感謝された日

9年前の1月。

わたしが動物看護師だった頃の実話シリーズ

-----------------

去年の冬、ネコの後肢が立たなくなり、
その後弱ってきていました。

飼い主は、見ていられないと言って
『楽にしてあげてほしい』と
お願いにきました。

私たちから見たネコは
意識もハッキリしていて、
まだ決断するには早すぎるし、
してはいけないと感じた。

『今処置してしまったら、
 絶対に後悔しま

もっとみる
嬉しい〜♡
5

日本でも話題になりましたが、実はペットの新型コロナウイルスの感染は増えています。世界の事例と予防の対策、ご家庭で行えるケア・栄養を考慮したトッピング食材などについて解説🌱
ペットたちを感染から守るために、ぜひご視聴ください❗
⇒ https://youtu.be/IYwKkhqY-FA

フォローもしていただけたら嬉しいです♪
5

命の尊厳を守るには

筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者さんの依頼を受けて殺害した医師2人が嘱託殺人容疑で逮捕された事件。

「尊厳死」議論も巻き起こす契機となったが、果たしてこれは尊厳死にあたるのか。そもそも、尊厳死は議論されるべき論点なのか。

私の意見としては、死に尊厳などないというのが結論である。したがって、「尊厳死」という概念があり得ない。

ALSのような治療困難な難病を抱える人が死を望むのはなぜなのか。

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
1

だから、もう眠らせてほしい2つのテーマを追って

「人は必ず死ぬのに、どうして死を見つめることから逃げたがるんやろう。たぶん死ぬのが怖いからなんやろうけど、なんで回避するんやろな。きっとこの本を書いた先生も心の奥底では死ぬのが怖いんちゃうかな。安楽死を世界から無くしたいと思っていたそうやし」

全てを読み終えたあと、率直に思った感想だ。
決して著書の先生をディスっているわけではなくて、先生はきっと誰よりも死と向き合ってきた先生なんだとも思った。

もっとみる
ありがとう
2

パターナリズムと患者の自己決定権ー安楽死を題材に

1パターナリズムの医療

昭和以前の日本の医療はパターナリズムであった。つまり、偉いお医者さんが患者の病気を吟味し、判断して最上の価値、すなわち「生き続けること」を目指すのだから患者は一切考えたり判断することなく、ひたすら医師の指示に従え、というものであった。

もちろん医師はその時の医療水準に従って最善のことを患者に提供しようとした。当時は「がん」にかかるともう助からない時代でもあったから、「が

もっとみる
サンキュー!

「安楽死を遂げた日本人」を読んだ

「社会的処方」という言葉の、日本での、あるいは医療の世界での扱われ方に興味があった。

社会的処方を研究している医師やそれに関する文章などを調べていると、「宮下洋一」という人物を知った。小学館ノンフィクション賞で優秀賞を受賞した「卵子探しています」という彼の著作タイトルも見たことがあった(読んだことはなかった)。

宮下洋一というジャーナリスト

どうして社会的処方を調べていて、彼の名前にたどりつ

もっとみる
嬉しい!ハイ・ファイヴ!
8

ペット の安楽死:日本では悪いイメージがあると思いますが欧米では違います。
治療しても苦痛が取れない場合、何をしても治らない場合に、最後に「苦痛から解放してあげるための手段」として安楽死が行われます。
治らないのに治療でただ延命させるのは余計に苦しめることになるという考えです🌿

フォローもしていただけたら嬉しいです♪
8

なぜ安楽死はダメで、出生前診断はOKなの?

謎ですよね。

先に言っておきますが、こんな壮大かつ難解なタイトルに対して明確な回答を導き出せるほどボクの知は深くありませんし、正義感でもなんでもありません。ただ、この問いかけには「我々はどのような根拠によって「人間」を規定しているのか?」という機能的意味の一端を考える材料にはなると思います。「人間が「人間」を規定する」仕組みとは。

◆法とタテマエ -出生前診断に基づく堕胎-
日本では堕胎(人口

もっとみる

神さまの基準

今朝久しぶりにナルトのペイン編をアニメで見ていた。忘れている部分もあったので「こんな感じだったな」などと思い出しながら見ていると、以前は気にならなかった見事な死亡フラグを発見してしまった。

“私は神になったのだ” byペイン天道

終わりだ。これを言っては彼の人生は長くない。

私の22年間の人生経験上、この類の発言をしたキャラの未来は暗い。だいたい死んでしまうと相場が決まっている。
人間を

もっとみる

看取りと安楽死について現役看護師さんに聞いてみた

こんばんは!
埼玉県で介護福祉士をしている大西です!

今回のテーマは「看取りと安楽死」について。

現役看護師さんにインタビューしてみたんですね。
結構面白い話が聞けたので、書いておこうと思います。

最近こんな感じの話しばかりですが、お付き合い頂ければ幸いです。

それでは第127弾です、よろしくお願いします。

看取りへの理解が変わってきている

とある看護師さん(特養)に「看取りと安楽死」

もっとみる
僕もスキです!
15