人気の記事一覧

キタダ、詩を読む。…VOL.14 古今集の春の歌

影見し水ぞ、まづこほりける

コオロギは「つづれさせ」と鳴くのか〈前編〉ー日本の俗言ー

4か月前

草木と生きた日本人 桜 上

コオロギは「つづれさせ」と鳴くのか〈後編〉ー漢籍の受容ー

4か月前

コオロギは「つづれさせ」と鳴くのか〈中編〉ー中国の俗言ー

4か月前

『生成と消滅の精神史』ノート

「古今和歌集」でAIアート⑭(春道列樹)

3週間前

立春の日にーー紀貫之の和歌

和歌の背後を読みたい

【ご無沙汰しちゃった伝統色の話/韓紅色】~世界もココロもグラデーションでできている~408

紀貫之と大伴黒主の鎮まる志賀の谷

2か月前

和歌と暮らすってどんなかな

「短歌部唯野教授」である紀貫之について

1か月前

さらさらぁ〜っと書かれた平安にょろ字が心地よい国宝《古今和歌集(元永本)》……@東京国立博物館

1か月前

本阿弥光悦の手中にあった「平安美」

1か月前

数百年の風雪に耐えるもの

【秋を代表する色の話/萩色】~世界もココロもグラデーションでできている~373

アナログ派の愉しみ/本◎『土佐日記』

2か月前