天照大御神様のおそば「機殿」で 元伊勢一五〇 神話は今も生きている ことの葉綴り四…

六月二十六日(土)一粒万倍日+巳の日+神吉日こんにちは。今朝未明の満月。今夜見えるかな? 明日も、金運・財運によい「巳の日」と一粒が万倍に実る「一粒万倍日」、そしてご神事に関する「神吉日」のトリプル吉日です。 ご近所の氏神さまへのお参りいかがでしょう?(^^) さて、今日も、さっそく…

【詩】神話

(干からびそうな川の中に 魚が一匹、悠々と泳いでおりまして あまりに悠々と泳ぐので かみさまが嫉妬して そいつの尻尾をちょん切ってしまいました) そういう神話が あっちこっちに転がっていた あの時代は…… 不幸の形は誰が決めるものでもないだろ? だから、 この時代は…… 悲しげに目を細め…

共戦神話(神への忠信者)

神への忠信者 オルゴの命により、トランは反逆を企てた堕天使たちと戦うこととなるわけだが、そこでトランは堕天使たちから様々な誘惑を受ける。 神に対する侮辱や人間を生み出したことはいかなるものか。 “完全な神は人間の存在によって、完全ではない”と誘惑を受け、堕天を進められる。 しかし…

倭姫命さま、五百野皇女のために「斎宮(多気宮)」を 元伊勢一四九 神話は今も生きて…

日本三大田植祭「御田植式」こんにちは。六月二十四日は、日本三大田植祭のひとつ、伊勢の神宮の別宮「伊雑宮(いざわのみや)さまの「御田植式」でした。「磯部の御神田(おみた)」として、国の重要無形民俗文化財に指定されてます。 倭姫命さまが、伊勢の五十鈴の宮に天照大御神さまをお祀り申し上…

+10

古代エジプト展に行ってきた

共戦神話(天界の竜巻)

天界の竜巻 大逆の際、ラーマはほかの天使たちを守るため、眷属である下界の龍神たちとともに、悪魔へと立ち向かう。 そして、一人残らず殺すことはせず、捕まえることに成功する。 この戦いにて、ラーマは天使の守護者と呼ばれる。 また、その際の戦いの様から、天界の竜巻として呼ばれ、普段の温…

倭姫命様から五百野の皇女へ受け継いでいく祈り 元伊勢一四八 神話は今も生きている こ…

豊鋤入姫命さまから御杖代を受け継いだ倭姫命さまこんにちは。曇り空の夕刻です。しばし「ことの葉綴り。」のひとときです。陽が沈む前に、アップできるかな?(^^) さて、今日も元伊勢の倭姫命さまの物語へと入ります。 宜しくお願い致します。 第十代崇神(すじん)天皇六年、天照大御神さまを永久…

共戦神話(生命の木)

生命の木 天使であるモルタは地獄の管轄者であるイアスとともに、地獄にて堕天使たちに様々な罰を与えた。 モルタはその罰を与えていく中で、あるものを生み出す。 それは生命の木と呼ばれるものである。 生命の木とは悪魔たちの不死性をなくす罰の過程で偶然にできた産物である。 モルタはこの生…

カラスが伝える重要なメッセージ|世界中の神話が物語るカラスとは?

1.はじめに 漆黒の鳥、カラス。 田舎に限らず大都会でも生息する、とても身近な鳥ですよね。 みなさんは、カラスと言ったらどんな印象をお持ちでしょうか? 全身真っ黒でとても賢い。 いつも生ごみを食い散らかし人間に煙たがられ、 お世辞にもかわいい鳥とは言えない存在なのではないでしょうか? ま…

悦びと光満ちるお祝いの祭「三節祭」 元伊勢一四七 神話は今も生きている ことの葉綴り…

伊勢の神宮「三節祭」こんにちは。夕方とはいえまだまだ明るいですね。 皆さん、お元気でしょうか? 私は朝からのお仕事の一区切りで、「ことの葉綴り。」に向かいます。 今日も早速、倭姫命さまのお話に入ります! といいつつ、伊勢の神宮で、もっとも重要なお祭りってご存じでしょうか? 最近、六月…