「基の1」「基の2」……

【校閲ダヨリ】 vol.58 「すみません」でリスクを回避?

みなさまおつかれさまです。 今回は、私が最近(というかここ数年)感じていることを吐露する号になりそうです。 いわゆる「若者言葉に対しての云々」というよりかは、幅広い年齢で見受けられる事象になっている感があり、 実際にその言葉について広く意見をお聞きしてみたいところもあったりします。…

校正練習帳①は読み終わりましたが、まだまだだと感じました。 「日本エディタースクール 校正フレックスコース」の資料についてはメールが来ました。 住所の確認を終えて、数日後に資料が届くはずです。 どのような内容か楽しみです😊

「錠」と「鍵」

「錠」は、戸が開かないように取り付けられた金具。 持ち歩いて、戸を開けるときに錠に差し込むのが「鍵」です。

副業②

文字起こしで登録したのは、メディカル系広報物(製薬会社のパンフレットやWeb記事など)を制作している会社でした。縁あってその会社から、ライターさんが執筆した原稿の校正(校閲)もさせてもらうようになりました。それまで校正(校閲)のイメージというと、翻訳の校正(誤訳や訳抜けのチェック)…

#KNAPの校正ツール制作 設計/構成編

おはようございます。 もしも会えない時の為にこんにちは、こんばんは。 そして、おやすみなさい。 昔の会社HPで自己紹介に使ってたトゥルーマンショーのセリフでした。 KNAPの松井です。 今回は設計/構成編ということで、figmaで作成した構成を元にどんな設計になってるかを紹介しようと思います。 …

「ライター入門、校正入門、ずっと入門。」vol.4

「校正・校閲の仕事を専門とするプロフェッショナル集団」聚珍社の中嶋泰と、フリーライターの張江浩司が多種多様なゲストお迎えしつつ、定期的に酒を飲みながらぼんやりと「書くこと、読んでもらうこと」について話していくトークイベントの模様を、ダイジェストでお届けします。 張江「今回は特に、…

校正の勉強のために、通信教育の資料請求をしました。

校正の勉強をしたかったのですが、自分でやることには限界があると感じたので、通信講座を受講することにしました。 そこで、調べてみると、こちらのサイトが見つかりました。 この中で一番安価なのが、「日本エディタースクール 校正フレックスコース」です。 ・仕事で校正が必要になった ・ポイ…

【警告】Kindle出版でやっちゃいけないこと

今回は、Kindle出版 内容もさることながら…、という話です。 この記事を読んでほしい人 ✅Kindle出版したい人 ✅すでにKindle出版した人 こんにちは、(ほぼ)無職のタナカさんです。 無職じゃまずいだろっ!!ってことで 今はセルフベーシックインカム(早い話が貯金の切り崩し)と ちょこっと会…

校正とは何か?[意味や定義・校閲との違いを例文で解説]