弟切千隼

生物学、神話・伝説、漫画・アニメなどについて書くライターです。専門は、神話や伝説にしか登場しない、幻想植物です。おそらく、日本唯一の幻想植物研究家です。二〇二二年現在で、百種以上の幻想植物の伝承を確認しています。 noteでは、昭和の時代の漫画・アニメ文化について書くつもりです。

弟切千隼

生物学、神話・伝説、漫画・アニメなどについて書くライターです。専門は、神話や伝説にしか登場しない、幻想植物です。おそらく、日本唯一の幻想植物研究家です。二〇二二年現在で、百種以上の幻想植物の伝承を確認しています。 noteでは、昭和の時代の漫画・アニメ文化について書くつもりです。

    マガジン

    • 日本史に関する本のレビュー集

      日本史や日本文化に関する本のレビューを集めてあります。日本文化というと、およそ何でも入ってしまいますが、分類しにくいもので、日本文化に関わるものを入れています。

    • 神話、民話、伝説などに関する本のレビュー集

      神話、民話、伝説など、古来の口承文芸に関する本のレビューをまとめてあります。日本に限らず、世界各国のものです。

    • 弟切千隼のレビュー集

      弟切千隼が読んだ本のレビューを集めてあります。ジャンルはばらばらですが、動植物関係と、神話・民話・伝説関係が多いです。

    • 妖怪、妖精、神、悪魔などに関する本のレビュー集

      妖怪、妖精、神、悪魔、精霊、幻獣など、超常的な存在に関する本のレビューを集めてあります。

    • 都市伝説に関する本のレビュー集

      日本に限らず、米国、ドイツ、ロシアなどの都市伝説に関する本のレビューを集めてあります。単純に都市伝説を紹介する本ばかりではなく、都市伝説研究の本も含みます。

    最近の記事

    山深き遠野の里の物語せよ

    山深き遠野の里の物語せよ  『遠野物語』の舞台裏を解説した本です。  解説本というと、「難しくて、退屈」という印象をお持ちかも知れませんね。  この本に限っては、そんなことはありません!  『遠野物語』は、説明するまでもない名著ですね。日本民俗学の金字塔です。座敷童子や河童など、妖怪談が収録されていることでも有名です。  二〇一〇年現在の日本では、「座敷童子や河童が実在する」と信じる人は、ほとんどいないでしょう。  けれども、歴史的には、つい最近まで、「その

    スキ
    3
      • 幸福のEメール―日本の現代伝説

        幸福のEメール―日本の現代伝説  日本の都市伝説の本です。副題に『日本の現代伝説』とありますが、現代伝説≒都市伝説と考えていいです。  この本が出たのは、一九九九年です。その頃、日本ではやった都市伝説が紹介されています。  都市伝説は、時代を敏感に反映するものです。ですから、二〇一〇年現在では、あり得ない都市伝説も紹介されています。  例えば、ポケベルに関する都市伝説などは、この時代ならでは、でしょう。  これはこれで、「当時の世相を知る」という価値があります

        スキ
        2
        • カメレオンの本―図鑑&飼育・繁殖マニュアル

          カメレオンの本―図鑑&飼育・繁殖マニュアル  題名どおりの本ですね。これぞ、カメレオンの本です。  カメレオンについて知りたいなら、ぜひ、この本を読むことをお勧めします。  この本が出たのは、一九九八年です。  二〇一〇年現在では、入手しにくくなってしまいました。事実上、絶版のようです。  しかし、二〇一〇年現在に至るまで、これ以上詳しいカメレオンの本は、日本語では、出ていないと思います。  多種多様なカメレオンが分布するマダガスカルの紀行文や、カメレオンの体

          スキ
          2
          • 動物百科 絶滅巨大獣の百科

            動物百科 絶滅巨大獣の百科  哺乳類の進化をたどった本です。  題名とは違って、巨大獣=大型哺乳類だけを紹介しているのではありません。小型の哺乳類も、たくさん登場します。  おおむね、時系列順に、さまざまな哺乳類が登場します。  哺乳類の祖先である哺乳類型爬虫類から、始まります。最初の哺乳類は、中生代の三畳紀に現われた、と考えられています。  中生代は、哺乳類にとっては、雌伏の時代でした。恐竜の時代だったからです。新生代に入ると、多様な哺乳類が、爆発的に分化してゆ

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 日本史に関する本のレビュー集
            弟切千隼
          • 神話、民話、伝説などに関する本のレビュー集
            弟切千隼
          • 弟切千隼のレビュー集
            弟切千隼
          • 妖怪、妖精、神、悪魔などに関する本のレビュー集
            弟切千隼
          • 都市伝説に関する本のレビュー集
            弟切千隼
          • 脊椎動物に関する本のレビュー集
            弟切千隼

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            インディアンの贈り物

            インディアンの贈り物  アメリカ先住民(アメリカ・インディアン)の民芸品の本です。  きちんと、現地の先住民の作家に取材していますね。全体的に、先住民の文化に対する敬意が感じられます。  一見、ただのカタログ雑誌のようですが、内容は濃いです。  民芸品に使われる文様には、ほぼすべて、それぞれ意味があります。それらの意味を解説した記事も載っています。  アメリカ先住民の文化を知るには、貴重な資料となりますね。  特に、ホピ族の精霊、カチナについて知りたい方は、

            スキ
            1

            ロシアの妖怪たち

            ロシアの妖怪たち  ロシア、ウクライナ、ベラルーシの妖怪を紹介した本です。  日本では、ほとんど紹介されていない分野ですので、貴重です。  「妖怪」とはいえ、人間に悪さをするものばかりではありません。積極的に、人間の味方をしてくれるものもいます。家の妖怪ドモヴォイ、風呂小屋の妖怪バーンニクなどです。  もちろん、人間に悪さをするものもいます。  けれども、多くの「妖怪」は、人間に対して、善意と悪意と、両方を持っているようです。  妖怪というより、「妖精」と呼び

            海の哺乳類―FAO種同定ガイド

            海の哺乳類―FAO種同定ガイド  世界中の海の哺乳類について、書かれた本です。  類書のうちでは、ベスト1といえるでしょう。  一九九九年の時点で、知られている海生哺乳類は、ほぼ全種、網羅されていると思います。 二〇二二年現在では、さすがに、情報が古いですが、海の哺乳類について、ざっくり知るには、良い本だと思います(^^)  クジラ・イルカ類に関しては、多くの図鑑や、解説書が出ています。  けれども、アシカやアザラシ、ジュゴンやマナティー、ラッコやウミカワウソ、ホ

            スキ
            1

            南島の神話(中公文庫BIBLIO)

            南島の神話(中公文庫BIBLIO)  ポリネシア、メラネシア、ミクロネシアの神話を紹介した本です。  他に、フィリピン、インドネシア、ニューギニア、オーストラリア(アボリジニー)の神話も、紹介されています。台湾や、日本の神話も、あります。  要するに、太平洋に浮かぶ島や、島大陸の神話を集めた本です。  太平洋の文化と、日本の文化が、つながっていることを、感じさせてくれます。  この地域の神話は、日本に紹介されること自体が、少ないですね。  この本は、その貴重な

            スキ
            9

            ザシキワラシの見えるとき―東北の神霊と語り (三弥井民俗選書)

            ザシキワラシの見えるとき―東北の神霊と語り (三弥井民俗選書)  ザシキワラシという題名からして、妖怪について書いた本、だと思われそうですね。  それを期待すると、ちょっと違います。  どちらかといえば、副題の『東北の神霊と語り』のほうが、本題です。  題名と内容に、食い違いがあるため、評価点を付けるとすれば、満点にはできません。とはいえ、そこを別にすれば、満点と言っていい内容です(^^)  ザシキワラシについて、触れられていないわけではありません。  ザシキ

            スキ
            3

            さかな陸に上る―魚から人間までの歴史

            さかな陸に上る―魚から人間までの歴史  簡単に言えば、これは、生物進化の本です。  題名のとおり、魚類が進化して、両生類になり、爬虫類になり、哺乳類が生まれ、その哺乳類の中に、人類が生まれる道筋を、書いています。  この手の解説書は、たくさん出ています。  その中で、なぜ、この本を推すのでしょうか? 以下に書きますね。  この本が最初に出たのは、一九八九年です。二〇年以上も前ですね。  理系の解説書としては、これは、致命的なことになりかねません。学問の進化は、

            スキ
            5

            動物妖怪譚 下巻

            動物妖怪譚 下巻  妖怪の本です。  日本の妖怪の中で、「動物妖怪」といえるものを集めています。  これは下巻です。入手できるのであれば、上巻からお読み下さい。  下巻(本書)では、主に、「実在する動物が、妖怪と思われたもの」を取り上げています。狐【きつね】、狸【たぬき】、獏【ばく】などですね。  上巻では、「まず確実に、実在しないもの」を取り上げています。竜、鳳凰、麒麟【きりん】などです。  中には、例外もあります。  下巻(本書)にも、鳥になる貝、狛

            スキ
            3

            動物妖怪譚 上巻

            動物妖怪譚 上巻  妖怪の本です。  日本の妖怪の中で、「動物妖怪」といえるものを集めています。  この本では、少しでも動物的なところがあれば、「動物妖怪」に含めています。  ですから、普通は「動物妖怪」とは思われにくいものまで、入っています。鬼、天狗、海坊主、雪女などです。  それら以外に、普通に動物の姿をした妖怪が、取り上げられています。  竜、鳳凰、麒麟【きりん】、月の兎【うさぎ】、八俣遠呂智【やまたのおろち】などです。  上巻(本書)では、前記のよ

            スキ
            5

            世界の龍の話

            世界の龍の話  世界の龍に関する民話を集めた本です。全部で、九十話あります。  ただし、世界といっても、ほとんどがユーラシア大陸のものです。アジアとヨーロッパですね。アフリカ・オセアニア・北米の話は、一つもありません。  南米の話も、三つだけです。それらは、すべて、ヨーロッパ文化に影響された龍の話です。  この本の編著者の考えでは、「龍とは、ユーラシア大陸の文化に登場するもの」だそうです。このため、このような民話の選び方になったのですね。  この考えには、異

            スキ
            3

            走るお婆さん―日本の現代伝説

            走るお婆さん―日本の現代伝説  いわゆる「都市伝説」の本です。  副題に『日本の現代伝説』とありますが、現代伝説≒都市伝説と考えて、間違いありません。  都市伝説の中でも、「現代妖怪」っぽいものを集めているのが、この本の特色です。  現代妖怪とは、古くから伝承されてきた妖怪ではなく、近年になって噂されるようになった妖怪を指します。題名にある「(あり得ない速度で)走るお婆さん」や、「ジャンピングばばあ」、「隙間の女」、「手振り地蔵」などです。  もちろん、「現代

            スキ
            3

            知りたいアジアの仏像と法具

            知りたいアジアの仏像と法具  『知りたい!!アジアの仏像と法具』という題名ですが、アジア全般について載っているわけではありません。  事実上、チベットとネパールについての本です。編集が「ネパール手工芸協会」だからでしょう。  チベットも、ネパールも、仏教が盛んな地域ですね。これらの地域の文化を知ろうとするなら、仏教を避けて通れません。チベットやネパールの文化入門としても、使える本です。  内容は、図が多く、読みやすいです。人によっては、「解説が簡単すぎる」と思うか

            スキ
            1

            蜂は職人・デザイナー

            蜂は職人・デザイナー  簡単に言えば、「ハチの巣」の本です。  「ハチの巣」と言われたら、普通の人は、「六角形の小さな穴が集まったもの」を思い浮かべるのではないでしょうか?  けれども、すべてのハチが、あのような巣を作るわけではありません。  普通に思い浮かべられる「ハチの巣」は、たいてい、ミツバチの巣のイメージです。  ハチの仲間は、ミツバチだけではありません。コバチ、ヒメバチ、ベッコウバチ、ジガバチ、ドロバチ、スズメバチ、アシナガバチなど、多様な種がいます

            スキ
            5