祖母山登拝(宮崎県)

南に下れば豊玉姫を奉斎する高千穂神社がある。
ポピュラーなのは、山頂より東方。黒鉄山尾根筋を下って尾平登山口に至るコースなので高千穂には向かわない。

豊玉姫は神武天皇の祖母筋にあたる神。夫である火折尊こと彦火火出見尊、天孫瓊瓊杵尊の第二子である。

というより、山幸彦と言った方が通りが良い。兄である火須勢理命・海幸彦との諍いから海中に赴き、海神の娘である豊玉姫と結ばれて子を為す。出産にあたり豊玉

もっとみる
ありがたい!(合掌)

“知られていない神様”最後の天皇 神話は今も生きている ことの葉綴り。二四五

『欠史八代』の最後、第九代開化天皇

こんにちは。ハロウィンの土曜日。朝からお仕事だったので、日暮れときから「ことの葉綴り。」に向かいます。
今夜の牡牛座の満月も楽しみです。(写真は10月1日の満月)。一月に二度の満月!

さて、『欠史八代』といわれる、“知られていない”第二代~第九代の開化天皇(かいかてんのう)
漢字ばかりが続いていますが、宜しくお願いします。本当にありがとうございます。

第九

もっとみる
ありがとう。佳き一日でありますように! 幸香より
6

歌や舞、はじめに水の音ありき

長唄の先生が、youtube で「音楽で紐とく<にほん>」のシリーズをスタートされました。第2回は「古事記より神楽舞のお話し」です。

日本の神話はこれまであまり関心はなかったのですが、神社や観光地で日本の神様のお話しに触れると興味が湧いてきます。

高千穂。天岩戸神社から天安河原へと続く道のりは、清流の音とともに心が透き通るようです。

にほんの芸能の神様アメノウズメノミコト。太陽神アマテラスが

もっとみる
ありがとうございます!
2

14.ひめ神カード講座 アドバンス ~二択のひめ神 いちきしまひめの剣~

いちきしまひめの剣は、へその緒を切る剣を象徴している。
いちきしまひめの次のカードは、「あめのうずめ」

暗闇の中から、躍り出てきて、あまてらすを連れ出し、光をとりもどすひめ神だ。

〈大好きで、何もかも忘れて夢中になれることが、世界に光を与え、まわりを幸せにする〉

そんな自分を誕生させる、いちきしまひめの剣。

*************************

日本神話、日本の知恵を伝え、

もっとみる
今必要だから、今届く。何か途方もなく大きな世界が、開け放たれる。
3

古代の笹ゆりのご神事は今も 神話は今も生きている ことの葉綴り。二四四

“つながり”の発見を楽しむ

おはようございます。昨夜は雲の合間から十三夜のお月さまがみえました。明日が満月。そしてハロウィンですね。
さて、今日も「ことの葉綴り。」に向かいます。

『欠史八代』とは、第二代の綏靖天皇(すいぜいてんのう)から、今日ご紹介する第九代の開化天皇(かいかてんのう)までの天皇は、『古事記』『日本書紀』にも、系譜のみ記されている、“知られていない”天皇の時代です。
系譜のお

もっとみる
感謝です。感謝の”倍返し”をしたい幸香より
10

13.ひめ神カード講座ベーシック ~たまよりひめ~

タマヨリヒメは、12ひめ神の、10番目のひめ神だ。
10番目のひめ神は、1番から9番までのひめ神の魅力を一つに束ね、女性の成長の目標となる姿を教えてくれる。

タマヨリヒメのキーワードは、「男育て(人育て)と「母性」だ。

両親から愛されていた記憶の上書きができたのは、妊娠・出産を体験したからに、ほかならない。
どうしても必要なことだったから、体験できたのだと思う。

妊娠・出産にまつわるあれこれ

もっとみる
今必要だから、今届く。何か途方もなく大きな世界が、開け放たれる。
1

優れた審神者 武内宿禰 神話は今も生きている ことの葉綴り。二四三

五天皇に二四四年、お仕えした?

おはようございます。秋晴れの空が嬉しいですね。そして今日も「ことの葉綴り。」に向かいます。

『欠史八代』と呼ばれる“知られていない”天皇の系譜をご紹介している中で、皇位を継承されていない御子たちが有名人シリーズの続きです。(^^)

第八代の孝元天皇(こうげんてんのう)の御子、比古布都押之信命(ひこふつおしのまことのみこと)のお孫さんが、
建内宿禰(たけしうちの

もっとみる
あなたにも佳きことがありますように。
10

子孫が有名な審神者(さにわ)? 神話は今も生きている ことの葉綴り。二四二

子孫が有名人シリーズ?

おはようございます。曇り空の今朝も、「ことの葉綴り。」に向かいます。

『欠史八代』と呼ばれる“知られていない”第二代綏靖天皇(すいぜい)~第九代の開花天皇(かいかてんのう)の系譜をご紹介しています。
今日も、皇位を継承されていない御子たちが有名人シリーズ(^^)
「万葉集」の歌人として有名な柿本人麻呂は、第五代 考昭天皇(こうしょうてんのう)の長男、天押帯日子命(あめお

もっとみる
素敵な一日をお過ごしください。また来てね。
6

お・も・て・な・しの祖!? 神話は今も生きている ことの葉綴り。二四一

皇位をつながった御子たち

おはようございます。曇り空の朝、「ことの葉綴り。」のひとときです。

“知られていない”『欠史八代』と呼ばれる第二代綏靖天皇(すいぜい)~第九代の開花天皇(かいかてんのう)。
その系譜をご紹介しています。
皇位を継承されていない御子たちも、桃太郎伝説のモチーフになったりと、おもしろいです。

そして、第八代の孝元天皇(こうげんてんのう)から皇位を継承したのは、皇后の三番

もっとみる
いつもありがとうございます。佳き一日を!幸香
8

強い女シコメ!? 神話は今も生きている ことの葉綴り。二四〇

五人の御子、それぞれの使命

こんばんは。仕事を終えて、夕焼け小焼け♪の音楽が鳴り響いています。今日も青空が美しかったですね。
今から「ことの葉綴り。」に向かいます。

神話の物語。『欠史八代』の中の第七代、孝霊天皇(こうれいてんのう)。
その御子の一人、大吉備津日子命(おほきびつひこのみこと)が吉備の国を平定するおはなしが、童話「桃太郎」の「鬼退治」の物語の元型となったことをご紹介しました。

もっとみる
感謝です。感謝の”倍返し”をしたい幸香より
10