バルタン星人

寒気のする金縛りに遭ったことが一度だけある。

まだ空も薄暗い早朝の事、私は金縛り特有の全身が強張った気持ちの悪い感覚で、意識だけが目覚めた。

私は金縛りに遭うと、怖いのでいつも目を強くつむり決して辺りを見ようとはしないのだが、その時はまるで、力尽くでは如何にも出来ない程の見えない力で、無理やり両のまぶたがメリメリと開いてしまったのだ。

怖い怖いと思う最中、深い紺の早朝の明かりしかない部屋で、

もっとみる

世にも奇妙な物語

雨雨雨
毎日雨

7月も中旬っていうのに
雨雨雨

こんなに長かったっけ?

1人で世にも奇妙な物語を見ています

雨の夜、

怖いよー。

なんで怖い話って雨が多いんだろう。

怖いよー。

昔聞いた話で

雨の日に釣りに行ったら
雨が降って来て
車の中で寝泊りしたら

ベタベタベタベタベタ!!!

って音がして

雨が強くなってるなーって思って
朝起きたら

車にいっぱい手形がついてた

って

もっとみる

夏本番!:怖い「ホラー」を楽しく紹介(①心構え編※無駄すぎる情報も含む)

皆さん、こんにちは。ぽっぷです。

普段は「投資の振り返り」ばっかり書いてますが、今日は東証もお休みで少し時間もありますので、私の支離滅裂な興味対象テーマの一部を引っ張り出し神聖なnoteで語る、という無謀な取り組みをしようかと思い立ちました。

いきなりですが、ホラー映画やドラマって好きですか??

嫌いな人って「ふざけんな」とつぶやくと思いますが、結構「食わず嫌い」の人も多いと思うのです。

もっとみる
おおお!ありがとうございます!
1

マレーシア人の僕が実際に体験した怖い話 「キャンプ場で見たもの」

どうもこんにちは。カカです。

前回の約束通り、今回の記事はスペシャル投稿させていただきます。

日本は今夏なので特別にマレーシアの怪談を書きたいと思います。

先進国に住んでいる日本人は幽霊なんて信じないってことは分かりますが幽霊は実在していると断言します。

なぜなら、僕も見たこともあります上に人間見たことがないものを頭の中で想像できないからです。

例えば、ペガサスという幻獣です。

ただの

もっとみる

ものがたり屋 参 凮 その 1

うっかり閉め忘れた襖の影、街灯の届かないひっそりとした暗がり、朽ちかけている家の裏庭、築地塀に空いた穴の奥。

 気づかなかった身のまわりにある、隙間のような闇に、もしかしたらなにかが潜んでいるかもしれない……。

凮 その 1

 その風は裂け目から吹き込んでくる。
 そよそよそよそよ。
 まるでだれかの息吹のように。
 まとわりつくように、微かに吹く風。
 そよそよそよそよ。
 そこにあるのは

もっとみる
スキをありがとう。これからも心に触れるような作品を作っていきます。
1

「怪談」(1964)

「怪談」は小林正樹監督による1964年の3時間のカラー東宝映画。2億2千万円の配収で興行成績トップテンに入るも、3億2千万円の製作費は回収できず。原作は小泉八雲の「黒髪(原題「和解」)」「雪女」「耳なし芳一」「茶碗の中」。

武満徹のサウンドが抜群に効果的。落ちぶれた古い屋敷が出てくるだけでビビる私には、ほどよい怖さ。

壇ノ浦の戦いで破れた平家の物語を幽霊の本人たちの前で琵琶を弾きながら歌う中村

もっとみる

大阪の怖い場所の話を書こうかと思って~千日前番外編~

千日前は心霊現象の話題に事欠かない場所です。怖い場所の話はそれが本題ではないのですがちょっとだけ書いておこうかと思います。

 千日前の有名な心霊スポットといえば千日デパートビルの跡地ですね。1972年の千日デパートビル火災の後、しばらくあの場所はそのまま放置されていましたが今は某家電量販店が入っています。

 火災の後、放置されていた場所に最初に入ったのはプランタンなんばでした。そのころから幽霊

もっとみる
よろしければシェアもお願いします

もう1人の自分の話

明治43年8月24日。東京朝日新聞では修善寺で療養している夏目氏の病状が良好であることが報じられた。しかし、その日の夜、午後8時半、修善寺では一瞬にして異常の光景が現れることとなる。
かねてより病で床に臥していた夏目漱石は、800グラムだか、500グラムだか、とにかく多量の血を吐き。危篤に陥った。いわゆる「修善寺の大患」である。この時の漱石は30分ほど意識を失っていたが、目が覚めてから鏡子にその

もっとみる