北極冒険家 荻田泰永

2000年よりカナダ北極圏やグリーンランドで徒歩を中心とした冒険を行ない、これまで北極と南極を10000km以上を踏破。新刊「考える脚」2019年3月27日KADOKAWAより。日本人初の南極点無補給単独徒歩到達に成功。第22回植村直己冒険賞
固定された記事

冒険家の存在意義とは何か?

冒険の意味? 冒険や探検に対して、「意味」「価値」というものを付随させて考えることが多くある。 「そんなことやって何になるの?」 「今さら未知の場所なんてないで...

ネット大喜利斬り捨て御免

ネットの世界は、世界中を相手にした壮大な「大喜利」だ。 ツイッターで誰かがちょっとおかしなことを呟けば、それに対して誰が一番気の利いた、もしくはみんなが思いもよ...

読み始めて「只事じゃない」と感じる本

数冊の本を併読していく習性が私にはある。 今も5〜6冊を同時進行で読んでいるが、一昨日、書店で偶然見つけた本に惹かれて買ってしまった。なんとなく、棚で異彩を放っ...

夏休みの冒険旅100milesAdventure

子供たちとの夏休みの冒険旅 私が北極の徒歩冒険行と同じくらいに大事にしているプロジェクトが、100milesAdventure(ヒャクマイルアドベンチャー)である。 2012年...

人はなぜ勉強すべきか

読書が楽しい 最近、急激に読書意欲が高まっている。 今まで知らなかったことを知るのが楽しいし、感覚的にしか捉えられていなかったことが言語化されていくと頭の中での...

「寒いから凍傷になる」の間違い

マイナス50℃以下の世界 私は北極でマイナス56℃まで活動経験がある。 揺れ動く北極海の海氷上で、真っ暗闇の中、一人きりで、テントと寝袋でいるのは恐怖そのものだ...