耳元にちょこんと、心を映し出す鏡を

I want you to know. I'm a mirrorball. I'll show you every version of yourself tonight. あなたのことが知りたいの。 私はあんな感じのミラーボール。あなたのすべてを、今夜見せて映してあげるわ。 こんなフレーズで始まる曲。 テイラースウィフトのアルバム、"folklore"よりmirrorballです。  …

カレリア語映画「VENEH(小舟)」

VENEH 小舟(2016) ※VENEH - Film of Transition (English subtitles) オフィシャルHP:https://www.karelianfilms.com/veneh 『VENEH(小舟)』は架空のカレリアの村を舞台に、伝統的な結婚の儀式を通し、花嫁の「生家からの出立」、「少女から大人の女性への移行」の二つの旅立ちというテーマを詩…

イカれた島の儀式 - ウィッカーマン

ニコラス・ケイジのリメイク版も普通に面白かったけど、オリジナルのイカれっぷりには遠く及ばないのだな。 性に寛容な島んちゅと、熱烈な教会信者である童貞の警部のやりとりがまんま不条理劇で閉じられた民主主義の恐ろしさを確認できる。 作中はケルトな音楽と猥雑な歌が流れまくってるのでミュー…

これは傑作回!『怪談のシーハナ聞かせてよ。』第33回は「決まりごと」から「赤いマグカ…

『怪談のシーハナ聞かせてよ。』という番組をずっと追っかけているのですが、第33回は、いいですね! CD世代の言い方になってしまいますが、洋楽のアルバムなんかで、「ベスト盤というわけでもないのに、スキップしたくなる曲がひとつもない、ハイクオリティな曲ばかりの名盤」のことを「捨て曲がない…

テイラー・スウィフトの"the lakes"の歌詞を解明するための試み

グラミー賞の年間最優秀アルバム賞を受賞したテイラー・スウィフトのアルバム“folklore”。その17曲目として、“the lakes”は、若干遅れて発表されたものです。アルバムの曲はどれも好きなのですが、この“the lakes”は特に好きでした。 2020年の8月の発表以来、この曲の歌詞について語りたいと思…

グラミー賞の最優秀アルバム賞に輝いたテイラー・スウィフトの"folklore"の芸…

2021年3月14日の第63回グラミー賞で、テイラー・スウィフトの“folklore”が最優秀アルバム賞を受賞しました。昨年7月24日に8枚目のアルバムとして突如発表されたこのアルバムは、すぐに全世界で話題となりました。私も昨年、シンガポールの自宅でリモートワークをしながら、このアルバムをかなり聞い…

記事『「コトリバコ」に存在する人々の心理』+感想『樹海村』

タイトルからわかるように、レポートとして提出したものを投稿します。 がそのまえに!『樹海村』を見てきたんですよ。より詳しい感想はまた別であげれたら、と思うのですが、その前に少しお話させてください。 『樹海村』の主軸は、 富士樹海 コトリバコ 樹木信仰 の3つなのです。 樹海と樹木が近い…

最後にアルバムを聴いたのは、いつですか? ~テイラー・スィフト「フォークロア」を聞…

2020年のベストアルバムとして高評価を得ております。 テイラー・スィフト 「フォークロア (Folklore)」 今年の7月にリリースされていました。 恥ずかしながら今の年末まで知りませんでした。 このアルバムを知ったきっかけは 高城剛氏のメルマガ 高城未来研究所「Future Report」Vol.497 (2020年1…

民俗学入門におすすめの本5選

はじめに 民俗学とは、風習、慣習のような民間伝承から、例えば都市伝説のような話(伝説)、歌、生活用具から建築まで、非常に幅広いカテゴリを取り扱う学問です。そこで民俗学を基本から体系的に学びたい人のために、まず最初に読むべき本として次の五冊を紹介します。 1.民俗学 民俗学で取り扱…

テイラー・スウィフト 9作目アルバム 「エヴァーモア(evermore)」

テイラーが「エヴァーモア(ひそかな夢)」をアメリカ東海岸時間の12月11日深夜0時にリリースすることを発表したときは、すごく心が高まった。 いろんな、意味で。 『 このからだひとつに 伝わることの、すべても ひとつまみも、 ひとしずくの涙が頬をぬらしたことも、 わすれないことも、 』 …