心の支え

人にどれだけ落とされて、人にどれだけ救われて

人にどれだけ落とされて、人にどれだけ救われて

 人にどれだけ落とされたかわからない。  しかし、それと同じくらい  人にどれだけ救われたかわからない。  結局、私に影響を与えたり、周りを構成するものはいつだって人であり、そこからそうそう逃げられるものではない。  初めての職場は、特にその起伏が激しいようにも思う。  私自身、まだまだ介護のこと、支援のこと、障がいのこと、そもそも人のこと、何にもわかっておらず、たぶん……いや、たぶんどころか確実に、今よりももっと精神の振れが大きかった。  そこから、本当にいろいろな

スキ
7
スターバックス
+2

スターバックス

先日妻と「スターバックス」へ行ってきました。 わりと金額は高いですが、やっぱり美味しいですよね。 それに店員さんの対応がいつも笑顔で素敵だと思います。 たまたま患者様で元スタバの店員さんをしてらっしゃった方がいて、色々話を聞いてたら行きたくなってしまいました。 自分が好きなメニューは 飲み物 ・キャラメルスチーマー ・ダークモカチップフラペチーノ ・抹茶フラペチーノ 食べ物 ・チョコレートスコーン ・シナモンロール ・キッシュ が好きです。 甘いのばっかりで嫌になったら

スキ
5
日記・79:海月

日記・79:海月

 今日でこのノートが最後のページになった。  新しい一歩を、頼りなく踏み出した時、自分たち家族は海に浮かぶ小さな小舟のようだった。地図もコンパスもなく、何を目指すのか、どこへ向かうのか、なぜそこに三人乗っているのかさえ理解出来ず、小波にも大波にもただ流され、いつ転覆してもおかしくない状況だっだ。 小さな子供にミルクを作ったり、オムツを替えたり、幾度となく病院へと走り、そこに寝泊まりして仕事に向かった。  なんとかなるもんだ。ダメかなぁとふと思ったとて、人間なかなか強いも

スキ
11
スティーブ哲の人生いろいろ

スティーブ哲の人生いろいろ

その八十七 【ギターを弾き続けて良かったこと3選 】 こんにちは、スティーブ哲(昔のバンド時代のステージネーム)です 幸せでワクワクする人生を送りたい方々、現状を変えたいけれどちょっとの勇気がなくて一歩を踏み出せない方々のお役にに少しでもなれたら、と思って投稿しております 【ギターを弾き続けて良かったこと3選】 自分は小学校3.4年生のころ 兄貴の影響でギターを弾き始めました そして、かれこれ50年近く(途中でブランクもありましたが)弾き続けています 唯一、長続き

スキ
2
月の導きが幸せにつながることを祈る

月の導きが幸せにつながることを祈る

 その話しを聞いたとき、初めは冗談かと思った。というより、聞きたくなかった。  けれど、冗談のままにもできなくて、聞こえない聞こえない、なんて戯けて言ってみたけれど、何が変わるわけでもなかった。  それは、あまりの衝撃だった。  ただ、その場ではすぐに話しもできず、追及することもできなかった。機会を、待つことにした。ゆっくり話しを聞きたかったし、向こうもそのつもりで伝えてくれていた。  そうして、それは叶った。  私としては理不尽な何かがあるのではないか、と勘繰って

スキ
11
心の支え

心の支え

私の職種。同じ職場に、有資格者と無資格者が混在して働いてることがほとんどです。 大方の職場のボスの心境としては、経験が少ない有資格者よりも経験豊富な無資格者を優先的に採用したい様です。 この世界は、「仕事が出来てなんぼ」の世界です。 どこも、余裕が無く、人を育てる時間がありません。 そんな訳で、最初はとりあえず雇ってもらえる所で修行をするのですが、まあ、とんでもない環境の所が多いのです。 有資格者と言えども、スタートは厳しいのです。 何人かの友人にインタビューした

スキ
11
悪阻とは

悪阻とは

初めての妊娠で経験した悪阻。今はもう落ち着いているので悪阻終了ということにしております。ぶり返さないことを祈るのみ。 この悪阻、人それぞれ症状が違います。 ほとんどわからず妊婦生活を送る人、空腹時に吐き気がある為常に何かを口に含まなければならず体重管理が大変となってしまう人、食べ物の匂いや見た目で吐き気が生じる人、常によだれが止まらず口の気持ち悪さで吐き気を感じる人、常に吐き気があり何かを口にするたびに嘔吐してしまう人… 書き出したらきりがないくらい症状があります。吐き

スキ
16
祝乃木坂46!10周年〜大園桃子卒業記念〜3期生12人は永遠に!〜真夏の全国ツアー福岡公演第3弾!

祝乃木坂46!10周年〜大園桃子卒業記念〜3期生12人は永遠に!〜真夏の全国ツアー福岡公演第3弾!

DACの、のんちゃんです。今回も、8月21日(土)22日(日)に行われた、乃木坂46『真夏の全国ツアー福岡公演』&『大園桃子卒業セレモニー』のことを大園桃子卒業記念と題し、大園桃子を思って、第3弾をみなさんに紹介します!このブログはシリーズ化にしているブログで、あと2回を予定しています。しばしお付き合いください! 今回も、前回前々回に引き続き『大園桃子の卒業を祝して大園桃子のセンター楽曲紹介』第3弾を紹介します! 第3弾は、大園桃子がセンターの楽曲ではなく、大園桃子のユニッ

スキ
3
【雑記】今も心に残る1曲

【雑記】今も心に残る1曲

こんにちは、もももと申します。 今日は私がまだ今の会社に入社したての20代前半の頃に出会った、今なお忘れられない思い出の1曲をご紹介させてください。 10数年前、まだ今ほど残業やハラスメントなどに対し、企業コンプライアンスがうるさく問われていなかった時代。 日々の過剰な無償残業や上司の精神的な圧力、自社商品の自己購入などなど、大企業のわりにブラックな要素がとても強かった入社当初。 定年まで無事会社に残れる人間は、ごく僅かだとか言われていました(^^;) 終電ギリギリ

スキ
91
国語と私②

国語と私②

国語と私①の続きです。 私が国語の講師に至った経緯 ①文字への興味→国語 ②大学入試の失敗→受験国語 の①の続き。 [中学時代〜大学時代] 中学時代→作文コンクール奨励賞→自信 高校時代→挫折→復活 大学時代→文学部  中学時代は、作文コンクールで奨励賞を取りました。これは、国語の先生が私を推薦してくれたのが大きいです。おそらく。日頃から私の文章を褒めてくれていましたから。  特別出来ることがなく、褒められたり認められたりすることが少なかった私にとって、この出来事はもの