サインバルタの希死念慮がでた方いますか??😱

こんばんはん!線維筋痛症のふりかけっこです。

7月に線維筋痛症と診断がおりて、サインバルタとリリカを処方されました。線維筋痛症とは、どこも悪くないのに、あちこちがとんでもなく痛くなる症状です。痛いから気持ちも沈むので😭気分をあげるという、サインバルタが処方されるのがメジャーなようです。

サインバルタを服用したら、あらまあびっくり‼️

人間てこんなに痛くない生き物なのね👍

私は「皆痛いの

もっとみる
やったー!来てもらえて感涙です😊
1

明日死ぬかもしれない。今日かもしれない。

明日は出かけるので、今日はあまり書かない。
今日は銀行には行けなかった。明日行けれたらいいなと思う。明日は友人たちと会う。寝坊しないかとか、遅れないかとか、何か変じゃないかとか、色々考えてしまう。いつも通りが無いのが今の私だ。少し太ったのが恥ずかしい。

今日はもう寝る。明日も続きを書く。

別に逃げてもいい

いきなり仕事やめるとか死ぬとなると、むしろハードル高いと思うんですよ。

死にたくなるぐらい、しんどいなら、会社や学校を休む、それでもハードルが高いなら、半休を取って午後には帰ってくる、でいいんです。

辛い時に休むのは、自分を甘やかすことではないし、他人の目を気にすることもないんですよ。だって、他人は意外と、他人に興味がないんですよ。

もし病院で診断書が出るようなら、傷病手当を貰って堂々と休め

もっとみる
ありがとうございました!
2

誰か助けて

だれかたすけて

「誰か助けて」と検索したことないですか。それはほとんど無意識に。私ですか?たくさんあります。

強制的に生まれてきました。自分の意思・意見などまったく聞き入れることはなく「人生」が勝手に始まりました。それが私やあなたです。親は自分たちの人生をより豊かにするために私やあなたを生みました。

親は子供を作る前に一度でも「…子供を作ったとする。その子は人生という長く苦しい旅を望まないか

もっとみる

死にたくてブロン飲んだのに効かない

ありがとうございます😊嬉しいです
1

残像

家に帰ると、思い出してしまう。

穏やかな声。キーボードを叩く心地良い音。仕事中の顔。猫のように甘える私の頭を優しく撫でる手つき。「おかえり」の言葉。一緒にご飯を作っては食べた日々。何度も身体を重ね合わせたこと。じゃれあって他愛のない話をすること。寝ている私を優しく起こすところ。たくさん笑いあった日々。お互いが気遣い生活を会わせた毎日。眠れない私を、子どもをあやすように”トントン”するところ。心地

もっとみる
嬉しいです!!
7

1回死のう。14年かけた命題の証明

ソクラテスを探していた。

25歳。中学生からの14年間。

私にはどうしても証明しなければいけない2つの命題があった。中学生のとき、ふと抱えた疑問。それは余りにも当たり前に、生活に溶け込んでいた。

考えても答えは見つからなくて、そのうち「この当たり前が、当たり前であること」を証明するのが宿命だと思うようになった。プラトンだと思いたかったが、ただの厨二病だった。

私は実験してみた。だが、途中で

もっとみる

遺書のように並べた言葉の続き

<マガジンを読んでいないと理解できない部分があるかと思います。ぜひ、読んでください。>

ある日、私は別れ際に、最近引っ越したばかりの彼(T)にこう訪ねた。

「今度おうちに行ってもいい?」と。

彼は「ダメ。」と言った。私はそう言われるとは思っていなかったので、たじろいだ。そして理由を訪ねた。「ゆくゆくは彼女がその家に来るから?」と。

彼は「それもそうだし。もう、そういうことはしない。」と言っ

もっとみる
スキありがとニャ
3

死にたいと思ったことなんて1度もなかった

死にたい、って、
1番思っちゃダメなことだと思っていた。

思っちゃダメだと強く思っていたのは、
そう思っていないと、死にたくなるからだと分かった。

25年。

プツンと糸が切れたように、

あ、死のうと思った。

誕生日。

会社がたまたま休みで、そういうことかと思った。

私が1度も死にたいと思わなかったのは、強迫観念だったと思う。

父母は高齢で、幼い頃、祖父母から語り継がれた戦争の話をよ

もっとみる
ありがとうございます。すごく嬉しいです^ ^
2