動き始めたZ世代:社会変革と教育の意味

動き始めたZ世代:社会変革と教育の意味

もうすぐ衆議院選挙が公示されますね。 皆さん、どれくらい関心を持っているでしょうか。 これから、世の中は確実に変わっていきます。 いや、世の中はいつも変わっていっているのですが、 人は、・・・特に日本人は、変化ではなく、 できるだけ「同じことが安定的に繰り返される」ことが好きなので、 「いつも変化している」という現実を見過ごしやすいです。 しかし、変化していますよね。 いま、テレビなどで昭和の時代の何げない映像を見ると、 「よくこんな生活していたな」と思います。 つまり

スキ
11
ビー玉社会

ビー玉社会

 人間の言動を改めさせるには飴か鞭が必要不可欠である。しかし学校教育の現場において、生徒に体罰(鞭)を加えることは禁じられている。  その結果として「いじめ」や「学級崩壊」が横行しているとまでは言えないが、心身ともに未成熟な生徒に対して内発的動機付けによる矯正を促すには限界があり、何らかの外発的動機付けが必要になると考えられる。  そこで、何らかの報酬(飴)を継続的に生徒に与え、問題を起こした場合に没収するという制度が有効だと考えられる。無論、無尽蔵に湧き出る飴など存在し

スキ
2
#BTS #Butter からの #Permission to Dance

#BTS #Butter からの #Permission to Dance

おりしも、日大の不正理事が逮捕されたというニュースがありました。なんども改革しようとしてきたわけですが、日大理事会組織は教育者が学生に不正を強いていた理事を変えることなく、結局、事件、逮捕となりようやく解決の可能性が出てきました。そんな「大人」や「既存」の組織や世界からの反省を込めて、、、です。 BTS、ただのアイドルだったはずですが、今や世界の若者の声の代弁者を経て、さらには指導役になってます。 過去、韓国でも、なぜBTSが世界でこんなに人気が出たのか、「研究」されまし

スキ
8
【自分の仕様を視覚化する】デザイン思考で上げる自己肯定感と牽引力(後編)
+1

【自分の仕様を視覚化する】デザイン思考で上げる自己肯定感と牽引力(後編)

前回はデザイン思考を応用して、自己肯定感を上げたり、時代に相応しいリーダーシップを獲得、発揮する目的でオリジナルに制作、実践中の「自画(自我)自賛のススメ!ワークショップ」についての前編でした。今回はその続きのお話し、後編をお届けします。 創造的な“開き直り”で獲得する楽観力 自己肯定感が上がらない要因として「自分に対する客観的理解と納得の欠如」と「自分と世界との関わりに対する認識の欠落」の2つを挙げていました。前回は1つ目の課題に対し、自分の個性を炙り出し納得するワークを

スキ
9
まだ「愚」が足りないらしい
+1

まだ「愚」が足りないらしい

ここ半年ほど取り組んできた「生き方」に、ひとつの結果がでました。 弊社で起業をしていただくことが井ノ上様の実現したい社会づくりに向けて最善であるかという観点で慎重に検討させていただいた結果、誠に勝手ながら今回はご期待に添いかねる結論に至りました。 選考会で発表いただいた社会問題は、弊社としても今の社会にとって必ず解決を目指す必要があると共感いたしました。今後は、いい社会を実現する仲間として、採用担当一同心より応援しております。 改めまして、この度は数ある選択肢の中から弊社で

スキ
6
コミュニティ・オーガナイジング ほしい未来をみんなで創る5つのステップ/鎌田華乃子
+3

コミュニティ・オーガナイジング ほしい未来をみんなで創る5つのステップ/鎌田華乃子

昨夜、オンラインイベント「サーキュラー・エコノミーの展望と実践者たち(crQlr Meet up ! vol.0)」を開催した。11人のゲストに登壇いただき、3部構成で、循環型の社会の実現に向けて、僕らがどうしていけばよいかを話し合った。200人を越える応募があったので(通常より1.3-1.7倍くらい多い)、サーキュラー・エコノミーへの関心が感じられた。 登壇者のひとり、草木染めランジェリーブランド"Liv:ra(リブラ)”を展開する小森優美さんが「誰かのせいにしたり、誰か

スキ
25
SDGsに本気でコミットする組織が養うべきGMSとは?(最新のリーダーシップ研究より)
+7

SDGsに本気でコミットする組織が養うべきGMSとは?(最新のリーダーシップ研究より)

国連が定める持続可能な開発目標「SDGs(エスディージーズ)」。もうすっかりお馴染みですね。新聞記事や広告、すれ違う人の胸元のバッジなど、その言葉やロゴを目にしない日はないくらいです。 少しおさらいすると、SDGsとは、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和で豊かに生きることを目指す行動を呼びかけるもの。目標を定めた国の政府だけでなく、企業、自治体、国際機関、個人などが協力し合って達成を目指すものとされています。 SDGsの「S」であるサステナビリティーと

スキ
17
8月案内:オンライン公開研究会8/19  午前10:30~正午頃 「 地域活性化/ローカルベンチャー(起業)の挑戦:   北海道、厚真町からの事例報告   」

8月案内:オンライン公開研究会8/19  午前10:30~正午頃 「 地域活性化/ローカルベンチャー(起業)の挑戦:   北海道、厚真町からの事例報告   」

 厚真町に移住し起業する人が増えています。町がバックアップし、 地域に新しい息吹をもたらすローカルベンチャーの好事例です。  今回は3事例の報告を中心に、成功の秘訣や課題などインタビュー しながら現地と繋いで、オンライン公開研究会として開催します。  参加希望の方は、以下に申し込みください(無料)。  *申し込み後、前日にアクセス案内をお知らせします。 https://docs.google.com/forms/d/1ykQ5_KKU7Q-Ki52Wp5hURreQghvh2

スキ
1
個の時代とは、個人がたった一人で闘う時代という意味ではない。

個の時代とは、個人がたった一人で闘う時代という意味ではない。

社会の様々な課題に接し、あるいは、社会を変えていく人々の活躍を目にし自分にも何かできないか?と、誰でも一度は思ったことがあるのではないだろうか。  自分ができることはないのかと立ち止まったあなたそんな時に大事なのが、小さな一歩を踏み出すということです。大きなことでなくてもいいのです。小さな一歩を踏み出せば、小さな変化が自分に起こります。失敗しても大したことないという学びもあり、成功すればより大きな一歩を踏み出す勇気に繋がっていきます。 世の中のおかしな事、ひずみやゆがみに

スキ
104
オリンピックより何倍も楽しいイベントに参加しませんか?
~VIPにサヨウナラ

オリンピックより何倍も楽しいイベントに参加しませんか? ~VIPにサヨウナラ

東京2020 オリンピックが始まろうとしています。 これまでのオリンピックの歴史の中で、今回の東京大会ほど盛り上がりに欠ける大会はなかったかもしれませんね。 私たち人間は、パンデミックによって引き起こされた様々な苦難と、オリンピック開催までの紆余曲折の経験から何を学ぶのでしょうか? 既得権益の伝統をこのまま継続するのか、それともそれを打ち破って新しい時代が求める新しい伝統を創り出すのか? 私たちはそれを問われている、そんな気がしてなりません。 オリンピックといえば

スキ
1