妄想が日本を動かす。『偽史冒険世界 カルト本の百年』長山靖生

あきれたことに、近代日本は妄想の固まりだったのだ。

著者は歯科医。
趣味の延長でSF作家クラブの会員や明治社会史研究会の仲間、「幻想文学」関係者、『別冊宝島』執筆者、「と学会」のメンバーたちと、ありそうでなさそうなデマを回し、言葉の上だけの、架空の秘密結社をやっていた。ちなみに「と学会」というのは、「世間のトンデモ本やトンデモ物件を品評することを目的」とする日本の任意団体とのこと。

でも、そ

もっとみる
ありがとうございます!
4

The Latest Mythology -vol.45-(note神話部週報)

【今週の神話部活動報告】

今週 #note神話部 に投稿された作品をシェアします。ぜひ元記事にリアクションをお願いします。そのワンクリック・ワンコメントが神話部の原動力となります!

投稿期間:2020/10/18〜2020/10/24

今週の作品:7点(ストーリー4、エッセイ・コラム1、詩歌1、絵画1)

今週の部員:笹塚心琴さん、矢口れんと、すーさん、悠凛さん

皆さま、いつもたくさんご投

もっとみる
夜床にて赤く熟れるスキ
16

10/23(木)発売☆受賞作品【大みそかに、じかんがじゃんけん大会?】初読み聞かせは、「浜名湖おんぱく2020」で♪

初受賞まで、なんと30年かかりました・・・(汗)

【静岡新聞 10月23日掲載】朝刊に、とても大きく掲載して下さいました!

※掲載の許可済みです※

中日新聞社様の夕刊(10/21)と翌日の朝刊(10/22)にも
かなり大きく掲載して下さいました!!

とりとめないぐらいの熱い思いを
素敵な記事にして下さいましたので
是非下記のリンク先よりお読み下さいませ(#^^#)

中日新聞 10/21(

もっとみる
ありがとうございます(#^^#)

大人へ絵本memo ~犬の~

写真のラブちゃんは14歳。事情があって義父の家から去年我が家に引っ越してきました。おばあちゃまですが散歩の前には跳ねるほど喜びます。14年間、外で飼われていました。それが突然家の中で暮らすようになり、始めこそ興奮していましたが、あっという間に家ッコになりました。かわゆす。

じいじにはよく、おやつをもらっていましたが、キッチンから離れないのも困るし、体重が足を支えられなくなりそうだったのでおやつは

もっとみる
ありがとう!この世界のどこかのあなたさま☆
28

鶏が先か、卵が先か~「かさじぞう」にみるじぶんの在り方~

ちょっともったいぶったタイトルつけてみました。

大学のころの指導教授はカナダ人の詩人で
英米文学専攻とはいえ、ろくすっぽ勉強もしなければ講義にも出席しませんでしたが
この先生の授業にだけは、毎回出席して仲良しでした。
夏休み、地方都市にある実家に帰っていたある日
郵便受けをのぞいてみると、先生から届いた
「Sahara Blue」のCD

エクトル・ザズーというフランスの音楽プロデューサー作成

もっとみる
ありがとうございます。精進します。
2

これは何の星座か?当てる早押しクイズ/答えは概要欄へ

星座絵を当てる星座絵クイズで作成した動画。
南半球に見られる星座です。なんでしょう〜?
ヒントは南の星座です・・・答えは、下記へ


⭐️チャンネル登録はこちら⭐️
https://youtube.com/channel/UCTeVHdt57sZNlsI2Oygx3fg


<動画制作>

個人運営サイト「きままにマンガみち」
https://kimamani2014.jimdofree.com
もっとみる

スキボタンありがとうございます!励みになります!
2

[書評]クリスマスの小屋

ルース・ソーヤー 再話、上條 由美子 訳、岸野 衣里子 画『クリスマスの小屋 アイルランドの妖精のおはなし』(福音館書店、2020)

自分の小屋を持ちたいと願い続けた女性がホワイト・クリスマスに——

百年前、アイルランド北部のドニゴールでの話。ある日、ホガティ夫婦の小屋の戸口に、生まれたばかりの赤ん坊が置かれていた。とおりすぎた鋳掛屋のむれがたまたまそこへ置いていった赤ん坊だった。鍋を直したり

もっとみる
よい一日をお過ごしください。
6

あるバカップルのどうでもええ会話

彼氏)おまえ、何読んでんの?

彼女)おまえ?

彼氏)あぁ ごめん…何 読んでんの?

彼女)これ

彼氏)何?

彼女)絵本。

彼氏)おまえさぁ、

彼女)おまえって言わん約束。次、言ったらシャトレーゼ買ってきて

彼氏)また田舎パイかよ…好きやなぁ。しかも 雨やん。

彼女)シャトレーゼに雨とか関係ないし

彼氏)あのさぁ、『読書しようと思う』とか言うて、何でチョイスが絵本なん

彼女)良

もっとみる
( 。゚Д゚。)( ・д・)( ゚□゚)なぬっ
16

『ヨーロッパ学入門』 Ⅵ ヨーロッパの神話と民話(鈴木 満)

今回は『ヨーロッパ学入門』の3回目「Ⅵ ヨーロッパの神話と民話」を読んでいく。宗教の話に入っていく前に、ヨーロッパの人々の思考に影響を与えてきたものを読み解いていく一環となる。

【摘要】
神話と民話の違い
そもそも、神話と民話はどう異なるのか。どちらも民間信仰であり似ているものだが、神話は社会階層の上層部(土地支配者、聖職者、有識者たち)に容認され、それなりの権威を持っていた信仰であり、これが組

もっとみる
わ!嬉しいです!
3