敗けを認めることは、偽善や逃げなのか

自分が敗北したと感じた時、相手が自分より優れていることを認め、その後の相手の健闘を祈るのは偽善でしょうか?    いずれも、下っ端の小間使い役でしたが、博物館発行の雑誌の編集部や画廊、ギャラリーのスタッフ等、私は過去に裏方の仕事を多く選んできました。センスのある書き手や挑戦するアーティストを知ったことで、表現者に憧れていた私は自分の小ささを痛感しました。そして、自分が表舞台に立てなくても、私なりに

もっとみる
気に入っていただけて嬉しいです。
43

自己啓発本て、何?自尊心本じゃ、なくて?

心の、病んだ方に、お勧め本。

その、名は。

「自己啓発本」。

「筋トレで、心を、強くする。」

「毎日の、習慣で、あなたも、きっと身に付く、なんちゃら。」

「腹八分目の、法則だが、なんとか。」

「一分で、身に付く、時間術とか、なんとか。」

あのね。

「AIロボットだって、無理だよ、そんなの。」

てか、パワハラ、モラハラを、逆に潰す方法。

とか、

そう言う類いの、

「黒魔術」

もっとみる
ありがとうございます😊
2

勝つか負けるか

はるさろん〜淡路島〜

すべての会話は

肯定からはじまる心理カウンセラー

☘ウエルスダイナミクスシニアプラクティショナー
☘アニマルコミュニケーターインストラクター
☘️放課後寺子屋はる主宰

―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*+―

私がみなさまにお伝えしたいことをゆーるりゆーるり書いています

―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*

もっとみる
「すき」ボタンを押してくださり、ありがとうございました。励みになります
1

「勝ち」と「負け」

前は、グループの怖さ、「やりたい」と「やりたくない」
って2つについて書いてみました次!(ちょっと繋がってるかも

またこんなかんじ?こういう方が好きっていう色んな人いると思うけど、一読してもらえると幸いです。笑

自分への戒めとしても書いてます笑

さあいきましょ!

「勝ち」と「負け」

今まで、何かしらあると、
「こいつには勝ってる」「こいつには負けてる」
こんな感じで、人と競ってきました笑

もっとみる

一筋

「負けに不思議の負けなし」

選手として監督として球史にその名を残す野村克也の引用した言葉が、今日のわたしの頭に残っていた。
この言葉自体は「勝ちに不思議の勝ちあり」が対になっていて、古くは江戸時代より大名松浦氏からの出典なのだという。

まあ、連日深夜にゲームを起動させては、勝ったの負けたのをぶつぶつと念じているわたしのことだから、そこに関連するような言い回しが強く残るのだろう。
計8人を2チー

もっとみる
Now Loading...
2

ツヅクダケ

勝っても負けても
最終的に大切なのは
人生を楽しめるか否か

負けて絶望することは
人生を無駄にするだけ

負けすらも
次への楽しみに変えて
無駄な瞬間を
どこかへ葬って忘れちまう

とても大切なこと
負けから落ち込むのではなく
学ぶだけ
余計なことは
心に良くないよ

自分を大切にして
誰かを幸せにして
そんな瞬間が
ただただ続くだけ

何かに負けることは
弱さじゃない
自分に負けて
自分のこと

もっとみる

戦場で武器を持たない兵士

勝つことが目的だ、戦場においては。

勝つために、戦う。だからこそ「勝ちたくない」と言えば戦場に立つ理由がない。これがシンプルなルールだろう。

スポーツの世界だってそうだ。全国大会への出場がかかった大事な試合で「勝てなくてもいいから楽しくやろうよー」なんて言うものなら、フィールドに立つ資格はない。

勝つことは最低条件であり絶対条件だ。そのための手段として「楽しく」だったり「必死に」だったりがつ

もっとみる
この「嬉しさ」を抱いて眠ります😂
14

最近読んだ育児本の中で「子育ては2勝8敗でいい」と書かれているのが印象に残っています。失敗を、親の思った通りに出来なかった場合だとすると、ほとんどが失敗となります。でも、それくらい気軽に構えつつ、出来ることをやっていくという考え方が大切だと思いました。

この記事があなたの心に響いたのなら幸いです!
5

勝ち負けが大好きな夫、大嫌いな私。

今日、

「勝ち負け」について夫と話して、

なるほどーと思った事があった。

検事長の辞任のニュースで

賭けマージャンの話があったけれど、

何を隠そう私の夫も大の麻雀好き。

最近はオンライン麻雀にはまってるみたいで、

朝から晩まで「勝ったー」「負けたー」と叫んでる(^^;

(一応、公務員試験の勉強の合間にしてる?らしいけど)

いろんなことに無気力な夫だけれど、

麻雀や

シンガポー

もっとみる
嬉しすぎます!!
12

スポーツの循環を絶やさない。 そのために「1−10」の負けを繰り返す

1-10。

スポーツのスコアで言ったら「ボロ負け」だ。

ここまで点差をつけられてしまうと、それまで一生懸命に競技に打ち込んできたことを全て否定された感覚になるかもしれないし、誰かのせいにしたくなってしまうかもしれない。

仲間たちと楽しくやる遊び感覚のスポーツですら、「戦う相手を間違えた」とか「早く試合が終わって欲しい」といったネガティブな感情を持ってしまうはずだ。

さて、ここからは、ほんの

もっとみる
次も「スキ」をもらえるように頑張ります!
77