気休めの誘惑

気休めの誘惑

どんよりとした雲を 避ける様に路地裏へ 娼婦達は暇そうに 夜の夢を微睡み耽る 気休めの誘惑なら 虚しさを埋められるか 答えを知りながらも 自分の場所へと帰る罪人

映画と料理「ティファニーで朝食を」オードリーとシンクロ撮影

映画と料理「ティファニーで朝食を」オードリーとシンクロ撮影

『活きた食のシーン』の映画紹介の第2弾。 かつて民放で料理撮影現場にいた私が感じる 「料理が印象に残る映画」のご紹介。 今回はそれに伴う私のシンクロ体験を お伝えしたいというのが本音です。 ご紹介するのは 『ティファニーで朝食を』の冒頭 『クロワッサンの立ち食い』です。 この映画は、NYで高級娼婦として暮らす娘と、 同じアパートに越してきた売れない作家との間に 生まれる恋愛を描いています。 映画の中盤では、彼女の夫が迎えに現れ、 田舎に置き去りにした子供の話が出るな

49
フランスの画家で、彫刻家のエドガー・ドガが生まれた。

フランスの画家で、彫刻家のエドガー・ドガが生まれた。

ArtDailyは2019年07月19日に、絵画、彫刻、版画製作、およびデッサンの作品で有名なフランスのアーティストであったエドガール・ドガ(Edgar Degas/Edhgar Degas/Hilaire Germain Edgar de Gas/1834 - 1917)は1834年07月19日に、パリの銀行家オーガスティン・デ・ガス(Augustin De Gas/ピエール・オーガスティン・デ・ガス/Pierre Augustin De Gas/1814 - 1887

4
錯乱

錯乱

薬のやり過ぎで 錯乱する娼婦 月が綺麗な夜を 眺めて泣いた 誰にも吐き出せずに

無題

無題

マグダラのマリア 貴女は何を憂いているの? 貴女ほど綺麗な人なんていないでしょう。

14
100
https://stand.fm/episodes/60cad357307e66000612ade8

https://stand.fm/episodes/60cad357307e66000612ade8

1983年6月6日パリの「娼婦街」サン・ドニを歩いてみた 〜 BGM は Doobie Bros, Deep Purple, 憂歌団, S&G, and Tom Waits ♫

1983年6月6日パリの「娼婦街」サン・ドニを歩いてみた 〜 BGM は Doobie Bros, Deep Purple, 憂歌団, S&G, and Tom Waits ♫

6月6日は明日だけど, まぁいいっしょ。それと, サン・ドニは文字通り「歩いた」だけだよ, 最初に言っておくと。も一つ「それと」, タイトル上の写真はネット上から拝借したもの(この通りの写真を無闇に撮ったりしたら, もしかしたら危険かもしれない)。 1983年4月26日に日本を発って始めた, ユーラシア大陸「ほぼ」一周の旅 〜 フランス・パリには 6月3日に着いて, 翌6月4日にパリの映画館にて封切り4日目の「戦場のメリークリスマス」鑑賞, 長いなこの見出し!どんだけ長い見

10
作家と娼婦

作家と娼婦

作家と娼婦の恋物語は、私小説のよくあるプロットの1つだろう。肉欲と神性なるものとの葛藤は永遠のテーマともいえる。 フランスの作家にシャルル・ルイ・フィリップという、どちらかというと地味な作家がいる。ジイドから絶賛され、何冊か本を出版し、34才で短い生涯を終えた男だ。 田舎町からパリに出てきて、亡くなるまで恋多き男だったのだが(フランスの作家はだいたいみんな恋多きなような気がするが)。彼はパリである娼婦に恋をする。女の素直さや優しさに惹かれたようだ。娼婦というのは確かに、び

10
娼婦を、作家を、蝕んでいく顔の見えない「人気」という怪物『鼻下長紳士回顧録』

娼婦を、作家を、蝕んでいく顔の見えない「人気」という怪物『鼻下長紳士回顧録』

※本記事は、「マンガ新聞」にて過去に掲載されたレビューを転載したものです。(編集部) 【レビュアー/佐渡島庸平】 安野モヨコの8年ぶりの新作ストーリーが出る。 時間は数えないようにしていた。僕自身も、数えだすと不安になり、焦るから。帯に載せるために調べて、8年もたっていたのかと認識した。 長かった。 編集者にとってこれだけ長かったのだから、安野モヨコにとっては、もっともっと長い抜け出すことのできない地獄のような8年だっただろう。 見本として届いた通常盤と特装版の両

7
【読書コラム】「純潔を取り戻す」ということ

【読書コラム】「純潔を取り戻す」ということ

『椿姫』  著者 デュマ・フィス  出版社 新潮文庫  今回はコラムなのか分からん。 最初に立ち昇ってきた正直な感想は、「長かったなあ」というものだ。そんなことは手に取った瞬間にまず気づくべきなのである。 だいたい400ページ強。これより長編の作品はいくらでもあるが、それでも親指よりも厚い。小指分の厚さの小説ばかり読んでいた私なので読み終えたときは、どっと疲労感が押し寄せ、それ以上に達成感も同時に押し寄せてきた。 「濃い」ラブシーンは疲れる。全部私が悪い。大学生になったと

3