後天的

低い声がコンプレックスという女性に思うこと

どうも。やづらです。

低い声がコンプレックスという女性に時々出会うんですが、毎回言うことがあって。
話を聞くと、そう思う理由は「女の子らしくないから」だとか。
何言ってんだって話です。

まぁ高い声が女の子らしいというのは分かりますが、低い声でも相手は「女性の声」だと分かります。
そこがポイントで、ただの「低い声」ではなく「低い女性の声」として認識されているわけです。
ここで、男性が女性の声真似

もっとみる

生まれつき

私は人と会うのが好きだ。その中でたくさんの学びがある。その人の纏っているもの、選ぶ言葉、仕草や癖、そのしか持ち得ないものを見つけてはよく刺激を受ける。
 そしてそれが先天的か、後天的かという事にも興味がある。
 
 生きていると、私が元々持っていた先天的なものってなんだったんだろうと振り返ることが最近増えた。

 先天的とは親からの遺伝、つまり生まれつき備わっていたもの。反して後天的は言葉の通り、

もっとみる
よろしければ他もぜひご覧になってください!
4

さぁ、これからですよ

奄美諸島が梅雨入りしたというニュース。
来月になればランニングもなかなか出来なくなるのだろうな...と思いながら聞いていた。

今日は仕事が休みだったので、車で現地まで行って、そこでランニング。

朝でももうすでに暑い。

ランニングが終わった後、車のトランクを開けて座り、しばし休息。
さわやかな風に吹かれる。
これもまたランニングの楽しみの一つ。

さて、こちらは家の植え込みやランニング中の道端

もっとみる
シェアしていただけると嬉しいです!
16

先天的と後天的

人には、先天的に備わっている資質や性格と、後天的に身に付ける技能や価値観があると言われます。前者は抗えない運命、後者は自分の育つ環境によって左右される運命なのかもしれません。

先天的に備わっていて、努力ではどうしようもない資質には、容姿、身体的特徴(身長、体重、髪の毛の量、等)、逃れなれない気質(短気/のんびり、傍若無人/八方美人、等)なんかがあります。

また、後天的に身に付けたものの代表とし

もっとみる
スキを押していただき、ありがとうございます。大変励みになります。
1

失敗は成功のもと

僕は常にどうしたらいいか考えていた。

会社でのうまくいかないとき

作業しながら考えて、変えてみる

効果なければ、違う何かを打診して解決策をみいだす。

だけど少しまえから、

失敗しないためにどうしたら防ぐことができるだろうと

考えが変わっていた。

ここをこうしたら、ミスがないだろう

ここをチェックしておけば、取りこぼしがないだろうと

自分に勝手に保険とゆうなの逃げ道をつくり

仕事

もっとみる

改めて、笑いは大事だと感じる
インフルにかからない人はよく笑ってる人
思い詰めたり、疲れて顔も冷めてるとなりやすいと感じる。
病は、笑顔でまず治す!お笑いを見よう!

幸せを感じた時より不安を感じ
もっと努力して頑張る
必死に生きるから、夢ややりたいことが実現できるし達成感がある。
好循環になるのでわなく、していく
後天的な努力とゆう言葉がすき。

「DeNA、健康サポート」から

----------
三点に注目したい 
 1.「安心してイキイキと送れる健康生活」
 2.「ゆりかごから、ゆりかごまで」
 3. 構想⇒ビジョン⇒主要素・KFS⇒打ち手の順番

関連代表記事 ITメディアニュース 2018年03月20日 17時33分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/20/news107.html
----------

もっとみる
夜通し、思考の向こう側が見えるまで、対話しましょう。
6

運も実力のうち?

心体義塾『有料会員メールマガジン11号』(2018/10/01)、『有料会員メールマガジン12号』(2018/10/15)に掲載された塾長コラムをまとめた文章です。

「運も実力のうちだよ」
勝負事の世界では必ずといっていいくらいささやかれるセリフ。

実力は先天的(タレント・才能)+後天的(スキル・努力)からなるもの。
ここからもわかるように、実力も実は単純に自分の努力だけではどうにもならないも

もっとみる

大人になって分かった「イチロー」の凄さ

僕は天才ではありません。なぜかというと自分が、どうしてヒットを打てるかを説明できるからです。

こないだ10年後の仕事図鑑を読んでいた際にイチロー選手の名言が引用されており、その凄さにはっと気付かされた。

では、イチローは一体何が抜群に優れているのか?

例えば「ヒットを打ち活躍をする」といった目標があったとする。
その目標を達成するためには、現状の自分と目標との差分をきちんと把握する必要がある

もっとみる