《4コマ漫画》実録!子育てシェア活用術#004 パパ、シェア友を頼ってみた

家族ぐるみでお付き合いのあるご近所さん同士のお話です。遠くの親戚より近くの他人、普段から仲の良い間柄で「ちょっとウチの子お願い」と言える関係だったそうです(うらやましい!)。

でも、相手のご迷惑にならないかしら、お礼にお菓子も準備しなくちゃ、と心配も尽きないわ・・・と思っていた奥様。たまたま、共助アプリ「子育てシェア」の記事を見つけて、さっそく夫婦で調べてみたんですって。

いざというときに保険

もっとみる
スキ♡ありがとうございます!フォローも踊って喜びます♡
2

【記事備忘録】
ソーシャル・チェンジをもたらすアーティストが必要な理由

https://jp.weforum.org/agenda/2019/08/so-sharu-chenjiwomotarasua-thisutoga-na/

Art for social change(ASC):
作品そのものではなく、社会に変化をもたらすためのプロセス/社会問題の解決を評価する新たなアプローチ方法

スキありがとうございます!フォローもしていただけると大変有難いです!
4

学生もシビックテックしようぜ! 〜 新たな「社会参加」

みなさん、はじめまして! Code for Japan 学生インターンの渡邊響です。私が東京都のコロナ対策サイトを知り、シビックテックと出会ってから、早いもので5ヶ月が経ちました。今回はこの5ヶ月間を振り返り、学生シビックテックの秘める可能性をお話していきたいと思います。

強大なる敵 COVID-19 を前にして

今年の初め、COVID-19が世界的に流行を広げる中、私は既に疲れていました。T

もっとみる
00:00 | 00:30

[パーソナリティ]木原優佳 / 伊藤恵 / 相馬素美(IDEAS FOR GOOD編集部)

今月も、IDEAS FOR GOOD編集部が1か月のニュースをゆるゆると振り返ります。編集部新メンバーの紹介や、IDEAS FOR GOODを運営するハーチ株式会社オフィスのミュージアム化計画など、普段記事では読めない裏話も話しています。

【関連記事】観客は観葉植物。新型コロナ禍でバルセロナのオペラハウ

もっとみる

《4コマ漫画》実録!子育てシェア活用術#003「あなたはひとりじゃない」

今から75年前、1945年の8月6日、広島市上空で原子爆弾が投下されました。本日8月6日は、広島平和記念日です。戦争はもちろんのこと、自分や友達や家族の平和、公共の平和、貧困、虐待、殺処分・・・広い意味で平和を考える日でありたいですね。

育児放棄や虐待により子どもが命を落とす、あまりに悲しいニュースも後を絶ちません。

行政や児童相談所、さまざまな取り組みが改善に図っていますが、地域ぐるみの頼り

もっとみる
スキ♡ありがとうございます!フォローも踊って喜びます♡
7

アフリカの難民キャンプで働く

今年の2月まで、NGO職員として3年ほどアフリカの難民キャンプで教育支援の仕事をしていました。難民キャンプで仕事するってどんな生活なのか。真面目な仕事編はまた追って書くとして、今日はゆる~く僻地生活編。

働いていた場所

ケニア北西部カクマ難民キャンプという場所と、ウガンダ北部いくつか難民居住地で働いていました。
どちらも主に南スーダンからの難民を受け入れています。

アフリカと一口に言っても、

もっとみる

ソーシャルセクターデザイン講座5回目「クラウドファンディング」を終えて

8月1日はいよいよ終盤「クラウドファンディング」の話をキャンプファイヤーの社会の問題と向き合うクラウドファンディングプラットフォーム「Good Morninng」の早川彩紀さんにお話ししていただきました。

早川さんとはオンラインでしかお会いしたことないのですが、いつも気さくな方で、今回のプレゼンもとてもわかりやすかったです。

最初に「クラウドファンディングを活用したことあるか?支援、主催共に」

もっとみる

7月のnoteコラム記事をまとめました。

7月のコラム記事です。

★★★★★
S.C.P. Japan関連のウェブサイト、Twitterです。

Twitter
S.C.P. Japan
共同代表 野口亜弥 、井上由惟子

もっとみる
嬉しいです!
1

週90時間健康体で働くために私がやっている5つのこと。

こんにちは。
虐待ビジネスを展開している株式会社RASHISAの岡本と申します。

タイトルが気になってこちらに訪れた方が多いでしょうか。

90時間

これが他の起業家と比較した際に多いのか少ないのかは分かりません。

でも私としてはまだまだやれるなぁという感覚です。
というのも私が健康体でお仕事できているからです。

では、なぜ健康体でお仕事できているのか。
私が意識的にやっていることをまとめ

もっとみる
ありがとうございます!
13

「HEROsホームページからの問い合わせで始まった」 女子フットサル・臼杵深徳選手が語る社会貢献活動のはじめ方

※これは、HEROs公式サイトで掲載された記事を転載したものです。

7月25日、女子フットサル・臼杵深徳選手(バルドラール浦安ラス・ボニータス所属)が、NPO法人Being ALIVE Japan主催の「長期療養のこどもとアスリートが交流できるオンライン事業」に参加し、はじめて社会貢献活動を行なった。

このイベントは、オンラインを通じ、長期療養児やその家族とアスリートが交流するという主旨の活動

もっとみる
嬉しいです!
30