北極冒険家 荻田泰永

2000年よりカナダ北極圏やグリーンランドで徒歩を中心とした冒険を行ない、これまで北極と南極を10000km以上を踏破。2019年3月出版した「考える脚」で第9回梅棹忠夫・山と探検文学賞。日本人初の南極点無補給単独徒歩到達に成功。第22回植村直己冒険賞
固定された記事

冒険家の存在意義とは何か?

冒険の意味? 冒険や探検に対して、「意味」「価値」というものを付随させて考えることが多く…

「冒険研究所書店」クラウドファンディング始めました

2019年10月より、神奈川県大和市に、私の事務所である「冒険研究所」を構えています。2…

冒険クロストークvol.6 画家 諏訪敦「遠ざかる対象、動き続ける絵画」

昨年10月から、私の冒険研究所に各分野からゲストを招いての対談トークを行なっている。会場…

「勇気ある撤退」は誰のための言葉か

冒険家なんて肩書きで活動していると、よく言われる言葉として「勇気ある撤退」というものがあ…

冒険研究所書店(仮)計画!

一昨年から、神奈川県大和市(小田急線桜ヶ丘駅目の前)に私の事務所「冒険研究所」をかまえて…

多様な視点を持つための、冒険

先日、とある冊子に小学生向けに寄稿した原稿です。多様な視点を持つとは何か?冒険することと…