大国主神の再登場 神様も“失敗”して成長した ことの葉綴り。百三四

天翔ける船

おはようございます。
神さまも“失敗”して成長した、神話の物語。
今日も、その続きに向かいます。
天照大御神さまの「地上の豊葦原の水穂國は、我が御子が治めるべき国」との言向けの使者として、
刀剣と雷神の神、建御雷之男神(たけみかづちのかみ)が
遣わされることになりました。
四度目の派遣、いったい、どうなるのでしょうか?

刀剣と雷神、建御雷之男神(たけみかづちのかみ)さまの
お供をさ

もっとみる
感謝です。感謝の”倍返し”をしたい幸香より
11

日本最古にして最高の古典『古事記』

こんにちは、Smile です。

・日本の古典を読んでみたいけど、なんだか難しそう。。。
・源氏物語?枕草子?日本の古典って何から読めば良いの???

この記事では、こんな悩みを持っている人のために、オススメの古典を紹介します。

それは『古事記』です。

『古事記』を一言で言い表せば、「八百万の神々によるコメディ」です。
神話だと、ゼウスの出てくる『ギリシャ神話』やオーディンの出てくる『北欧神話

もっとみる
記事を読んでくれてありがとうだぞ、と。
1

2020.7.11

オーディン(ルシファー?)に対抗したければ沈黙が効果的だと思う。それからテレビも本もネットもシャットアウト。オーディンは水星で魔法使い。魔法は言葉から生まれる。言葉(情報)が人を操る。言葉が人を分断する。

釈尊は7年間沈黙を続けて悟りを開いたらしい。7という数字にも意味がありそう。

言葉には罠がある。言葉は全体から一部を切り取り、他の部分を捨ててしまう。だから言葉だけで人を理解することはできな

もっとみる

刀剣神と雷神 天照大御神さまの言よさし⑧ 神様も“失敗”して成長した 百三三

勇壮な親子神

こんにちは。今日は半年ぶりの実家から「ことの葉綴り。」に向かいます。
神さまも“失敗”して成長したという日本の神話。
地上の豊葦原の水穂國に、「我が御子が治めるべき国」と、神を遣わせた天照大御神さま。けれど三度ともうまくいきませんでした。

どうすればいいのかしら? 
思案される天照大御神さまに、思金神と八百万の神さまは
天の安の河の河上の、天の石屋にいる
伊都之尾羽張神(いつのお

もっとみる
感謝です。感謝の”倍返し”をしたい幸香より
14

イザナギってどんな神様?国生みを行った男神

イザナギってどんな神様?国生みを行った男神
『古事記』『日本書紀』などで知られるイザナギは、妻・イザナミとともに国生みをし、数多の神を生みました。
○イザナギノミコト
イザナギノミコトとは、『古事記』では「伊邪那岐神」ほか、『日本書紀』では「伊弉諾神」と表記され、イザナキノミコトとも呼ばれます。「イザナギ」と省略することが多いですね。

妻のイザナミは妻であり、妹でもありました。イザナミとともに天

もっとみる

2020.7.10

尾獣を九匹集めるとイザナミが復活する??

一尾

二尾

三尾

四尾

五尾

六尾

七尾

八尾

九尾



五尾は外国に?1〜9まで全部あった。この近辺に何があるか後で調べてみよう。

もっとみる

神様は個性的!? 天照大御神さまの言よさし⑦ 神様も“失敗”して成長した 百三二

兄の名の詠む妹

こんにちは。今日も「ことの葉綴り。」に向かいます。
神さまも“失敗”して成長したという日本の神話。
高天原を治める天照大御神さまは、「地上の豊葦原の水穂國は、我が御子が治めるべき国」と、二柱の神を遣わせましたが、
地上を気に入り大国主神様に取り入られてしまいました。

自分が放った矢の還し矢で亡くなった天若日子(あめのわかひこ)
の葬儀の席に、天若日子にうり二つの弔問客が訪れます

もっとみる
素敵な一日をお過ごしください。また来てね。
14

自分の中の愛を思い出す

日本語は多重構造 

 
だから、
視点が上がっていくたびに
気づきが起こる
 
 
少しずつ少しずつ 
 
 
 
気づくまでずっと待っていてくれる
 
 
 
それって愛そのものだよね

 
 
だから、
自分の中の愛を思い出すんだよね
  

 
それが古事記の効果

2020.7.9

九尾、キュベレー、他にQは何があるかな。

十七条憲法の聖徳太子。聖徳太子は厩戸皇子。7(午)?馬のニュースの馬はQ(米軍)のこと?馬が脱走したり燃やされたり。

聖徳太子は蘇我氏。蘇といえば蘇民将来の須佐之男とか蘇妲己とか。あと蘇るといえばオシリス、ホルス。

古事記から紐解く日本の心

古事記を読むことによって、古くからの日本の精神を思い出すことができるかなと思い、解説書なども含めて読んでみている日々ではありますが、調べれば調べるほど、興味深い。

広がる枝葉が多すぎる。

というわけで、追求するのがとても楽しい。

大学生の頃は、文学部で学んだことはこの先に何の役に立つかわからない。資格が一番大事だという世の中だった気がする。物質主義の時代だったから、この勉強はやってもしょうが

もっとみる
メルシー!
1