ユーリィ・イズムィコ

Пусть всегда будет солнце!

ユーリィ・イズムィコ

Пусть всегда будет солнце!

マガジン

  • メルマガ小泉悠と読む軍事大国ロシアの世界戦略

    メールマガジン「小泉悠と読む軍事大国ロシアの世界戦略」の中から興味のある記事だけお手軽にどうぞ。毎週一回更新。定期購読はこちらから https://www.mag2.com/m/0001684004.html

  • イズムィコさん日記

  • ロシア軍事基礎資料

    ロシアの軍事に関する基本的な政策文書などの基礎資料の翻訳を掲載します。

ウィジェット

  • 商品画像

    ロシア点描 まちかどから見るプーチン帝国の素顔

    小泉 悠
  • 商品画像

    現代ロシアの軍事戦略 (ちくま新書, 1572)

    小泉 悠
  • 商品画像

    「帝国」ロシアの地政学 (「勢力圏」で読むユーラシア戦略)

    小泉 悠

最近の記事

第186号(2022年8月1日) 衛星画像で見るロシア太平洋艦隊の活動状況とヴォストーク2022

【NEW CLIPS】ウクライナ軍がM270多連装ロケットを実戦投入 ウクライナ軍に供与されたM270多連装ロケットシステム(MLRS)が実戦投入され、その映像がウクライナ国防省によって公開された。  M270は既に実戦投入されて戦果を挙げているM142HIMARSと同じロケット発射システムを2つ搭載したもので、6月初めに英国が供与を表明していた。ウクライナ軍に引き渡されたのは7月半ばのことであったとされる。  これと関連して6月末にはノルウェーも3両のM270をウクライナに

スキ
37
有料
300
    • 第185号(2022年7月25日) ウクライナが与えられるもの、与えられないもの

      【NEW CLIPS】ウクライナ軍ドローンによる爆撃【今週のニュース】対艦弾道ミサイル開発の噂と「義勇兵」ロシア軍が射程4000kmの「対艦弾道ミサイル」を開発中 『TASS』2022年7月12日   国営TASS通信が軍と軍需産業に近い情報筋二人から得た情報によると、ロシア海軍は長距離対艦弾道ミサイル「ズメーヴィク」を開発している。空母を標的とする極超音速機動弾頭を備えており、運用は海軍の沿岸防衛部隊が担う。開発は機械製造科学生産合同(NPOマシノストロイェーニエ)が担当

      スキ
      59
      有料
      300
      • 第184号(2022年7月11日) 長期戦に備え始めたロシア

        【今週のニュース】長期戦に備え始めたロシア「ロシアはまだ本気を出していない」とのプーチン発言 ロシア大統領府、2022年7月7日   7月7日、クレムリンで下院の各会派代表と面会したプーチン大統領は、ウクライナに対する戦争について大要以下のような発言を行った。  要はプーチンのウクライナに対する姿勢は開戦当初から全く変わっていないのであって、この4ヶ月半に及ぶ戦争はまだ序の口に過ぎないと見ている、ということになろう。 ロシアの戦時経済動員に関する動き

        スキ
        48
        有料
        300
        • 第183号(2022年7月4日)NATO新戦略概念とロシア側の反応

          【今週のニュース】ウクライナ東部情勢とウズベキスタン西部の騒乱セヴェロドネツクに続きリシチャンスクも陥落  既に広く報じられている通り、ウクライナのセヴェロドネツク市がロシア軍によって完全制圧されたのに続き、その西側にあるリシチャンスク市も激しい攻防の末に陥落した模様である。ただ、リシチャンスクはやや高台にあってセヴェロドネツク側から攻略するのは難しく、攻略したのは南方から伸びてきた別の攻撃軸であったようだ。これを受けてロシアのショイグ国防相は7月3日、ルハンシク州を完全に

          スキ
          64
          有料
          300

        マガジン

        マガジンをすべて見る
        • メルマガ小泉悠と読む軍事大国ロシアの世界戦略

          • 187本

          メールマガジン「小泉悠と読む軍事大国ロシアの世界戦略」の中から興味のある記事だけお手軽にどうぞ。毎週一回更新。定期購読はこちらから https://www.mag2.com/m/0001684004.html

        • イズムィコさん日記

          • 33本
        • ロシア軍事基礎資料

          • 6本

          ロシアの軍事に関する基本的な政策文書などの基礎資料の翻訳を掲載します。

        • メルマガ小泉悠と読む軍事大国ロシアの世界戦略

          • 187本

          メールマガジン「小泉悠と読む軍事大国ロシアの世界戦略」の中から興味のある記事だけお手軽にどうぞ。毎週一回更新。定期購読はこちらから https://www.mag2.com/m/0001684004.html

        • イズムィコさん日記

          • 33本
        • ロシア軍事基礎資料

          • 6本

          ロシアの軍事に関する基本的な政策文書などの基礎資料の翻訳を掲載します。

        記事

        記事をすべて見る
          • 第182号(2022年6月26日) 動員、人事、核シェアリングをめぐる動き

            【NEW CLIPS】米国から供与されたHIMARS多連装ロケットシステムをウクライナ軍が初実戦投入【今週のニュース】動員、人事、核シェアリングをめぐる動き ほかひっそりと民間人の戦争動員が進行中?  ロシアが兵力の不足を補うために志願兵の募集を強化していることは第178号などで紹介した。同時に、この程度では決定的な解決策にならないだろうという見通しもすでに述べたとおりである。  こうした中で興味深い情報がTwitter上に現れた。ロシア南部のカルムィク共和国の知事に対し

            スキ
            50
            有料
            300
            • 第181号(2022年6月20日) 公刊情報と衛星画像で読む「オホーツク海で起きていること」ほか

              【NEW CLIPS】米国製対艦ミサイルがロシアの外洋曳船を撃破 6月17日、ウクライナ軍は、ロシアの外洋曳船ワシリー・ペフを対艦ミサイルで撃破したとする映像を公開。米国から供与されたハープーン対艦ミサイルによるものと思われる。ウクライナ国防省はワシリー・ペフが黒海のズメイヌィ島に物資を輸送する最中であったとしているが、攻撃手段には触れていない。 【レビュー】ウクライナ国防当局者が語る戦争の現状『National Defense』2022年6月15日  パリで開催中の防衛

              スキ
              58
              有料
              300
              • 第180号(2022年6月13日) ロシア太平洋艦隊大演習と首折れ鯖

                【NEW CLIPS】サルマート重ICBM特集 その3【NEW BOOKS】バルトでの情報戦とロシアのハイブリッド戦に関する研究書二冊 ほかJanis Chakars and Indra Ekmanis, eds, Information Wars in the Baltic States: Russia’s Long Shadow, Palgrave Macmillan, 2022. Anna Autunyan, Hybrid Warriors: Proxies,

                スキ
                56
                有料
                300
                • 第179号(2022年6月6日) ウクライナ侵攻作戦「現場監督」の失脚? ロシアの軍事力を考える ほか

                  【NEW CLIPS】ウクライナ軍のドローン撃墜の瞬間*ウクライナ軍第45砲兵旅団のドローンが偵察中にロシアの地対空ミサイルで撃墜される瞬間を捉えたもの。 【今週のニュース】ウクライナ軍への多連装ロケット供与とロシア軍で新たな極超音速ミサイル部隊発足西側からウクライナへの軍事援助  西側諸国からウクライナへの軍事援助は依然、拡大傾向にある。  特に目立つのは火砲や多連装ロケットシステムといった火力アセットで、たとえばポーランドは既に3個砲兵中隊(18門)のクラブ155mm

                  スキ
                  77
                  有料
                  300
                  • 大声で、泣いちゃった

                    Su-25攻撃機が低空で激しい機動を行いながら飛び去っていった。 故郷の千葉県が戦場になったのだ。 そういう夢を見た。『この世界の片隅に』の片渕監督と会談をして、そこで「軍都としての千葉県」といった話をした夜だったから、何故こういう夢になったかは明らかだ。 しかし、悲しかった。 僕は少し込み入った狭い坂道の途中にある駐車場まで車を取りに行って、その途中で自分の生まれて生きた千葉県の空をロシアの攻撃機が飛んでいたから、コンクリートの壁に額をついてオイオイ泣いた。 案外とこういう

                    スキ
                    1,569
                    • 第178号(2022年5月30日) ドンバスでの「古い戦争」とヘルソンでの「柔道」

                      【NEW CLIPS】サルマート重ICBM特集その2【今週のニュース】ロシア軍の入隊制限撤廃 ほかロシア軍の入隊年齢制限を撤廃 『TASS』2022年5月28日   今月28日、プーチン大統領は連邦法『軍事義務及び軍事勤務について』の改正法案を承認した。従来の同法33条では契約軍人(志願制で勤務する兵士及び下士官)の入隊年齢(最初の契約を結ぶ際の年齢)を18歳から40歳(ロシア国民の場合)または18歳から30歳の間に制限していたが、今回の法改正ではこの制限が撤廃された。  

                      スキ
                      67
                      有料
                      300
                      • 第177号(2022年5月23日) 現地映像で読む択捉島駐留ロシア軍の現状 ロシア西部で軍事力強化 ほか

                        【NEW CLIPS】赤星チャンネルでサルマート重ICBM特集 【今週のニュース】ロシア西部での軍事力強化方針ほか戦争に従事するウクライナ軍人は70万人 ゼレンシキー大統領 『ウクラインスカヤ・プラウダ』2022年5月21日  ウクライナのゼレンシキー大統領は、現在、ウクライナ軍の総兵力が70万人に上っていることをウクライナのマスコミとの会見で明らかにした。 『ミリタリーバランス』2022年度版によると、開戦前の時点におけるウクライナ軍の総兵力は19万6000人(陸軍12

                        スキ
                        80
                        有料
                        300
                        • 第176号(2022年5月16日) 揺らぐプーチン権力と「笑える地獄」

                          【NEW CLIPS】ドネツ川渡河中に攻撃を受けたロシア軍装甲車両の残骸『ガーディアン』2022年5月13日 【インサイト】ロシア・ウクライナ戦争と揺らぐプーチン権力ゲラシモフ参謀総長が失脚? 『ゴルドン』2022年5月12日  ウクライナ大統領府のアレクセイ・アレストヴィチ顧問が5月12日にYouTube番組で行った発言(以下)が波紋を呼んでいます。ロシア軍の制服組トップであるゲラシモフ参謀総長が失脚したというものです。  より正確には、アレストヴィチは次のように述

                          スキ
                          126
                          有料
                          300
                          • 第175号(2022年5月11日) ロシアの動員能力を考える

                            【NEW CLIPS】赤の広場での戦勝記念パレード(2022年5月9日) 【インサイト】ロシアの動員能力を考えるプランA、B、Cはどれも失敗  ゴールデンウィークを挟んでしばらく間が空きました。  この間、ウクライナを巡る戦況はまた新たな段階に入ってきたように見えます。西側からの重戦力支援を受けたウクライナは東部におけるロシア軍の攻勢にもどうやら持ち堪えているようであり、ハルキウやイジュームの周辺では反攻に出てさえいるのではないかということです。  今回の戦争ですっかり

                            スキ
                            148
                            有料
                            300
                            • 番外編(2022年5月4日)春休み読書企画 ハイエースと読書と巨大数と魚について

                              ハイエースとライフプラン  某チンのせいでこの2月からまとまった休みというものを全くとれておらず、頭に来て(ということもないですが)ゴールデンウィーク中は一切の労働を拒否することにしました。  つまり、仕事の書き物も出演業も一切謝絶ということであります。  ついでに九州行きの航空券を取って、家族で熊本〜佐賀〜大分を巡ってきました。二泊じゃちょっと慌ただしいから三泊四日。  まぁレンタカーの予約を忘れていて前日に熊本中のレンタカー屋に電話しまくった結果一台だけ残っていた業務

                              スキ
                              729
                              • 第174号(2022年4月25日) ロシアは日本に侵攻するか ほか

                                【今週のニュース】新型重ICBMの飛行試験成功とロシアのAUKUS観新型重ICBMサルマート、初飛行試験に成功 『TASS』2022年4月20日  4月20日、ロシア国防省は、開発中の新型重ICBM(大陸間弾道ミサイル)RS-28サルマート(SS-X-29)の飛行試験に成功したと発表した(リンク先に動画あり)。アルハンゲリスク州のプレセツク宇宙基地から発射され、弾頭(複数形)はカムチャッカ半島のクラ射爆場に落下したとされる。ロシア軍の標準的なICBM試験である。  第148

                                スキ
                                155
                                有料
                                300
                                • 第173号(2022年4月18日)北朝鮮の戦術核と強化されるウクライナ援助の行方

                                  【今週のニュース】北朝鮮が戦術核弾頭用新型ミサイルの発射試験を実施 4月17日、北朝鮮の朝鮮中央通信は、「新型戦術誘導兵器」の発射実験成功を報じた。発射実験には金正恩労働党総書記が立ち合ったとされ、重要な実験であったことが窺われる。  特に注目されるのは、この新型ミサイルが「戦術核運用の効果と火力任務の多角化」に寄与するものであり、金正恩総書記も「防衛能力と核戦闘部隊の一段の増強に関して重要な指示を与えた」とされている点であろう。素直に読めば、これは新型ミサイルが戦術核弾頭の

                                  スキ
                                  97
                                  有料
                                  300