売り手よし買い手よし世間よし

近江商人の哲学 「たねや」に学ぶ商いの基本 山本昌仁 講談社現代新書

江戸時代先祖は材木商、それから商売を鞍替えして種子をする仕事、明治には菓子屋に転じ、10代目CEOの商い哲学と奮闘記。
琵琶湖近くに「ラコリーナ近江八幡」オープン滋賀イチの観光名所に。
「売り手よし、買い手よし、世間よし」三方のよし、この代名詞の解釈など。
変えていくことと変わらないこと。

ご購入は↓

#ブックスはせが

もっとみる

ジャングルを歩く

久しぶりに新宿の紀伊國屋に行った。 

紀伊國屋書店という書店は決して「おもしろい」本屋さんではないし、棚を眺めていても、そこに紀伊國屋書店としての個性や主張を見ることは出来ない。

例えば、ジュンク堂にはなんとなく“ジュンク堂の主張″があるし、蔦屋書店には″蔦谷らしさ″がある。

しかし、紀伊國屋という書店は日本各地のどの紀伊國屋に行ってもその主張というものがない。単に本が並べてあるだけである。

もっとみる
ありがとうございます😊!あなたの人生がさらに幸せになりますように✨
4

noteに関するお知らせ

六月の水曜日のnoteをリニューアルします

noteの毎日投稿を始めて、気づけば100記事を超えました。
今までは無料記事を投稿して、投稿から1ヶ月で有料の記事に変わるようになっていました。
投稿から1ヶ月間は無料で読めるけど、1ヶ月を過ぎると課金しないと読めないという仕組みです。

記事の価格は、基本価格100円+1ヶ月間のいいねの数×10円です。
例えば、いいねが10個の記事なら200円です

もっとみる
ありがとうございます。
5

誰かの人生を支えた本を読みたい~日本講演新聞

日本講演新聞は、「トキメキと学び世界中に」をモットーに、感動した、タメになった、元気が出た、という心が揺るがされた話だけを載せている新聞です。
読んだ方の人生がより豊かなものになりますように…と30年間創り続け、定期購読者は全国に1万人。のべ10万人と感動を共感し合っています。
noteでは特に人気が高く、本にもなっている社説をご紹介します。

 「ステイホーム」という言葉をよく耳にする。昨今の流

もっとみる
励みになります(^^♪
4

出版業界ニュースまとめ#2020/07/06

■雑誌の力

■香港、早くも言論統制 図書館、民主派著作閲覧禁止

■英歴史家、人種差別発言で失職 「忌まわしい黒人」

■「こども本の森」待ちに待った開館 安藤忠雄氏設計

■受験勉強 後押し再開 「参考書おじさん」日高さん 書店で相談、助言ボランティア

https://www.chunichi.co.jp/article/83796

■「電子図書館サービス貸出急増」「NAVERまとめサービ

もっとみる
ありがとうございます!
6

本屋さん徘徊、大事!

どうも、とりです。今日は本屋さん徘徊楽しいぞって話をします。

元々本が好きなので、本屋さんにはよく行きます。私が本屋さんでよく写真集を購入するのですが、写真集が置いてある本屋さんって意外に少ないです……。大きめの本屋さんは過去の作品も多く置いてありますが、駅ナカにあるような小さめの本屋さんには数冊しか置いてない(;_;)少し悲しいですが、電車の乗り換え時に写真集を購入するサラリーマンなど、なかな

もっとみる
是非コメントもお待ちしてます☺️
10

私の”デザイン”でできること

こんばんは、Kojiです。天候の悪い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

永遠に続く雨の音を聞いていると、出口が見えないようで気持ちが滅入ってしまうのですが、先日奇跡のように晴れた日に、ちょうど会う約束をしていた友人と海に行ってきました。

サンダルを脱いで砂浜を歩き、押し寄せてくる波に時々足をつける。そうしていると自然と心が和らぐんですよね。自然のパワーは本当に不思議です。風

もっとみる
間違ってもいい。私たちは生きてんだ。
33

御書印で巡る書店の旅 #1

「御書印プロジェクト」を通じて、書店巡りした記録を残していきます。

三省堂書店 神保町本店(東京・神保町)

本の街・神保町からスタートしました。
まずは神保町を代表する大型店である三省堂さんへ。昔から神保町に来たらよく立ち寄っていた馴染みのあるお店です。広い店内は何時間居ても飽きません。

若干、緊張しつつサービスカウンターで「御書印ください」と言ったら、店員さんが笑顔で親切に対応してください

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです!
2

書店がオンラインで発注できるWebサイト・取次システム等一覧

自分用のメモのつもりで収集していたのですが、ひょっとすると一部の方にはお役立ち情報かもしれないので公開いたします。漏れはあるので教えていただけると助かります。情報を入手次第、随時追加していきます。
※学校・図書館向け書籍の発注サイトの情報を教えていただいたのでまとめて追加しました。
(2020年7月5日時点)

取次のオンライン発注システム

TONETS V(トーハン)
NOCS7(日販)
フロ

もっとみる