[読書感想文]松浦弥太郎の新しいお金術

[読書感想文]松浦弥太郎の新しいお金術

うちの夫は「貧乏でないと人間ダメになる」と言います。 そう言われると、正直、めっちゃ不安です。 とにかくうちにはお金がないので、私なりにお金系の本を読んだりして勉強していると、夫に「またそんなしょうもないの読んで」と呆れ顔されます。 結構ショックです。 『老後2000万問題』などで社会は「お金貯めてないと将来不安ですよ〜」って感じで煽ってくるし、ネットは財テクとかのギラギラした情報で溢れかえっていてちょっとヒくし、一方で30代にもなると友達はそれなりに稼いでいて、「実家の

スキ
2
センスとは自分で決めるもの

センスとは自分で決めるもの

前回よりあまり時間を置かずに書くことができて少しほっとしています。 2021年の目標「本を読む量をふやす」 2021年「本を読む量をふやす」 No.10『センス入門』松浦弥太郎 読んだきっかけ素直な読んだきっかけは、前回読んだ『ほんとうの味方のつくり方』のような優しい文章が読みたいと思ったから。今の自分には、センスは足りないとは思うけれど、センスが欲しいと思っていたわけではない。というより、センスという言葉自体そこまで意識して生活してこなかったように思われる。 あなたに

スキ
1
週刊・匙 vol.3

週刊・匙 vol.3

こんばんは。日曜の夜いかがお過ごしでしょうか。 9月に入りました。日中は残暑を感じる暑さですが、夜になるとヒヤッとした秋の空気が流れ込んできます。読書や運動や食欲の秋。もうすぐそこまで来ています。緊急事態下でどこにも行けないですが、上記3つを日常に取り入れてみるのも良さそう。そうは言っても、毎年食欲に全振りしています。10分だけじゃ筋トレ足りなくなりそうだなと危惧している匙です。 さて、こちらのシリーズでは、24歳OL(副業ライター)が一週間何をしてどんな学びを得たのかを

スキ
4
クラウドファンディングをするワケ
+3

クラウドファンディングをするワケ

こんにちは。プロデューサーの石原です。明日から映画「場所はいつも旅先だった」の応援者を募集する、クラウドファンディングがスタートします。 そこで、なぜクラウドファンディングをするのかについて、胸の内を記してみたいと思います。まず、すぐに思い浮かぶ理由は、映画をつくった以上、やっぱり一人でも多くの人に見て欲しいと願うから、です。これははっきり言って、つくり手側のエゴとも言えるのかもしれませんが、素直にそう思ってしまうのですから、仕方がありません。 そして、そう思う訳は、映画

スキ
54
読書タイムvol.1「なくなったら困る100のしあわせ」 著:松浦弥太郎

読書タイムvol.1「なくなったら困る100のしあわせ」 著:松浦弥太郎

松浦弥太郎さんの なくなったら困る100のしあわせを読みました。 内容は、 箇条書きのように 自身の行動や家族との時間や、 昔から続く伝統のようなものについて書かれています。 読むと忙しない気持ちは落ち着き ゆっくりと、広い気持ちで時間を大切に使おう と思えてくる、そんな本です。 内容を少し話してしまうと… 夕食の後に、近所を散歩すること お肉屋さんで好きな部位を切ってもらう 地図を手書きすること 夏の花火を楽しむこと 星の数を数えること etc…などの項目が100個

働かず暮らせたら幸せ、なの?

働かず暮らせたら幸せ、なの?

もう2021年が終わるっていうのに、緊急事態宣言が続き、今年の3分の1、つまり約3ヶ月程働いていないんです。 実はこうゆう生活を少し望んでいた部分があって、「働かずに暮らせたら幸せ!」なんて呑気に思っていたけれど、いざ働かず、一人暮らしだから誰とも話すことなく、Netflixで映画やドラマを見ていたら日が暮れていた、なんて日々を送っていたら心が虚しくなった。 最初は、人生の夏休みがきたー!なんて思ってたのに、もういい。 こんな長い夏休みなんていらない。 何も生み出していない自

スキ
6
未来の海路へ

未来の海路へ

5年前の今日、書いていたこと。 息子が4歳になる年のことでした。 少し前のこと。 いつものように息子に「誰が好き?」と、 「ママ」と言ってもらいたいだけの親バカ質問を投げかけた。 すると、期待通りに、返事はママ。 ニタニタしながら、これもいつものように「他には?」と聞くと、 これもいつもどおりにパパやババ、ジジ、フィル(犬)などの名前が続いた後に、 「でも、やっぱりやっぱり○○(自分の名)が好き」 の一言が。 驚きつつ、嬉しかったので思わず、 「ママも、いちばんはママが

スキ
22
あなたは味方とどう向き合っていますか。

あなたは味方とどう向き合っていますか。

実に2ヶ月ぶりの投稿。 2ヶ月前と同じ書き出しで始めてみました。 2021年「本を読む量をふやす」 No.9『ほんとうの味方のつくりかた』松浦弥太郎 読んだきっかけこの本は、8月末、尊敬している先輩が紹介していた本である。 今、僕に味方がいないのかというとそういうわけではない。家族、友人を含め人間関係にとても恵まれていると自負できる。その中で読みたいと思ったのは、僕が尊敬している先輩が読んでいたからだ。本を読む理由などそういうことで良いと思う。 読んでみてこの本には、自

心で書いた言葉
+3

心で書いた言葉

「へえ、読んでみよう」と思ってもらえるかどうかは、それが「心」をつかって綴られた文章がどうか。 読んだ人が忘れられないのは、「心」で書かれた文章であり、上手い下手とは関係がないものだ。 『“自分らしさ”はいらない』 松浦弥太郎著 自分の中で松浦弥太郎ブーム再来。 言葉を噛みしめたくなる。 ちょっとズキっとする言葉。 だけど、(ですよね〜)と言わざるを得ない。 心が震える作品からはそれが伝わってくる。 いいなぁ。人の心を揺らしたいな。 私は「頭」でばかり考えて

スキ
41
育児、家事、仕事に追われて毎日疲れていた私の人生が変わった!美を引き寄せるメイク教室~オススメ本編~
+7

育児、家事、仕事に追われて毎日疲れていた私の人生が変わった!美を引き寄せるメイク教室~オススメ本編~

皆様こんにちは😊 なつみ、3回目の登場です🎵 こちらのnoteは 美を引き寄せる美容家  河村慎吾先生の メイク教室のスタッフ3人が交代で 投稿しています📒😊 今回は、河村慎吾先生のレッスンの 大きな特徴でもある 「本」について書いてみようと思います。 【メイク教室なのに生き方の本?】 慎吾先生のレッスンでは、様々な本をお勧めされます📚 慎吾先生自身、かなりの読書家で 数多くの本を読んでいらっしゃるので 慎吾先生目線で良いと思ったものを  内容に合わせて 生徒に

スキ
2