TOMOKI

1964年10月14日大分県日田市生まれ。現在、熊本県菊池市在住。 2014年10月に脳出血(左視床下部に37㍉)で倒れ、右片麻痺の二級身体障害者、不如意の身体になる。 一生リハビリ中。リハビリ以外にも、読んで、観て、感じて、考えたことを何でも。

TOMOKI

1964年10月14日大分県日田市生まれ。現在、熊本県菊池市在住。 2014年10月に脳出血(左視床下部に37㍉)で倒れ、右片麻痺の二級身体障害者、不如意の身体になる。 一生リハビリ中。リハビリ以外にも、読んで、観て、感じて、考えたことを何でも。

    マガジン

    • 本日の夢…日記

      脳出血で倒れてから、やたらと夢を見るようになりました。しかもハッキリとした夢を。せっかくだから小説のように記録しておこうと思います。

    • 脳出血・片麻痺のリハビリ日記

      白本 朋求(シラモト トモキ) Tomoki Shiramoto 1964年10月14日大分県日田市生まれ。 2015年10月、左視床下部に37㍉の脳出血で倒れる。 右片麻痺の2級身体障害者となる。 一生リハビリで奮闘中。

    • 親の介護はジゴクだ!と思う。

      脳出血で右片麻痺となった不良中年の俺が、 まさか親の介護をすることになるとは…。 老人介護には未来も希望もない。 誰かフォローして下さい。

    • なるべく毎日日記

      なるべく毎日、書きます。

      • 本日の夢…日記

      • 脳出血・片麻痺のリハビリ日記

      • 親の介護はジゴクだ!と思う。

      • なるべく毎日日記

    最近の記事

    【夢】海辺の日本家屋にて。

    先程、見た夢…。 俺が所有する海辺の広い日本家屋に有名人御一行が遊びに来る。 メインは巨人のユニフォームを着た長嶋茂雄氏で、野球に全く興味のない俺は、遠くからファンらに囲まれている彼を眺めてる。 程なくして宴が始まるが、俺は自分の部屋で本を読んでる。 しかし、あまりにもドタバタうるさいので、イライラして出てみると、渡辺二郎(ヤクザになった元ボクサー)みたいなガラの悪い男が、酔っ払ってクダをまいている。 俺は「うるさい!」と怒鳴りつけるも、男は酒瓶を持ってドタバタ走り

      • 「分裂病の少女の手記」

        法大出版局じゃなく、みすず書房だったかぁ。 精神分裂病(今は統合失調症)となったルネというドイツの少女が体験した症状の数々を、後に、本人が綴ったものだ。治療者であるセシュエー女史が、ルネの羅病及び回復過程を心理学的に分析・説明もしている。 元カミさんが、酷い統失で、ものすごい苦労を強いられていた(俺もストレスからパニ障になった)時に読んだと思う。 ルネは5歳の時、学校などで、目の前で起こる出来事が、決して現実ではないとの思いを持つことから始まる。そこから長い間、時折、襲

        • 気遣い

          コミュニケーションの基本は“気遣い”だと思う。 いくら場面に応じた細かい礼儀作法を知ってても、相手を気遣う気持ちがなければ、何の意味もないと思う。反対に、礼儀作法なんか知らなくても、ちゃんと人を気遣うことができれば、たいていは大丈夫だ。 たまに自分の事だけで気遣いの全くできない奴がいる。人の気持ちを考えるという想像力が欠けてるのだ。俺が、私が、だけのイタいメンヘラ的思考は相手を疲れさせるだけだ。 逆に気遣いをし過ぎて自分を傷付けてしまう人もいる。相手を気遣うというよりも

          • 血液検査

            今日の診察で、前回の血液検査の結果が出た。 「素晴らしいですね〜。理想的ですよ」とドクターが誉める通りに全て基準値内。前々回と変わらず。 脳出血を起こして7年、右片麻痺という大きな障害は残ったものの、すでに習慣となったリハビリや改善した食生活で、ここまで健康的になったよ。コレは自慢しても良いだろう。へへん。 1日約1.5食(食事内容はそんなにこだわってない)で、空腹時間を作る16時間断食は継続、水は毎日1〜2㍑は飲む、体幹を意識した独自のリハビリ・トレーニングと、週2〜

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 本日の夢…日記
            TOMOKI
          • 脳出血・片麻痺のリハビリ日記
            TOMOKI
          • 親の介護はジゴクだ!と思う。
            TOMOKI
          • なるべく毎日日記
            TOMOKI

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「旧約聖書」

            新約はマトモに読んだけど、旧約はまずはマンガの抜粋で。 旧約は、イスラエルの民の歴史と、主である神との間で交わされた約束のアレコレ、それによって救世主イエス・キリストが誕生するに至るまでを綴った、新約より長い膨大な物語。紀元前1400〜400年頃に書かれたらしい。 ユダヤ教・キリスト教の聖典で、イスラム教の啓典でもある、各種物語を創作した想像力は敬服するものがあっても、主である神ってのは、つくづく勝手だよなぁと思う。 ほとんどのストーリーは、映画でも知ってたが、男アダム

            徒然に…。

            どんなに抗おうとも、外に出れば、世間は、ねじれた理不尽なことだらけ。許容と寛容の態度が隅に追いやられて、排外と分断が当たり前の世界だ。 真理を理解するのは、どうしても少数派になってしまう。身近な周りを見ても、真面目な優しい、前に出ることができない人は苦労することが多いと思う。 環境が社会として発展して来ても、太古の昔から、欲望をはじめとする人間の本能が変化してるわけじゃない。現代には、現代に合致した表れ方をしてるだけだ。どんな最新ツールを使っても同じ。 そもそも、人間は

            上手い運転

            公道上において、“上手い運転”を続けるには、まずは、他の車両、自転車、歩行者等、公道上のあらゆるものとセンス良く安全にコミュニケーションが取れることだな。 相手をイライラさせないし、こっちもイライラしない。そして、乱す奴には決して対抗しない、避ける、流す。 昨日、片麻痺のカラダで240㌔を運転した俺が言うから決して間違いはない(笑)。

            【邦画】「影武者」

            黒澤明監督らしい3時間弱の長丁場の戦国時代劇「影武者」。主演は仲代達矢。 時代劇の一大スペクタクル巨編で、世界での評価が高い。 武将の武田信玄が夜中、不意に城から狙撃される。 幼い嫡孫が成長するまでは、自分の死を隠して、3年は動かずに領地を固めてくれとの遺言を残して死んだために、信玄の弟と重臣らは、身内にも信玄の死を明らかにせずに、信玄にソックリの、死罪直前の盗人を、信玄の影武者として立てることにする…。 たくさんのエキストラを使った城や戦場のシーンなど、とにかくスケー

            「小津安二郎大全」

            日本の文化の特色の一つである“無常”ということに強く惹かれた俺だが、邦画では、やっぱり黒澤明よりも小津安二郎が好きだな。 クロサワさんが、主にアメリカで評価が高いのに対して、小津安は圧倒的にヨーロッパというのも、2人の特徴が出てて頷ける。 この大全は、いわゆる“小津組”に参加した俳優やスタッフ、小津安を評価する内外の映画監督や作家、評論家等の寄稿、各種資料・論考で構成されたもので、読み応えがあった。 小津安二郎作品は、我々の日常にとても近くて、ただ納得がいって面白いとい

            「時代を動かす言葉」

            「読書は、人生の全てが、決して単純でないことを教えてくれました。私たちは、複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。人と人との関係においても。国と国との関係においても」。 平成10年の、皇后美智子さんのこの言葉が最も感動を受けた。 元新聞記者だった著者(故人)が、長いジャーナリスト生活他(昭和20〜平成11年)の中で耳にした印象深い言葉を集めたもの。 コレも地元図書館の10円リサイクル本。 名言とまでいかなくとも、感情にまかせて、ふと発した言葉が、メディアを

            【洋画】「俺たちに明日はない」

            1967年の、有名なアメリカン・ニューシネマ(ベトナム戦争を背景に反体制的な若者を扱った作品)の先駆的作品「俺たちに明日はない(Bonnie and Clyde)」(アーサー・ペン監督)だ。 ボニー&クライドの犯罪逃避行と、ラストの2人への一斉射撃はチョー有名だが、ちゃんと観たのは初めて。 実際にあったボニー(・パーカー)とクライド(・バロウ)のカップルが起こした連続殺人強盗事件を映画化したものだ。 世界恐慌の時代に、ムショを出たばかりの不良青年クライドに、平凡な生活に

            「惑星の風景」

            若い頃、「チベットのモーツァルト」を読んだ(よくわからなかった)ことがある思想家・中沢新一先生の初の対談集。 民俗学から宗教学(主にチベット密教)、文化人類学と、手広く縦横無尽に研究の対象としている通り、対談相手も多彩だ。半分くらいはわからなかったけど(笑)。 以下、いくつか感銘を受けた部分。↓ 「外から見た日本は、自然をこよなく愛していて、それは芸術作品に他ならない庭園からも伺えるが、同時に、産業開発のために、自然に対して並外れた暴力性を発揮している」 「ユダヤ・キ

            「切支丹の里」

            クリスチャンである著者の、長崎、島原への紀行文。 「隠れキリシタン」の道程を辿って、著者自身の考察を交えたものだ。 隠れキリシタンとは、江戸時代に幕府が禁教令を布告してキリスト教を弾圧した後も、密かに隠れて信仰を続けた信者のことだが、表向きには仏教信仰を見せかけてキリスト教を偽装棄教したり、明治になって禁教令が解かれても、秘教形態を続けて本来の教会に戻らなかったり、“潜伏キリシタン”とも呼ばれて、信仰のスタイルは様々らしい。 十六番館で「踏絵」(信者発見のためのキリスト

            【古典映画】「姿三四郎」

            黒澤明監督の第1作目、1943年(戦時下)の「姿三四郎」だ。 同名小説(富田常雄)の初の映画化。 当時、大ヒットしたらしいが(そういえば親父も熱中して観たと言ってた)、主人公の苦悩や初恋など、人間的な成長も盛り込みつつ、クロサワさんらしく、躍動感のある映像を創ってる。 ただ、数回、ライバルらとの決闘のシーンがあるが、もっと尺を取って、映画なんだから飛んだり跳ねたりの見せ場を入れても良かったのでは。三四郎の技があっという間に決まってしまうので、ちょっと物足りなかったね。

            【アニメ映画】「思い出のマーニー」

            もう一つジブリ作品を。また、米林宏昌監督の「思い出のマーニー」(2014年)。 コレも、英国作家ジョーン・G・ロビンソンの児童文学が原作。 ということで、やはり子供向け作品で、中年ジジイが観るものではないかなぁ、と思ったけど、名作古典映画「わが青春のマリアンヌ」のように、入り江の屋敷に住む少女マーニーが、ゴーストなのか、幻覚・空想の産物なのか、多重人格が作り出した存在なのか…、幻想的でロマチックな展開で楽しめた。ついに男子のキャラが登場しない処女崇拝の物語。 主人公の、

            「新編 綴方教室」

            なぜに、この文庫を手にしたのか忘れちまったけど…、豊田正子(1922〜2010)という女児の文集。 初版は、昭和12年に刊行された。刊行後、たちまちベストセラーになって、映画や演劇になった他、レコード化もされたという。 最初は、教師の指導を受けて、書き直ししながらだけど、昭和初期の下町の、貧しい職工一家の生活を、女児の目線で飾ることなく素直に書き綴っており、その情景が頭に浮かんで、なかなか面白い。 人情に弱いけど、すぐに直情的に“べらんめえ、馬鹿野郎”と怒鳴る父ちゃんや