目には目を、虫には虫を、の生物農薬大作戦

数年前から、ベランダでバラを育てています。
枝を切ったり、大きな鉢に入れ替えたり、死角から飛び込む棘に思い切り肌を
裂かれたりと、噂どおりの重労働。

それでも、
5月に咲き誇るその気高いバラの花を見、
芳しい匂いをいっぱいに吸い込むと、
もうこれ以上ないくらいのうっとり気分を満喫することができます。

「わたしだけの秘密の花園、、」
そんな独占欲まで満たしてくれるバラの力。

が、
美しいものに

もっとみる
心からありがとう。とても嬉しいです!
40

夢にまで見た「しし座流星群」を拝むべく、ベッドから這い出した午前3時53分。周囲の明かりはほとんどないけれど、雲がうっすらかかっているせいか、首を真上に向けてるせいかずっと眺めていられませんでした。じゃんじゃん降ってたのかな?流星群。しょうがないから大根の葉を干しました。

読んでいただき感謝します🍀
44

petaurista 11 / かけわファーム➕あやめマルシェ➕ちば風土の会➕有機農法菱田の会➕

中学生になったばかりの頃のこと。家と学校、それから友達の家との往復から、少し足を伸ばして、あちこち出歩くようになった。乗り継ぎのための駅だった街が、身近でリアルな街に変わった。三軒茶屋・下北沢を探索したり、渋谷まで足を伸ばして109で買い物をしてみたり。それまで駄菓子屋さん、文房具屋さん、本屋さんで用を済ませていたのだから、世界が大きく広がったと言える。それはファッションだったのだけれど、裾野を広

もっとみる
🐒ぷぅ♥うっき~
3

畑をスキで埋め尽くしたい

 図書室にあったピーターラビットの本。シリーズで本棚に並んでいて、他の本よりもコンパクト。学校から家まで4キロの道のりを歩いて帰るにしても苦にならない重さ。この本が大好きで、借りては好きなページの挿絵を真似して描いていたなぁ、と懐かしく思い出します。

最近になって映画化されたものを見ましたが、日本語吹き替えでガーン、
ピーターラビットって、畑の厄介者扱いじゃないか!
それと吹き替えの声がどうも苦

もっとみる
力、湧いてきた〜!ありがとうございます!!
33

【Co-Living②】虫一匹いない痩せきった庭に、新しい手作り畝が出現!

新しい手作り畝が完成! 

向かいの草を刈って(win-winボランティア)草マルチもできて、コンパニオンプランツの組み合わせで固定種の12種類の種を植えました。 

掘ってみたらガチガチの粘土質で、虫一匹出てこなかった、畑としては生命力が低い痩せきったこのスペース。 

決めた枠の中を掘り返して、微生物が元気になる自然物ブレンドをそこに撒く。(米ぬかや草木灰など、ブレンドの内容は別の記事にて)

もっとみる
ハッピーです^^エクアドルの山奥に朽ちた教会がありました。。
49

農業における哲学とストーリーが野菜の価値を高める

午前中は草サッカーで汗を流し、午後は近くで自然農法を実践している農家さんのところにお邪魔した。

素敵な直売所を敷地内に持つ農家さんで、先日野菜を買いに行ってみた時に幸枝さんが見学の約束をしてきた場所だ。

本当に幸枝さんはコミュニケーションが上手で頼りになる。

昼過ぎに直売所を訪問。農家さんが畑とハウスを案内してくれた。

話を聞いてみると、ここでは無農薬なだけでなく、肥料も使わない農業をやら

もっとみる
ありがとうございます!
11

青パパイア!

かつて(3年前まで)作ってた青パパイヤ
結構、面倒な作物でしたら
ですがよく育つ
有機栽培で育ててたのですが(因みに私は慣行農家です)よくもまあ育つこと
感心しました
那珂市のやぎぬま農園から苗を買い、栽培方法も伝授してもらいました

先ずびっくりしたのが4月に植えて収穫は10月から11月
その間、実に半年
肥料もろくにやらず、当然、農薬も使わずに
やせていた畑にも関わらず無事に収穫までいきました

もっとみる
感謝!感激!!
1

アフターコロナでオーガニック⁉️

アフターコロナで
この先に待っているものは
それぞれが違うと思うけど

私に待っていたのは
これまで逃げ回っていた
実家の手伝いと、荒れた耕作地。

長男で実家の近くに住んでいるから
必然的に後継的な存在なワケ

外国の大学を卒業して
海外志向が強くても
これまで
なぜか海外赴任や移住には
結びつかなかったのです。

もし、神様がいて
運命を握っているのなら

「そっちではない!」とでも
言わんば

もっとみる