疫病

日本のクレーン会社で甦ったモアイ像

日本のクレーン会社で甦ったモアイ像

二週間くらい前にテレビで「世界不思議発見」を見てたのですが、倒れてたモアイ像が再び立ったきっかけは、この番組だったのだとか。 1988年に、同番組内で「倒れたモアイ像をもとに戻したい。クレーンがあれば。。。」と番組内で訴えるイースター島の知事。 番組の出演者の方も「クレーンさえあれば」とつぶやき。 その言葉がきっかけで、救済に乗りだしたのが、日本のクレーン会社「タダノ」。 1992年、「タダノ」はイースター島にクレーンを運び、倒れていたモアイ像15体を建て直しました。

スキ
14
【おきのおきにいり】 
おき圭子のお気に入り紹介4
+2

【おきのおきにいり】  おき圭子のお気に入り紹介4

9月11日 おき圭子(立憲民主党兵庫第10区総支部長)
@okikeiko8270より 【おきのおきにいり】 生石神社の御神体「石の宝殿」。 岩山を刳り貫いて作られた石、重さは500トン( ;∀;)。「日本三奇」のひとつだそう。崇神天皇の御代に疫病流行を鎮めるために創建されたということもあり、コロナの終息を願いました。 #おきのおきにいり #おき圭子 #高砂市 #郷土をささえる遺産

スキ
1
2021.9.9 語られない世界遺産の裏歴史
+3

2021.9.9 語られない世界遺産の裏歴史

今から約4年前の思い出話。   5月初旬の暖かい風を感じながら、私はその日、長崎の地を訪れていました。   気温はそれほどでもありませんでしたが、細い道や坂道を歩くとジワジワとシャツが滲んでいったのを覚えています。 なぜ、この地を訪れたのか?   それは、ここ長崎の地を知らずに、幕末~明治維新、そして日本の近代を語ることはできないからです。  「グラバー園」 「長崎市亀山社中記念館」 「シーボルト記念館」 「長崎歴史文化博物館」… 日本の近代化の時代を語るには避け

スキ
7
コロナ禍で迎える 重陽の節句

コロナ禍で迎える 重陽の節句

菊酒を飲んで、不老長寿を願うという重陽の節句 古今東西、一番大事なことは命、健康であること、ということを 改めて思う機会でもある重陽の節句 重陽の節句といえば、雨月物語の「菊花の約」とセットで 思い起こされる人も多いと思います。 子供の頃、遊びに夢中になり、約束を忘れた私に 父が叱責と共に話してくれた「菊花の約」 その時は、約束を守ることがいかに尊いか、という話だと思っていました。 大人になって、フィクションとはいえ、当時の社会情勢や 人々の暮らしが色濃く紹介されて

スキ
2
飛鳥時代
+1

飛鳥時代

飛鳥と検索すると真っ先に出てくるのは「乃木坂46」の齋藤飛鳥だったりしますねw・・・・・・・・・ 久しぶりに「乃木坂工事中」を見たら(緊急事態宣言からあまり見なくなった)三期生の大園桃子さんが卒業&芸能界引退の回だったので驚きました。 ま、そんな話はさておき・・・・・・・w 飛鳥時代がいつを指すかを調べてみると広くは崇峻天皇の即位5年(592年)から和銅二年(710年)まで、狭義では聖徳太子の摂政就任(593年)から藤原京遷都完了の持統天皇即位8年(694年)までを指すそ

スキ
3
きっとお作法の時間やお花の時間は戻るよ

きっとお作法の時間やお花の時間は戻るよ

今、資格試験の追い込みの時なのに、どうしてもすっきりさせておきたくて、超高速でバチバチと打ってます。 昨晩、今から2年半前以上に書いた私のnoteにコメントがついたので、内容を確認しました。 ※今回は該当noteはこちらでは転載なしにします。 読んでみると「あー、〇〇警察系だわ」とどう答えればいいのか、答えた方がいいのか悩む内容でした。 華道を嗜んでいてご自身の流派を持ち出して「うちの流派は高齢者の方が多いですからね。云々」と長文で書いていて、返事が必要か迷いました。

スキ
7
「災い」との共存
+1

「災い」との共存

おまじない。それには、人間がウィルスという脅威を恐れ、縋ってきた歴史がある。今日のコロナ禍において、おまじないはワクチンに形を変えた。人々はなぜワクチンを打つのか。それは、「病気にかかるかもしれない」という不安の気持ちを捨て去るためではないかと思う。ワクチンが存在しなかった時代、人々はおまじないを通して、神仏とつながってきた。 「疫病・たいさ〜ん!江戸の人々は病いとどう向き合ったか」がアーツ千代田3331にて開催された(2021年5月31日まで)。この展示では、感染症がたび

スキ
1
時間感覚の無い人の歴史解釈は危険

時間感覚の無い人の歴史解釈は危険

変な文章です。 天災や疫病がはやり、帝は全国に寺を作った。・・・何故? 鎮護国家、つまり現実逃避ではなく、解決の手段として寺を作った筈です。 ではどの様に解決するのか? 歴史を語りながら、時間感覚が無いので、その時代に出来る解決法はなんだったのかまで考えられていない。これでは意味の無い政治をして国民を苦しめた馬鹿者と勘違いするでしょう。 別のHPでは、祈祷でもすりゃ治療した気になってんじゃないか?なんて乱暴な人もいました。阿呆です。阿呆僧な輩というべきでしょうか、僧

スキ
4
生の復活、生の解放
+1

生の復活、生の解放

今まで名も知らなかった疫病が世界を震撼させ、さまざまな制限を余儀なくされながら、それでも自分の気晴らしを探して生きる生活はこれからも続いていきそうである!都会の方ではすでに人々は我慢の限界に達しており、店があいてないからと、あらゆる勤め人の心のガソリンであり、また体の傷と心の傷の両方に効果がある妙薬であるところの飲み物を路上で飲む動きが出てきているようだ。 賛否両論あるだろうが、それについての意見はここでは言わないでおこう。私が感じたのは、人間はいつになっても逞しいものだな

スキ
11
雨の日に、希望を掴むこと、

雨の日に、希望を掴むこと、

雨の日が続く 気分が晴れない 外に出るにも傘がいる 風が吹けば衣服が濡れる 湿度が高くて乾かない 靴にも水が入ってくる 靴下もびしょびしょだ 気分も沈みがちになる 被災地域にも風雨は続く 異常気象は言葉も無く 突然人類に襲いかかる 空はどこまでも灰色だ 雲の晴れ間は全く見えない あの雲の上には 真夏の太陽があるはず 日射しは届かずいつまでも 薄暗い雲の下で悶々と人は ただひたすら耐えている いつか低気圧は去るだろう しかし、もう1つの黒い雲 感染症は続いている いつか

スキ
5