこの写真は2年ほど前のもの。

こうしてみるとC57がさらに映える気がする。

ファイルサイズの都合、お見せできるものがあまりなかったのが残念。こうして見てみて一番思うのは、こういう博物館の照明はものすごく工夫されてるん

もっとみる

道の駅あらかわ・鈴ひろ庵

訪れた日:2019年11月25日

2005年に秩父市と合併した旧荒川村地域にある道の駅で「農村村役場」という愛称で親しまれています。全長173kmに及ぶ荒川の上流にあたる旧荒川村は同名ということで東京都の荒川区と姉妹都市として提携していました。
この地域には鍾乳洞やダムの他、蒸気機関車「パレオエキスプレス」が運行しています。

SL・パレオエキスプレスの名称は天然記念物に指定された「古秩父湾堆積

もっとみる
ありがとうございます🐎
64