古本と新刊scene

熊本市内、中心部から少し離れた雑居ビルの2階にある本屋です。生き方、働き方を考えるため…

古本と新刊scene

熊本市内、中心部から少し離れた雑居ビルの2階にある本屋です。生き方、働き方を考えるための本、旅、冒険の本、ポップカルチャーの本、コミック、アートブックやデザインの本などを中心にした、古本と新刊を販売しています。 アイコンは森田るりさんに描いて頂きました。since2022。

ストア

  • 商品の画像

    世界で一番美しい切り絵人体図鑑

    著者:エレーヌ・ドゥルヴェール ジャン=クロード・ドゥルヴェール出版:エクスナレッジ発売日:2017年12月2日仕様:B4判 64ページ美しいイラストとページをめくる度に現れる、びっくりするようなしかけの数々を通して、ヒトのからだの構造がすみずみまでわかる!子どもも大人も楽しみながら学習できる、まったく新しい人体図鑑!特に人体の細かな構造を表現した、レース編みのような美しい切り絵は必見です!
    ¥3,080
    古本と新刊 scene
  • 商品の画像

    つながる読書 10代に推したいこの一冊

    著者:小池陽慈出版:筑摩書房発売日:2024年3月仕様:新書判 320ページSNSでつながった読み書きのプロたちが、十代に読んでほしい一冊を紹介しあう。人それぞれの思いが、言葉に乗り織りなされていく。君も本で他者とつながろう!
    ¥1,078
    古本と新刊 scene

マガジン

  • 今週のおすすめ本

    毎週金曜日更新。店頭、オンラインストアで販売している本の中から、特におすすめのタイトルを紹介しています。

  • 本屋営業日誌

    タイトル通り、当店の営業日誌です。日々のちょっとした記録を週1回、7日分まとめてお届けしています。

  • 本屋開業日記

    2022年、熊本市で本屋を開きます。開業にあたり、これからやっていくことや、これまでにやってきたことを書いていきます。

  • 商品の画像

    世界で一番美しい切り絵人体図鑑

    著者:エレーヌ・ドゥルヴェール ジャン=クロード・ドゥルヴェール出版:エクスナレッジ発売日:2017年12月2日仕様:B4判 64ページ美しいイラストとページをめくる度に現れる、びっくりするようなしかけの数々を通して、ヒトのからだの構造がすみずみまでわかる!子どもも大人も楽しみながら学習できる、まったく新しい人体図鑑!特に人体の細かな構造を表現した、レース編みのような美しい切り絵は必見です!
    ¥3,080
    古本と新刊 scene
  • 商品の画像

    つながる読書 10代に推したいこの一冊

    著者:小池陽慈出版:筑摩書房発売日:2024年3月仕様:新書判 320ページSNSでつながった読み書きのプロたちが、十代に読んでほしい一冊を紹介しあう。人それぞれの思いが、言葉に乗り織りなされていく。君も本で他者とつながろう!
    ¥1,078
    古本と新刊 scene
  • 商品の画像

    世にもあいまいなことばの秘密

    著者:川添愛出版:筑摩書房発売日:2023年12月仕様:新書判 240ページ「この先生きのこるには」「冷房を上げてください」言葉には、読み方次第で意味が変わるものが多々あり、そのせいですれ違ったり、争ったりすることがある。曖昧さの特徴を知り、言葉の不思議に迫ろう。目次1 「シャーク関口ギターソロ教室」―表記の曖昧さ2 「OKです」「結構です」―辞書に載っている曖昧さ3 「冷房を上げてください」―普通名詞の曖昧さ4 「私には双子の妹がいます」―修飾語と名詞の関係5 「政府の女性を応援する政策」―構造的な曖昧さ6 「二日、五日、八日の午後が空いています」―やっかいな並列7 「二〇歳未満ではありませんか」―否定文・疑問文の曖昧さ8 「自分はそれですね」―代名詞の曖昧さ9 「なるはやでお願いします」―言外の意味と不明確性10 曖昧さとうまく付き合うために
    ¥990
    古本と新刊 scene
  • もっとみる

最近の記事

本屋営業日誌 2024年4月8日〜4月14日

4/8(月)雨 今日も雨。毎日よく降る。 漏水の影響で扉の開閉に支障が出まくっていたので、工務店さんに連絡。昼過ぎに来て、接触している部分を削ってもらったらスムーズに開閉できるようになった。 今日はnoteの更新、補償関連の文書作成、各所への連絡などで1日終わってしまった。 4/9(火)晴れ一時雨 連日降っていた雨がようやくあがってくれた。はぁ。 今日も事務作業に追われる。減った在庫を補充すべく本の注文も。週末は本の山に囲まれることになりそう。 4/10(水)晴れ 熊本の

    • 今週のおすすめ本 vol.10

      店舗とオンラインストアで取り扱っている本から、おすすめのタイトルを紹介するマガジン「今週のおすすめ本」。 先月お店の方で漏水が起きてしまい、少し久しぶりの更新になります。 今回は、ご紹介するのは、「個人書店が選ぶ、いま読んでほしい海の本」。タイトル通り、「海」をテーマに個人書店が選んだ4冊の本を紹介するという選書企画を本にしたものです。 37の書店が参加しているのですが、当店もそのお仲間に加えて頂いています。ということで、当店が選んだ4冊も合わせてご紹介したいと思います。

      • 本屋営業日誌 2024年4月1日〜4月7日

        4/1(月)曇り 今日から4月。新年度、新学期で気持ちを新たにするにはうってつけの日なのだが、うちの店はさきの漏水で営業を再開できておらず(先週のnote参照)、ひとりだけ3月に取り残されている気分だ。 今日は初めて建物のオーナーさんと直接連絡を取ることができた。復旧に向けて大きな進展だ。具体的なやり取り内容をここに書くのはさすがに控えるけど、良い形に落ち着けばと思う。 4/2(火)曇り 水濡れの被害に遭った本について、リストと合わせて参照できるよう、写真を撮影してファイル

        • 本屋営業日誌 2024年3月25日〜3月31日

          3/25(月)雨 昨日に続き、しっかり雨で客足は遠い。 通常営業のみだったら1日誰も来ないまま終わっていたかもしれないけど、今日は19時から読書会。少ないながらも来てくれる人がいたので助かった。 3/26(火)雨のち曇り 開店前にはまだ雨が残っていたけど、ほどなく止んでくれた。 そのおかげもあり、夕方までの時間帯に何組か来店が続く。しかし夕方以降の来店はなく、前半好調だった分からの積み上げはできず。 オンラインストアのことでちょっと思いついたことがあり、準備をしている。4月

        本屋営業日誌 2024年4月8日〜4月14日

        マガジン

        • 今週のおすすめ本
          11本
        • 本屋営業日誌
          92本
        • 本屋開業日記
          16本

        記事

          本屋営業日誌 2024年3月18日〜3月24日

          3/18(月)晴れ 先週の日記に書いたけど、古本市に出てから左胸あたりがずっと痛んでいて、ちっとも良くならない。 今朝起きても症状が変わらなかったので、今日の営業は休みにして1日静養することにした。ただの筋肉痛なら良いんだけど、よくなる気配がないなら病院行かないといけないかな。骨にヒビとか入ってる可能性もあるし。しかし転んだりどこかにぶつけたりしたわけでもないのに骨折れてるとかなったら、さすがに老人過ぎてやばい。 じっとしてれば大丈夫なんだけど、くしゃみとかするとめちゃくちゃ

          本屋営業日誌 2024年3月18日〜3月24日

          今週のおすすめ本 vol.9

          店舗とオンラインストアで取り扱っている本から、おすすめのタイトルを紹介するマガジン「今週のおすすめ本」。 今回は、これまでと少し趣向を変えて、取り上げる本を1冊に絞って、詳しく中身をご紹介したいと思います。 ◎クック・トゥ・ザ・フューチャー  3Dフードプリンターが予測する24の未来食 著者は、食品学を専門にする大学教授・石川伸一さんと、イラストレーター・ライターの石川繭子さん。デザインやアート系の本を多く取り扱っているグラフィック社から出版されました。 本の内容を紹

          今週のおすすめ本 vol.9

          本屋営業日誌 2024年3月11日〜3月17日

          3/11(月)晴れ 土日の出店を終えて、やることがかなり溜まっている。 まずは、土曜日に来ていた選書依頼のリスト作成から。久しぶりの1万円選書は、以前通販も利用してくれていた方からだった。ありがとうございます。 その後、自治体関係の方から依頼されていた本の取り寄せのための見積書作成。諸々年度内に終わらせたいとのことなので、本の注文も並行してやっていく。 明日は確定申告をやらないと。 3/12(火)晴れ ということで確定申告。以前からオンラインの確定申告用ソフトを使っていて、

          本屋営業日誌 2024年3月11日〜3月17日

          本屋営業日誌 2024年3月4日〜3月10日

          3/4(月)晴れ 散々だった土日が終わり、今日から平日の12時オープンが始まる。ありがたいことにオンラインの注文が多めに来ていたので梱包作業をしながら、古本の入荷処理をして棚に並べる。 今日の来店は、営業時間を伸ばした12時から17時の間に2組、元々の営業時間である17時から21時の間に2組で、合計4組。土日より良いじゃないの…。平日の昼営業はしばらく様子を見ていこうと思う。 3/5(火)雨 今日は雨が降ったり止んだりの微妙な天気。 確定申告がまだできていなかったので、今週

          本屋営業日誌 2024年3月4日〜3月10日

          今週のおすすめ本 vol.8

          店舗とオンラインストアで取り扱っている本から、おすすめのタイトルを紹介するマガジン「今週のおすすめ本」。 いわゆる「独立系書店」と呼ばれるような店の多くは、週刊誌や月刊誌のような雑誌をあまり取り扱いしていません。しかしながら、一般書店ではあまり見かけない、個人店だからこそ推したい雑誌というのもありまして、今回はそんなおすすめ雑誌をいくつか紹介したいと思います。 ◎RITA MAGAZINE ミシマ社から2月に刊行されたばかりの新しいタイトル。「MAGAZINE」と付いて

          今週のおすすめ本 vol.8

          本屋営業日誌 2024年2月26日〜3月3日

          2/26(月)曇り 郵便物を出して、買い出しを済ませてから店へ。 オープン前に電話があり、駐車場についてのお問い合わせ。今日このあとご来店いただけそう。 17時のオープン直後にその方に利用していただいたあとも来店が何組か続き、9時間営業した一昨日の土曜日よりも良い売上が出てしまった。まぁこんなことが簡単に起きるのも、ベースの売上規模の小ささゆえなのだけど。平日にしては良かったとか言っている場合ではない。 2/27(火)晴れ 春のような日差しで、ぽかぽか陽気かと思って外に出る

          本屋営業日誌 2024年2月26日〜3月3日

          本だけ売って暮らしたい

          2022年の7月に、熊本市で「古本と新刊scene」というひとり本屋を始めた。 オープン当初は、平日の4日間、日中は別の仕事をしながら、18時から22時まで本屋を開け、土日や祝日は11時から19時まで1日本屋、といった生活をしていた。 ダブルワークをしばらく続けたのち、2023年には勤めていた職場を退職することになった。本屋の仕事に集中したくて辞めた、というわけではない。むしろ経済的には不安があったので、できればまだ続けたかったのだけど、その職場は自分が独立するまでという約束

          本だけ売って暮らしたい

          本屋営業日誌 2024年2月19日〜2月25日

          2/19(月)雨 やることがあって早めに店に出てきたのに、気が散ってなかなか作業が進まず。しまいにはやることをやらずになぜか掃除を始めるという、集中できない時のテンプレみたいなムーブをしてしまった。 開店時間も近づいてきたので棚の整理などをしていると、一足早くご来店が。お子さんのプレゼント用に絵本をとのことで、いくつかご紹介しながら選んでもらう。以前も同じように絵本を購入してくださった方だったのを思い出す。ラッピングした本、喜んでもらえると良いな。 2/20(火)雨のち曇り

          本屋営業日誌 2024年2月19日〜2月25日

          今週のおすすめ本 vol.7

          店舗とオンラインストアで取り扱っている本から、おすすめのタイトルを紹介するマガジン「今週のおすすめ本」。 昨日でしたが、2月22日は「にゃーにゃーにゃー」で猫の日ということで、今回は猫本をいくつかご紹介します。 いきなり話が脱線するんですが、先日ご来店いただいたお客さまに「怪談系の本が好きなんだけど何かありますか?」とお尋ねされたんです。正直得意なカテゴリーではないし、怪談本なんてうちにないよな…と思いながらも棚を眺めてみたところ、なんやかんやでおすすめできる本がありまして

          今週のおすすめ本 vol.7

          本屋営業日誌 2024年2月12日〜2月18日

          2/12(月)晴れ 振替休日の月曜日。12時から開けたんだけど、全然人が来ない。通常だと17時オープンなので、昼から開いてると認識されていないのでは…。 明るい時間の来店はほとんどない上に単価もすごく低かったので、一時はどうなることかと思ったけど、夕方から夜にひと盛り上がりあって、結果的には三連休の中では一番マシな売上にはなった。というか、昨日一昨日の土日、いつもよりちょっと悪いくらいという認識だったのだけど、今日ちゃんと数字を見てみたら、わりとしっかり悪かった。やっぱり2月

          本屋営業日誌 2024年2月12日〜2月18日

          今週のおすすめ本 vol.6

          店舗とオンラインストアで取り扱っている本から、おすすめのタイトルを紹介するマガジン「今週のおすすめ本」。 今週のテーマは、『音楽と漫画』です。音楽などのカルチャー本やコミックは、私自身が個人的に好きなのもあり、店でも多く取り扱っています。その中から、「音楽をテーマにした漫画」というくくりで何作品かご紹介したいと思います。 ◎高妍『緑の歌』 ”『風をあつめて』は私が高校生の時に聴いた曲だ” そんな冒頭から始まる「緑の歌」は、台湾を舞台に描かれる、少女・緑(リユ)の恋物語

          今週のおすすめ本 vol.6

          本屋営業日誌 2024年2月5日〜11日

          2/5(月)雨 なんか雨が降ったり止んだり。関東は雪が降っているらしく、それに比べれば荒天とかでは全然ないんだけど、今日の売上はゼロ。今月もまたやってしまいました。あと最近通販の調子も悪いんだよな。やることはやってるつもりなんだけど、どうしたもんか。 数日前の本の注文、やったつもりがカートに入れたままで確定できていなかったことに気づき、あわてて確定ボタンを押す。 2/6(火)曇り 今日は1日何もできなかった。やった仕事といえばオンラインストアの発送くらい。頑張れなくてごめん

          本屋営業日誌 2024年2月5日〜11日