前立腺がん

お勉強190:前立腺がん、リンパ節の謎

お勉強190:前立腺がん、リンパ節の謎

前立腺全摘をするときに 外腸骨のみの郭清か 外腸骨・閉鎖・hypogastric (?)の拡大郭清かの比較試験 (アブストしか読めてません) メモリアルスローンケタリングの単独試験 N=1440例!! 3.1年の観察期間中央値で生化学的再発変わらず… ただ、両群で郭清リンパ節個数はほぼ変わらず、ってのが。 引っかかるところ。リンパ節陽性率も変わらず。 拡大郭清が意味ないなら、 初診時に骨盤リンパ節照射もイマイチに なっちゃうのはしょうがないのか… ただ、前立腺全摘後の

スキ
1
前立腺がんロボット手術:ED

前立腺がんロボット手術:ED

前立腺がんのロボット手術はとても良い手術と思っていますが、最近では若い方も多く見つかり性機能障害が一つの問題です。以下、患者さんと私の典型的な会話で説明できればと思います。 患者さん:性機能障害が気になります。 私:そうですね、勃起をコントロールする神経(海綿体神経)が前立腺の左右に1本ずつ通っています。両方、片側を温存するか、両方とも温存しない方針に分かれます。 患者さん:どうやって方針を決めるのですか? 私:前立腺がんの場所、大きさ、悪性度などをMRIなどの画像、直腸診

スキ
1
前立腺がんロボット手術:入院期間

前立腺がんロボット手術:入院期間

前立腺がんのロボット手術は、従来のお腹を開ける手術とかなり違い、体への負担は少ないです。とは言っても大きな手術ですので、日本では入院期間は一般的に2週間くらいです。米国では入院期間は極端に短く、多くが1泊2日です。中には日帰り手術でやっているところもあります。日本でも可能かどうかと言う、可能です。しかし、患者さんは尿の管をつけたまま退院しなくてはなりません。ほとんどの日本の方はそう言う状態では退院したくないだろうと思います。また、さすがに手術後2−3日は傷の痛みもありますので

スキ
3
前立腺レクチャー10:小線源療法

前立腺レクチャー10:小線源療法

放射線治療には大きく体の外から放射線をあてる外照射と前立腺の中からあてる小線源があります。 小線源は比較的新しい治療方法ですが、既に日本でも定着し、この治療を年間多くこなす施設も沢山あります。 私も東京医大時代、放射線科の先生と一緒に立ち上げ、小線源室長でした。小線源は英語でBrachytherapy(ブラキセラピー)と呼びますが、その意味は小線源が挿入された写真が樹木のような形から来ている様です。  長所は3泊4日、あるいは4泊5日の比較的短い入院期間で済むということ、さら

スキ
1
前立腺レクチャー9:前立腺がんの予防

前立腺レクチャー9:前立腺がんの予防

前立腺がんの予防について一般的に言われていることをまとめ羅列します (ロボット手術と前立腺がん、大堀理、祥伝社新書から)。しかし、気をつけて頂きたいのは、バランスの良い食事に尽きる、ということです。予防に良いものとされるものでも過剰にとると逆効果ということは良くあります。良いものを取り入れながらバランス良くということです。昨今、健康における食事の本が沢山出ていますが共通点はバランスの良い食事ということだと思います。 ・ 1日摂取カロリーを減らす(適度な運動をする) ・ 赤身の

スキ
2
前立腺レクチャー8:経過観察

前立腺レクチャー8:経過観察

早期前立腺がんの治療方法の中で昔から経過観察という手法があります。現在ではPSA監視療法と呼ぶことが多いです。要はがんと診断されたのにも拘らず、手術、放射線、内分泌治療などをせずに、定期的にPSA血液検査をしたり、MRI検査をしたり、またできたら1年ごと、2年ごとに前立腺生検を実施したりして前立腺がんの状況を見ながら行こうというやり方です。なぜ、こういうやり方が昔からあったかというと、基本的に前立腺がんの成長はゆっくりである、前立腺がんそのものは極めて頻度の高いがんですが、中

スキ
2
お勉強184:前立腺RTの再発にSBRTで再照射!

お勉強184:前立腺RTの再発にSBRTで再照射!

https://ro-journal.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13014-021-01839-w 前立腺がんが放射線治療で再発した時に (遠隔転移がある症例も含まれているようだが) 6.5Gy*5Frのような定位照射を PSMA-PETで陽性のところに打ち込む、という サルベージ放射線治療 「放射線治療後の再発にサルベージ放射線治療かい」 というつっこみはディスカッションにもあるが、 結構いい成績。 (RT再発後で今までのデー

スキ
1
人間ドック 不整脈 ゆでガエルの法則  慣れてしまうと気づかない

人間ドック 不整脈 ゆでガエルの法則  慣れてしまうと気づかない

 人間ドック 不整脈 ゆでガエルの法則  慣れてしまうと気づかない はいこれはどういうことかと言いますとゆでガエルの法則と呼ばれているようなものがあります それはお鍋に水が入ってありますそれは常温の水ですそこにカエルを入れますそしてお鍋を徐々に火をかけてあっためていきます そうするとお風呂と同じように水はあったかくなって熱くなってどんどん沸騰していきます そしてカエルはそのお鍋の中でお風呂のようにのんびり浸かっています 暑くなったとしても徐々に暑くなったので良い湯加

スキ
2
コロナ禍の癌手術入院記・最終回/退院後経過編
+15

コロナ禍の癌手術入院記・最終回/退院後経過編

先月、コロナ禍の緊急事態宣言発令中に、兼ねてからの検査で見つかった前立腺癌の手術・入院の記録。11回目となります最終回❣️退院後1か月程度の経過報告で、とりあえずは終えたいと思います。 退院後は、幸か不幸かこのコロナ禍で職場もリモートワークを推進していましたので、これ幸いと在宅勤務一筋🏠退院と体調の報告が上司にも行いましたが、さすがに「ガン」の重みよ😅皆さん「無理せずにね~」と気を使って頂き、おかげ様で退院後、まだ一度も出社してないなぁ~~💦という生活で、毎日自炊して、週末

スキ
27
コロナ禍の癌手術入院記⑩退院日編
+9

コロナ禍の癌手術入院記⑩退院日編

人間ドックでの数値異常から、精密検査と生体検査を受け、コロナ禍の緊急事態宣言下にも関わらず、前立腺癌の手術入院を経験した報告記🏥10回目は、遂に退院日編です❣️ 入院してから11日目。手術後8日目となる退院日の朝ごはんです。これが最後の入院食かぁ~~と感慨深く頂きました🙏朝食はパンです🥐ロールパンと黒糖レーズンパンの組み合わせは2回目ですね💦このお盆に乗っている写真向かって左手側のパンとスープとお茶のある側は加温されていて温かい料理が乗っています。なのでパンも温かくなってい

スキ
26