みわよしこ

フリージャーナリストで、大学院博士課程院生で、障害当事者で、保護猫延べ6にゃん(うち4…

みわよしこ

フリージャーナリストで、大学院博士課程院生で、障害当事者で、保護猫延べ6にゃん(うち4にゃんは既に天国にいます)の「猫のおかあさん」です。近年は社会保障が専門だと思われていますけど、雑食性です。サイエンスとテクノロジーが好物です。

マガジン

最近の記事

ALS女性嘱託殺人の地裁判決がすべて出たので、気になる点をメモ

 2019年に京都市で発生したALS女性嘱託殺人の地裁判決3件が、2024年3月時点ですべて出されています。まずは判決文を読むことから始めるしかないわけですが、読めば読むほど頭の中が「?」でいっぱいになっています。  気になる点を、とりあえずメモしておきます。 事件と判決内容は?(明らかになった順) 2019年11月(嘱託殺人)、医師Aおよび元医師BはALSに罹患した京都市の女性Cさん(当時51歳)に依頼され、Cさんを致死量の鎮静剤で殺害。Cさんからは、事前に医師らに対し

    • それでも私が、いなば食品のキャットフードを買い続けようと決めた理由

       このところ、「チャオ」「ちゅーる」をはじめとするキャットフードで有名な「いなば食品」が、劣悪な労働条件や同族経営などの問題で批判されています。  一連の批判報道や世論の動きを見たのか、一部スーパーでは同社製ペットフードの取り扱いを縮小する動きもあるようです。また、猫と暮らす方々の中には、同社キャットフードの購入を止めた方もいます。  2匹の猫と暮らす私は、考えた末、これまで通りに購入することにしました。 労働条件の問題は?  一連の批判の発端となったのは、寮があまりにも

      • 博士学位を持っている私が、学歴詐称に関して思うこと。

         大リーグで活躍する日本人選手の通訳を務めていた人物が、米国の大学への在学を詐称していたとして話題になっています。私は正直なところ、それほどの大問題とは感じません。 学歴へのイメージは人それぞれ  出身大学や在学していた大学として示される大学の名称に何を感じるかは、人にも場面にもよるものではないでしょうか。  話題の通訳氏に関していうと、「野球選手の専属通訳という特殊な業務を長年にわたって務めていた」という実績がありますから、どこの大学を出ていようが出ていなかろうが無関係

        • 読書メモ 図書館で借りた本(2024年3月11日返却)

          ニール・ソンプソン,杉本敏夫訳. (2004). ソーシャルワークとは何か. 社会保障や社会福祉が、制度としては日本に比較的近い英国でのソーシャルワーク論。2000年前後の英国の状況が理解できるという意味でも有用。詳細こちら。 https://amzn.asia/d/cdv8Dwa ダレン・マクガーヴェイ , 山田 文 訳. (2019). ポバティー・サファリ イギリス最下層の怒り. スコットランドの貧困地域で、貧困・暴力・ドラッグ・精神疾患などの重なる環境で育ち

        ALS女性嘱託殺人の地裁判決がすべて出たので、気になる点をメモ

        マガジン

        • つれづれにつぶやいてみる
          108本
        • 福祉と社会保障に関する覚書
          62本
        • 私は、猫のおかあさん
          6本
        • みんなで科学
          15本
        • 「大学」って何なんだ?
          15本
        • 大学と研究に関するメモ
          17本

        記事

          読書メモ ソンプソン『ソーシャルワークとは何か』(日本語訳 2004年)

          本記事で取り上げる本 ニール・ソンプソン,杉本敏夫訳. (2004). ソーシャルワークとは何か. https://amzn.asia/d/1sHUouZ 日本で出来ない理由とは?  英国で刊行されたソーシャルワークの教科書的書籍。訳者(杉本敏夫氏)あとがきが強烈です。  そこで、米国型ではなく英国型のソーシャルワークに関する本書が翻訳されたわけです。 ソーシャルワークは保守かつ革新であることができる  ソーシャルワークには、自らの価値観に基づいて専門的な判断を

          読書メモ ソンプソン『ソーシャルワークとは何か』(日本語訳 2004年)

          命を救えるのはお金? それとも?

           2020年の年明けとともに始まった日本のCovid問題は、平時なら救われるはずの命が非常時には救われないかもしれないという事実を明らかにしました。それから2024年3月に至る現在までの約4年間、私の人間関係の範囲だけでも、命と生き死にをめぐる数多くの出来事がありました。  私にとって最も意外だったのは、「世帯の収入や資産が、いざという時の生き死にを大きく左右しているわけではないようだ」ということでした。 「お金があれば命が救える」という事実は、先進国にはなさそう(ただし米

          命を救えるのはお金? それとも?

          二本松泰子さん ー 被虐待歴を書籍として世に問い、そして消えたライター

          「二本松泰子」とは?  二本松泰子さんという、将来を嘱望されていたライターがいました(研究者の二本松泰子さんとは別人)。被虐待歴と自らの依存症からの回復を赤裸々に記事化し、35歳だった2001年には単著『愛されない愛せない私』を上梓。内容と表現力が注目され、各種メディアに広く取り上げられました。そして、姿を消しました。 両親の願いは「その姓を捨てて」  書籍『愛されない愛せない私』には、二本松さんのご両親が「格式ある家である二本松家にふさわしい婿を迎える娘」として一人娘

          二本松泰子さん ー 被虐待歴を書籍として世に問い、そして消えたライター

          性的に「不適切な関係」と生活保護の、密接な関係

           2024年2月8日、1本のプレスリリースが、江戸川区ホームページでひっそりと公開されました。 江戸川区:2024年(令和6年)2月8日 生活保護事務を担当する区職員の不祥事  江戸川区には福祉事務所が3つあり、そのうち1つに勤務する20歳代の男性ケースワーカーが、2024年11月、担当する生活保護制度利用者(女性)と勤務時間中に「不適切な関係」を持ったということです。それ以上の詳細は、現在のところは公開されていません。  訪問調査がケースワーカーの業務の一つとなってい

          性的に「不適切な関係」と生活保護の、密接な関係

          2023年11月、ネパールで大規模な地震被害が発生しています

            2023年11月3日、ネパール西部で地震がありました。2015年の大地震以後では最大。死者150人以上、家屋倒壊25000軒以上と、相当の被害のようです。  翌日の11月4日、翌々日の11月5日は、世界の大手メディア各社の中には、国際ニュースで「ガザ情勢の次」程度の重みをもって報道していたところもありましたが、その後、あまり報道されなくなっています。  ネパールで活動する旧知の科学ジャーナリストにメールで様子を尋ねたところ、「被害は局地的ではあるものの家屋やインフラの被

          2023年11月、ネパールで大規模な地震被害が発生しています

          車椅子族(18年目)が「トランス身体障害者」に思うこと

           車椅子ゆえの不便をX(ツイッター)に綴っている人物(男性を自称していますけど、性別含め正体は不明)が、「実は歩けるのに車椅子を利用している”トランス身体障害者”」として批判されています。  本記事では、この件に関する違和感を短めにまとめてみます。 1.「立てる」「若干の歩行が出来る」としても、車椅子が不要とは限らない  車椅子を必要とする事情は多様です。電動車椅子族歴が18年目になる私自身、「こんな車椅子もあるのか」「こんな理由で車椅子ってこともあるのか」と未だに驚いて

          車椅子族(18年目)が「トランス身体障害者」に思うこと

          犬も歩けば棒に当たる。障害者が歩けば何に当たる? 書籍『障害のある人が出会う人権問題』で、だいたいわかる。

           法学者の杉山有沙さんから、ご共著の新刊『障害のある人が出会う人権問題』をご恵投いただきました。一読してみて「多くの方にとって、けっこう有用かも」と思いましたので、紹介します。平易だし、読みやすいし。   書籍情報は下からどうぞ(アフィリエイトリンク)。  なお、本記事において、私は「障害者」「健常者」という表現を使います。 「人権」というものの成り立ちと構成は、どうなっているの?  人権問題は、誰かの人権が尊重されていなかったり侵害されていたりする場面で発生します。その

          犬も歩けば棒に当たる。障害者が歩けば何に当たる? 書籍『障害のある人が出会う人権問題』で、だいたいわかる。

          遅ればせながら映画「Winny」を見て、感想のような自分語りのような

           2023年10月、映画「Winny」を見ました。プログラマの金子勇さんがP2Pファイル交換アプリ「Winny」を開発して公開し、広く利用されたものの著作権侵害幇助等の疑いで逮捕され、裁判を闘って最終的に無罪を勝ち取ったという実話に基づく映画です。  映画に対する私の評価は、85点(100点満点)。「問題なし」とは言わないけれども、見ることを強く推奨します。物語としてエンタメとして素直に楽しめるだけではなく、意識せずに使っているコンピュータとインターネットの技術について、何を

          遅ればせながら映画「Winny」を見て、感想のような自分語りのような

          京アニ放火事件公判の気になるポイント

           2023年9月、京アニ放火事件の公判が始まり、多数の報道が行われています。最も詳細がわかりやすいのは産経新聞さんかと。  現在のところは公判であからさまに焦点化されていないけれども、私が気になるポイントを、なるべく簡単にまとめてみようと思います。 0. 前提  私自身は、京アニ放火事件を起こされてはならなかった放火事件だと考えています。京アニ作品に対する特段の思い入れはなく、直接間接の知り合いが京アニ関係者にいるわけでもありませんが、理不尽な怨恨によって命を奪われる事

          京アニ放火事件公判の気になるポイント

          私(たち)はどう生きるか ー ただいま、ゆっくり再始動中

           2021年後半以後、広く読まれる媒体での仕事を激減させていましたが、ゆっくり再起動中です。  本記事では、「今後どうしていきたいのか」「この間どうしていたのか」を記してみます。 私(たち)は、どう生きるか  これまでと同様、猫たちのワンオペ養母として家庭を維持しながら(維持するために)、執筆と研究を中心に発信するでしょう。  並行して、他の方々の発信を助けることを仕事にしたいと考えています。 研究という2本目の柱  2023年3月、社会学で博士学位を取得しました。執

          私(たち)はどう生きるか ー ただいま、ゆっくり再始動中

          福岡県春日市の議会会議録、2022年度分ななめ読み

          本日は統一地方選後半。私が5~20歳までを過ごした福岡県春日市では、市長選と市議選が行われます。 というわけで。議会会議録を斜め読みし、選択のご参考になろうかと思われる部分を抜粋します。 春日市のまだ選挙行ってない皆様、もう投票を済ませた皆様、もちろん春日市民ではない皆様、ご参考にしてくださいませ。 市長選より市議選に期待 今回は市長選も行われ、3名の方が立候補されています。現市長が当選すると7選目になります。もちろん、多選に伴うさまざまな問題があります。 私はむしろ、市

          福岡県春日市の議会会議録、2022年度分ななめ読み

          生活保護の支給に関係する事件を理解するための5つのポイント

          2022年11月、堺市の30歳代男性が同じアパートに住む60歳代男性を死なせた事件は、2人が生活保護を利用していたことから思わぬ展開を見せています。福祉事務所の担当者らが「不適切」を通り越して「不正」な運用や「あってはならない」対応を行っていたらしいことも、明るみになりつつあります。 本記事では、福祉事務所や担当職員が関与した事件を理解するにあたって重要なポイントを、生活保護に関する取材・執筆を続けてきた立場からお示しします。 1. 発覚のきっかけ 発覚のきっかけは、極め

          生活保護の支給に関係する事件を理解するための5つのポイント