【ほんとは絵本出版したい】絵本セラピスト®︎以上絵本作家未満の私のこれまでの絵本歴まとめ

"絵本で人の心を癒したい"
そう思って活動してきました。

これまでのことをざっくり話すと、会社員の傍ら絵本作家を目指しクラウドファンディングで2冊絵本を制作。それと同時に絵本セラピスト®︎として大人向けに絵本を読んだり、産後にはママとベビー向けに絵本の会をカフェで開いたり。描いた絵本に主題歌をつけていただけたのでアーティストさんのライブに登壇させていただいたりなどなど。
この機会に(?)note

もっとみる
あなたに最上級の癒しを♡

アラフォーで18年ぶりの会社員!副業の本を書くために、自由ナシ中央官庁で働いてみた!その結果・・vol1

本のために、自由気ままなフリーランス生活を辞め、自由が一切効かない中央官庁で働くことになった私。本業がなきゃ副業本なんて書けないと思い1年かけて、自分が培ったネットショップのノウハウを副業用にアレンジ。

ぎゅうぎゅうの東海道線の中で、毎朝通い、着いたら着いたで古風な職場で(しかもたまたまいたところが雰囲気が悪い部署)ちょっと席を外すだけで、パソコンに嫌味を書いた紙を貼られたり、休むと睨まれたり、

もっとみる
スキありがとうございます😊
4

「僕から見た私」と「他人から見た私」

昨日はOVER ALLs STOREでもお取り扱いのある写真家JUMPEI TAINAKAさんの出版記念展示『Undine-ウンディーネ-』にお邪魔してきました。

JUMPEI TAINAKAさんはドイツを拠点に世界中で撮影をしている写真家であり、その都市の風景や生活を独自の哲学に基づき切り取っています。

普段は世界中を飛び回り、各国で撮影しているのですが、今回はコロナの影響もあり日本に半強制

もっとみる

今まで、こんな本書いてきました。著者藤沢あゆみより、27冊一気にご紹介。

こんにちは、藤沢あゆみです。

2003年12月に初出版し、以降2020年現在27冊(翻訳版含む)

恋愛、人間関係、自己啓発、自己実現などをテーマに出版してきました。

今回は、ひとつひとつの本の紹介とエピソードを話してみようと思います。

2003年12月 初出版
愛されるしくみ

メールマガジンのコンテンツから、出版が決定し、初めて出版した本です。

コミュニケーションを男性に受け取られやす

もっとみる
ありがとう、うれしいです!
18

70歳のライダー(読者)との交流

1999年から2004年まで、オフロードバイク専門誌『月刊ガルル』の編集部にいた。その『月刊ガルル』に、毎月手紙をくれる70歳の男性がいた。たいていは愛車とツーリングに行ったその方の写真が入っていた。いま思えば、70歳でオフロードバイク雑誌を毎月読み、投稿してくれるなんてすごい、と思う。いまの70歳と当時の70歳は違うとぼくは思う。

その方は、編集部内では「ツカタン」と呼ばれていた。「ツカタンか

もっとみる

団塊世代と出版取次会社 プレイバック若手取次社員時代

現在、独立して7年以上経ちますが、会社員時代も少しづつ過去のものになりつつあります。
ここらで人生の一区切りをつけて、会社員時代の棚卸しの意味を兼ねて投稿したい。入社して10年以内の若手時代に焦点を当てて書いてみた次第です。

1991年春、株式会社大阪屋(現・楽天ブックスネットワーク)という出版取次会社に入社しました。
元々新聞記者志望で、第二志望が出版社の編集者職だった。大学をマスコミ浪人とい

もっとみる

「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」から団塊世代を見つめる

7月中旬現在でも絶賛公開中の作品。
この作品を観て、戦後昭和の社会の混沌から現代の日本を紐解くことができるかもしれない。
コロナショックによる3月末の緊急事態宣言の前、「伝説の討論」と呼ばれるこの映画を観に行ってきた。

三島由紀夫没後50周年だ。自衛隊で割腹自殺した有名な事件が1970年。
国粋主義(右翼)とみなされた三島と、共産主義から分かれたいわゆる新左翼の一派の構図と見られがちだ。
ネタバ

もっとみる

フリーライターはビジネス書を読まない(20)

ラジオ番組から出演オファー

「本名で出すかね? それともペンネームつける?」
先輩ライターを通して、出版社からこんなことを尋ねてきた。

私は少し考えて「夢野 遥」というペンネームを伝えた。以前から、自分の本を出すときは「遥」の字を入れたペンネームにしたいと、ぼんやり考えていた。いい機会なので使うことにしたのだ。
そして頭の片隅で、このペンネームで作家活動をやれたらいいなぁなんてことも、うっすら

もっとみる
スキありがとうございます!
3

Kindle出版編集後記表紙編『死んだら生きれないの希望の光』イラストレーターマキ様は神様だった!!!

今回プロデュースさせていただいた幸坂ゆうあさんのkindle出版。

もう一人の主役はマキ様こと溝口真紀さん。

数多くの方にユーモアたっぷりのイラストを提供しているイラストレーターさんだ。

ゆうあさんと最初にkindle出版の話をメッセージでやり取りした時、すでに私の中で表紙はマキ様だろうなと思っていた。

そうしたら、ゆうあさんから「表紙はマキ様にお願いしたいんですが、、、」と申し出があった

もっとみる
ふふふ(*´-`)ありがとう
6

執筆日記【80000〜100000文字】

マジか〜;;って

そもそも8万文字ってどのくらいの量なの??
まったく検討もつかないまま執筆はスタート!

今思えば、400字原稿用紙に換算すれば
なんとなくボリューム感を掴めたと思いますが
その時はまったく思いつきませんでしたね。笑

1月14日のミーティングで出されたスケジュールは
4月中旬までに原稿提出でした。
まとめてではなく、出来た順に送ってと言われていたので
章、節、項と細かく書いて

もっとみる