望月

くだらないことを大げさに、深刻なことを軽やかに書きたい。主婦ときどきフリーランス。書い…

望月

くだらないことを大げさに、深刻なことを軽やかに書きたい。主婦ときどきフリーランス。書いたりする仕事をしてきました。基本的に家にいます。話のスケールが小さいです。

マガジン

  • 書いた日記をあつめてみる

    わたしの日記です。

  • エッセイのようなもの

    エッセイと呼んで良いのだろうか?

  • たくさんスキをいただいた記事

    皆さんからスキを150以上いただいた記事のまとめ。

  • もしかしたら役に立つかもしれない有料note

    書きました!よろしくお願いします!

    • 書いた日記をあつめてみる

    • エッセイのようなもの

    • たくさんスキをいただいた記事

    • もしかしたら役に立つかもしれない有料note

最近の記事

  • 固定された記事

noteをやってみて、考えが変わったこと。

noteをはじめて、そしてすこしの間続けてみたことで、ひとつ明確に考えが変わったことがある。 それまでは、たとえばSNSで発信力がある人を見たときに、まず「この人はセンスがある人なんだなあ」と思っていたけれど、今は「この人は発信を続けてきた人なんだなあ」と思うようになった。たとえばnoteで魅力的な記事を書いてそれが多くの読者に届いたり、それが仕事になっていたりするような人に対しても同じで、以前は「センスがあるのだな〜よっぽど文才があるのだな〜」と思っていたけれど、今はそれ

    • 今も書くときに思い出す、国語の先生の教え。

      尊敬する人のひとりに、中学時代にお世話になった国語の先生がいる。先生はおそらく当時40〜50代の女性。わたしは昔から書くことが好きで、その先生に文章表現やスピーチの極意を教わった。 先生は、結構スパルタだった。たとえばスピーチ大会の予選を通過したときは、「今の原稿のままだとまだ弱いから書き直そうね」と赤字がぎっしり入った原稿を返され、シャーペンで手のひらの横を黒くしながら何度も書き直した。「スピーチは全部覚えて。次の大会以降は本番もカンペはなし」と言われ、原稿用紙5枚分を頭

      • いちばん苦手な仕事にも慣れてしまう。

        今週も日記を書きました! どこか一日だけでもどうぞ! 今週は… ■満足できないから向いている ■ピークはこれからやってくる ■どんでん返しを探す ■化粧をさぼったら起きたこと ■冷凍みかんvs知覚過敏 ■自由と心細さの間 ■いちばん苦手な仕事にも慣れてしまう の7日間です! ■2月17日(土)満足できないから向いている 今日は全然書けないや、と思う。わたしは本当に一度も、自分の書いたものに満足しきれたことがない。「まあまあいいかも」「結構よく書けた」はあっても、満足とはほ

        • 夫はチョコレートが減っていることに気づくのか?

          バレンタインデーに夫に30個入りのチョコレートをプレゼントしたところ、自分も食べたくなってしまった。普段、チョコレートにあまり興味がないし、自分のために買おうとは思わないのに。人の手に渡った途端、輝きを増してくる。渡してすぐ、「ちょっとちょうだい」と言って恵んでもらったが、その翌朝も、どうしてももうひとつ食べたい。夫はすでに出勤している。 箱の蓋を開けてみた。とても、いけないことをしている気がする。だけれど、店で万引きすることに比べれば、または昼顔妻になることに比べれば、夫

        • 固定された記事

        noteをやってみて、考えが変わったこと。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 書いた日記をあつめてみる
          望月
        • エッセイのようなもの
          望月
        • たくさんスキをいただいた記事
          望月
        • もしかしたら役に立つかもしれない有料note
          望月

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          noteの身バレ防止のため、友人とつながっているSNSなどでは「noteで書いたことを書かない」ようにしています。その結果「おはよう😃いい天気!」「寒い!温かくして寝よう」「あー今日もたくさん笑って楽しかった♪」のような、当たり障りのないことをつぶやき続ける人間が誕生しました。

          noteの身バレ防止のため、友人とつながっているSNSなどでは「noteで書いたことを書かない」ようにしています。その結果「おはよう😃いい天気!」「寒い!温かくして寝よう」「あー今日もたくさん笑って楽しかった♪」のような、当たり障りのないことをつぶやき続ける人間が誕生しました。

          生みの苦しみと向き合う。

          今週も日記を書きました!お時間があれば、どこか一日だけでもどうぞ! 今週は… ■ 保険会社を心配する ■ 尊敬より共感の時代? ■ 仮装大賞に出てみたい ■ 生みの苦しみと向き合う ■ 夫を効果的に喜ばせる ■ コメントは宝物でお守り ■ 人の雇用形態が気になる の7日間です! ■2月10日(土)保険会社を心配する 契約している保険会社に、不妊治療関係の給付金の申請を出しながら、申請するのいったい何度目だろうと考える。結婚したときに夫とふたりでほけんの窓口へ行き、「まあし

          生みの苦しみと向き合う。

          好きになってくれなかった人。

          今でこそ、わたしにとってバレンタインとは家族にチョコレートをあげるだけの平和な日になったが、かつては戦闘モードで迎える日であった。今日はちょっと書くのも恥ずかしい、わたしのダサい昔の恋の話をしてみる。 子どもの頃からわたしはいつも誰かに恋をしていて、小、中、高、大と入学するたびに、「運命の人を見つけてしまったかもしれない!」と一人で、時には仲のいい友人を巻き込んで大騒ぎしていた。モテたわけではないけど、人を好きになることへの意欲だけはとても高かったと思う。恋愛は毎週月曜23

          好きになってくれなかった人。

          自分のペースだけで生きるのも退屈。

          今週も日記を書きました! どこか一日だけでもどうぞ。 今週は… ■ 恵方巻きってこんなにあるの? ■ 自分のペースだけで生きるのも退屈 ■ わたしの限りない可能性 ■ 調子のいい日の自分に期待する ■ 夫は知らないことが多い ■ ビーフシチューを飽きるまで食べる ■ 何歳になってもバスに乗れない の7日間です。 ■2月3日(土)恵方巻きってこんなにあるの? 恵方巻きを目がけて、夫とふたりでスーパーまで歩く。鮮魚コーナーにも惣菜コーナーにも恵方巻きが所狭しと積み上げられてい

          自分のペースだけで生きるのも退屈。

          アイスも有給も遠慮してきたけれど。

          期間限定で発売されているアイス『爽の濃林檎』にハマった。 爽らしいシャリシャリ食感で、味はまるで本物のリンゴのよう。リンゴが好き、濃厚なクリーム系のアイスよりシャーベット系が好きなわたしは、ひと口食べて気に入った。あまり体を冷やしてはならない。けれど、濃林檎の旬を逃すわけにもいかない。食べられるだけ食べよう。 数日後。期間がいつまでなのかわからないからいくつか買いだめておいた方がいいだろうかと思いながらスーパーに向かうと、残りが3つになっていた。ほんの数日前、大量に並んで

          アイスも有給も遠慮してきたけれど。

          言葉を探すのではなく、気持ちと向き合う。

          今週も日記を書きました!どこか1日だけでもどうぞ。 今週は… ■愛燦燦的な心境 ■マラソンに集中させてくれ! ■人をコントロールしようとしない ■運が体に染み付いてきた ■いろいろと月末 ■言葉を探すのではなく、気持ちと向き合う ■働き者のタクシー運転手さん の7日間です。 ■1月27日(土)愛燦燦的な心境 長い間ずっと納得がいかなかったことたちに対して、「これでよかったのかもしれない」「これが最善だったのかもしれない」と思える瞬間がぽつぽつと増えてきて、人生って不思議な

          言葉を探すのではなく、気持ちと向き合う。

          小さなミスをした。仕事ではないけど、やや責任を感じることだった。そんなわたしに、同じ場所に居た女性がさりげなく嫌味なく励ましの言葉をかけてくださった。泣くかと思った。ひとつミスをして、ひとつ人を励ます言葉を知った日だった。言葉は人を救えるものであると、わたしはまだ、信じていたい。

          小さなミスをした。仕事ではないけど、やや責任を感じることだった。そんなわたしに、同じ場所に居た女性がさりげなく嫌味なく励ましの言葉をかけてくださった。泣くかと思った。ひとつミスをして、ひとつ人を励ます言葉を知った日だった。言葉は人を救えるものであると、わたしはまだ、信じていたい。

          長くたのしく書き続けるために考えていること10。

          この記事は、「これから書くことをがんばりたい」「noteを始めたばかりだけど続けていきたい」と思っているビギナーさんに向けて書いた有料記事です。 わたしは文章を書くのが好きです。とてもたのしいと思っています。このnoteという街には、わたしと同じような方がたくさんいらっしゃるでしょう。 けれど続けていると、どうしても「たのしい」だけじゃなくなってくることがあります。これは文章を書くことに限らずだと思いますが、好きなことを好きという純粋な気持ちのまま続けることは、結構むずか

          有料
          390

          長くたのしく書き続けるために考えていること10。

          わたしが夫を励ますこともある。

          今週も日記を書きました!どこか1日だけでもどうぞ! 今週は… ■わたしが夫を励ますこともある ■光る君へに夢中 ■愛されるより愛したい? ■自分の気分でものを見る ■ずっと謎だったドレッシング ■目が小さくなってきた? ■1時間待ちの薬局にて の7日間です。 ■1月20日(土)わたしが夫を励ますこともある 化粧はしたくない、でも丸亀製麺に行きたいというふたつの感情の間で揺れ動いていたとき、わたしの脳裏に「丸亀うどん弁当をテイクアウトする夫の絵」が浮かんだ。これだ…。夫に、

          わたしが夫を励ますこともある。

          自分に対して雑だった後悔を、優しさに変えて。

          自分の雑さが原因で、スマホの画面を割ってしまった。髪の毛のような細くて薄い線一本だったので、そのうち目が慣れて気にならなくなる可能性を期待したけど、やはり数日経っても違和感があり、なんだか運気まで低下しそうな気がして、修理に出すことにした。小さくはない出費だった。 返ってきたスマホを、わたしはひび割れる前よりずっと、丁寧に扱うようになった。この子は弱かったんだ、傷つくかもしれないんだとようやく気づいた。申し訳なかったな、今までいい加減な扱いをしてしまって。 反省しながら、

          自分に対して雑だった後悔を、優しさに変えて。

          昔から大人だった説。

          今週も日記を書きました! どこか1日だけでもどうぞ。 今週は… ■あんなに悔しかった冬 ■昔から大人だった説 ■21世紀最大の発見 ■「華」の正体 ■元気じゃないと何もできない ■働くのがうまい人 ■どうせわたしは締め切りを守る の7日間です! ■1月13日(土)あんなに悔しかった冬 あんなに悔しい冬はなかなかないよなと、共通テストのニュースを見るたびに毎年しつこく思い出す。張り切りすぎて、緊張して、散々だったセンター試験。普通はセンター試験で過去最高点が出るって聞いてた

          昔から大人だった説。

          体調不良です。そのせいでしょうか、書いても書いても暗いものしかできないので、投稿をあきらめました。そういえば、わたしのアイコンは背景が黒いです。元の画像では黒くなかったのに。スマホから画像を入れたらこうなって、ふしぎだなあ、まあいいやと思ってずっとこのままになっています。

          体調不良です。そのせいでしょうか、書いても書いても暗いものしかできないので、投稿をあきらめました。そういえば、わたしのアイコンは背景が黒いです。元の画像では黒くなかったのに。スマホから画像を入れたらこうなって、ふしぎだなあ、まあいいやと思ってずっとこのままになっています。