swing16o

株式会社stakは機能拡張・モジュール型IoTデバイス「stak(スタック)」の企画開発・販売・運営をしている会社です。 そのCEOである植田 振一郎が会社倒産まで秒読み開始した今、とにかくジタバタしてみようと思いまして、ここに記録してまいります。
  • 会社倒産まで秒読み開始。 そんな中でジタバタするための記録です。 少しでも参考になればと思い、公開してまいります。
固定された記事

ハッタリと嘘の狭間で(第1話)

「カネ余りの世の中」という言葉を耳にする。 一体どこにそんな「カネ」が余っているのだろうか。 およそ3年前の2016年9月に遡る。 「モノづくり」をすることにした。 ...

ハッタリと嘘の狭間で(第100話)

そんなターゲットを絞りながらの営業活動は続いている。 と同時にCEOとしてもっと重要なことがあった。 資金調達である。 第1話から続けている本題に入るとする。 いく...

ハッタリと嘘の狭間で(第99話)

3)介護施設・病院 これは、正直に書くが、stakの開発当初はあまり想定していなかったが、引き合いが多いことから、ターゲットにすることになった分野である。 というの...

ハッタリと嘘の狭間で(第98話)

2)民泊施設・ホテル・旅館 これは、すでに取り組みが始まっている、総合不動産の穴吹グループさんとの取り組みを紹介しよう。 穴吹グループでは、あなぶきスペースシェ...

ハッタリと嘘の狭間で(第97話)

そんなstakをB向けに営業を続けているが、ターゲットは明確にの3つに絞っている。 1)賃貸物件・中古物件 これは、東京や大阪といった人口増の大都市だと影響は小さいか...

ハッタリと嘘の狭間で(第96話)

まず、ターゲットにしたのはホテルや旅館である。 それは、自分自身も出張が多い中、不便さを感じることが多々あるということからだ。 それこそ最近は、IoTを謳ったホテ...